Amazonギフト券の基本情報・魅力を解説!使い方は?購入方法は?有効期限はある?

Amazonギフト券の使い方

Amazonギフト券というのは、たとえば何かのイベントの商品としてだったり、何かの景品としてだったりで名前があがるものです。

でも実際それがどういうものなのか、Amazonギフト券にはどんなものがあるのかなど、よく分からないという人もいるでしょう。
ここではそんな方のために、Amazonギフト券の有効期限や券種、購入方法などについて解説していきます。

Amazonギフト券って何?

Amazonギフト券とは?
Amazonギフト券とは、Amazonのサイトでのショッピングに利用することが出来るギフトカードの事を指します。

自身で利用することが出来るのはもちろんのこと、今やだれもが一度は利用したことがあるであろうAmazonで使えるギフト券なので、プレゼントとして最適です。

実物のギフト券としても存在する上に、簡単に届けることが出来る電子タイプのものも存在するので、プレゼントとして贈りやすいというのも一つの魅力です。

Amazonギフト券の有効期限はあるの?

Amazonギフト券の有効期限

Amazonギフト券には、券種を問わずに発行から「10年」という有効期限が設けられています。

すごく長めに設定されているのがうれしいポイントですが、2017年4月23日以前に発行されたギフト券の場合には、有効期限が異なってきます。
その場合の有効期限は以下の通り。

  • カードタイプ:発行より1年間
  • Eメールタイプ:発行より1年間
  • 法人向けタイプ:発行より2年間
  • シートタイプ:発行より3年間

もし発行から時間が経っている場合には、注意が必要です。
Amazonギフト券の買取サイトを利用する場合は、有効期限が切れていないことが条件です。

有効期限の切れたAmazonギフト券を復活する方法

2017年4月23日以前に発行されたAmazonギフト券の場合には、有期期限が切れてしまっているということもあるでしょう。
しかし実は、Amazonのカスタマーサービス(フリーダイヤル 0120-899-543)に連絡をしてお願いをすることで、その切れてしまった有効期限を延長してもらうことも可能なのです。

延長期間は1年間。

ただしあくまでもこれは緊急の対応になるので、何度もお願いすることはできません。
基本的には一度限りの方法であるということは覚えておく必要があります。

【プレゼント】Amazonギフト券のメリットは?

プレゼントのAmazonギフト券のメリット

先述の通り、Amazonギフト券はプレゼントとして贈られることも多いものになります。

プレゼントとして贈られることが多いということは、それだけプレゼントとして贈るメリットがあるという事です。
次はそんなプレゼントとしてのAmazonギフト券のメリットを紹介します。

メールで送信することが出来るので気軽に贈れる

各券種については後述しますが、Amazonギフト券には「メールタイプ」というEメールで送ることが出来るものがあります。

Eメールで送ることが出来るということは、住所を知らなくてもプレゼントを届けることが出来ますし、直接会いに行かなくても気持ちを贈ることが可能だということ。

メールアドレスさえわかれば誰にでも簡単にプレゼントすることが出来ます。
その気軽さや手軽さは、Amazonギフト券をプレゼントとして贈ることの大きなメリットといえます。

ギフト券としてもらっても困ることがない利便性の高さ

Amazonを使ったことがないという方は、もはや日本の中でも少数派になりつつあるといっても過言ではないでしょう。
誰でも一度くらいはAmazonを利用したことはあるはず。

あるいは、利用したことはなくとも、Amazonのサイトを見たことがある人は多いのではないでしょうか。
何でも売っていて、欲しいものを一つは見つけることが出来るAmazonというサイト。

そのサイトのギフト券なのだから、ギフトとしてもらっても使い道に困ることはまずありません。

最悪使わなくても買い取ってもらうことが出来る

Amazonギフト券には、Amazonギフト券を買い取ってもらえるサイトがあります。
そのため、万が一プレゼントとして贈ったギフト券を使わないのだとしても、サイトに買い取ってもらうことで、無駄にしないで済みます。
もちろん買い取ってもらうので、その買取代金ももらうことが可能。

使いやすい上に、使わなくても現金というさらに何にでも使えるものにも変えることが出来るというのは、プレゼントとしては非常に魅力的です。

【自分で使う】Amazonギフト券のメリットは?

自分用のAmazonギフト券のメリット
プレゼントとして贈ることに大きなメリットがあるAmazonギフト券ですが、自身で利用することにももちろんメリットがあります。

そのためプレゼントとして購入して贈るだけではなく、自身で購入して自身の為に利用するという人も一定数います。

クレジットカードがなくても気軽に支払いができる

Amazonで何かを買う際には、クレジットカードや電子マネーで支払うか、コンビニ支払いやネットバンキングでの支払いなど、様々な方法があります。
その中でも特に気軽なのは、やはりクレジットカードでしょう。

しかしクレジットカードの場合、持っていない・使っていないという人もいるもの。
Amazonギフト券を購入しておけば、その残高から支払いが出来るので、クレジットカードを持っていない・使っていなくともすごく気軽に支払いが可能です。

チャージタイプならポイントが貯まるからお得

Amazonギフト券には、チャージタイプという券種があります。
そのチャージタイプの場合、たとえば現金5,000円以上のチャージで0.5%あるいは1.0%と、現金でのチャージでポイントが貯まる様になっているのです。

現金派の場合、クレジットカードのポイントのように、お得にAmazonを利用するのは難しくあります。
でもAmazonギフト券のチャージを利用すれば、現金派の人であってもお得に利用することが可能なのです。

個人情報の面での安心感をもって支払いが出来る

クレジットカードでの支払いの場合、ネット上に情報を入力することに抵抗感がある人もいることでしょう。
実際に、その入力などが原因で情報が流出してしまうという可能性も0ではないはずです。

Amazonギフト券での支払いであれば、Amazonギフト券の情報以外に支払い情報の入力の必要がなくなります。

ということは、最悪その情報が流出したとしても、Amazonギフト券の額面やチャージ金額以上の損失はないということなのです。
その安心感もまた、一つの魅力といえます。

Amazonギフト券の種類は?どんな時に使えるの?

Amazonギフト券の種類は?
先に出てきましたが、Amazonギフト券には「チャージタイプ」や「メールタイプ」など、いくつかの種類があります。
ここではそんなAmazonギフト券の種類について紹介していきましょう。

デジタルタイプは3種類

まずは購入してすぐに利用できる、デジタルタイプのAmazonギフト券から。
デジタルタイプのAmazonギフト券には、「Eメールタイプ」「チャージタイプ」「印刷タイプ」という3つの種類が存在しています。

Eメールタイプ

Eメールタイプとは、読んで字のごとくEメールで送ることが出来るタイプのAmazonギフト券です。

Eメールで届いた情報にそって、受け取った方がAmazonアカウントへとギフトを登録することで、利用することが可能になります。
簡単に登録することが出来るので、あまりネットに強くない方でも大きな問題はないでしょう。

チャージタイプ

チャージタイプでは、100円から1円単位でチャージ金額を設定して、そのチャージ金額分をコンビニなどで支払います。

そうすることによって、自身のAmazonアカウントにチャージ金額分のギフト券残高が反映されるようになるのです。
先述の通り、現金でのチャージによってポイントが貯まるというお得さが、魅力です。

印刷タイプ

印刷タイプでは、PDF形式のギフト券リンクが届けられるので、それをダウンロードして印刷し、使用します。

配送タイプとは違い、印刷できるリンクがすぐに届くので、ギフト券が届くまでの待ち日数が生じることがありません。
それでいて実物として使用することが出来るので、プレゼントとしての見た目のインパクトもばっちりです。

配送タイプは5種類

配送タイプとは、現物のAmazonギフト券のことを指します。

他のAmazonでの買い物のように、購入した実物のAmazonギフト券が届けられるので、配送タイプということになります。
贈り物として実感があるというのが一つのポイントです。

商品券タイプ

配送タイプの中で最もオーソドックスなのが、この商品券タイプでしょう。

その名の通り、封筒の中に収められた、一般的な商品券のような見た目のシンプルなギフト券です。
届けられたギフト券の裏面にあるコードを、自身のAmazonアカウントに入力して使用します。

ボックスタイプ

ボックスタイプもそのネーミングの通り、ボックスに収められたAmazonギフト券になります。

ボックスに入っている分高級感や高品質感があるので、たとえば何かのイベントの商品として用意するということにも適しています。
用意されている箱のデザインも豊富なので、贈る人やイベントの内容などに雰囲気を合わせることも可能です。

封筒タイプ

封筒タイプは、デザイン性の豊かな封筒の中に収められたAmazonギフト券です。
洒落たデザインや可愛いデザイン、さらには縁起の良いものまで様々なデザインがあるので、こちらもイベントの商品などに適しているでしょう。

ミニサイズと通常サイズの二つのサイズ分の用意があり、ミニサイズは1,000円~50,000円の間で、通常サイズは3,000円~50,000円の間で金額指定が可能です。

グリーティングカードタイプ

見開きデザインの、ポップな雰囲気のAmazonギフト券です。

「HAPPY BIRTHDAY」や「ありがとう」など基本的なメッセージがデザインとして用意されているので、その時々に合わせたメッセージと組み合わせて、アAmazonギフト券を贈ることが出来ます。

メッセージ性のないAmazon色の強いデザインのものもあるので、メッセージを付けたくない人でも利用可能です。

マルチパック

マルチパックとは、10枚組のAmazonギフト券になります。

グリーティングカードタイプと、カードタイプの二つから選ぶことが可能。

1枚あたり500円~5,000円で金額を設定することが出来るようになっているので、イベントの小さな賞のための景品としても使い勝手が良いアイテムです。
ギフトラッピングも出来ます。

Amazonギフト券の購入方法は?

Amazonギフト券の購入の仕方についても紹介していきましょう。
Amazonギフト券を購入する方法は二つです。
一つはネットから購入する方法。
もう一つはコンビニで購入する方法です。
コンビニでも購入できるというのが一つのポイントとなっています。

コンビニで購入する

コンビニで購入できるAmazonギフト券は、「カードタイプ」「ボックスタイプ」「商品券タイプ」「シートタイプ」の4つです。
「シートタイプ」とは、コンビニのマルチメディア端末から操作をして、紙のシートにギフト券番号が印刷されるというタイプのAmazonギフト券になります。

4つの券種の中には1,500円から50,000円の間で、1円単位で金額を指定可能なものもあるので、コンビニからであっても希望通りの金額分のAmazonギフト券を購入することが可能です。

ネットで購入する

ネットで購入する際には、Amazonのサイトから購入を進めていきます。
検索窓から、「Amazonギフト券」と入力すると、様々なタイプのギフト券が表示されます。

あるいは検索窓の下タブから「ギフト券」を選択することでもスムーズに購入することが可能です。

様々な券種の中から用途に合わせてじっくりと選ぶことが出来るというのが、ネットで購入することの大きなメリットといえます。
Eメールタイプであれば15円から設定可能という自由度も、ネットで購入することの魅力の一つです。

Amazonギフト券の売買は違法?現金化って大丈夫?

先にも触れてきましたが、Amazonギフト券には、利用しないそれを買取してもらえるサイトが存在しています。

でもいざ買取を依頼する際に気になるのが、Amazonギフト券の現金化は違法ではないのかということでしょう。
結論から述べると、Amazonギフト券を買い取ってもらうということは、違法ではありません。

これまでにAmazonギフト券を買い取ってもらって逮捕された例がないということも、一つのエビデンスとして挙げられる点です。
ただ注意が必要なのは、それが本来の使い方ではないということ。
本来は買い取ってもらうものではなく、Amazonで利用するためのものだということは、頭に入れておいた方が良いでしょう。

まとめ

Amazonギフト券は、誰かにプレゼントとして贈ることにたくさんのメリットがある、非常に使い勝手の良いギフト券だと言えます。

それだけではなく、券種や支払い方法によっては自身でもお得にAmazonを利用できるようになるので、日常的に自分で使ってみるというのもおすすめできます。

Amazonをたくさん使う人やAmazonのヘビーユーザーが知り合いや友人いる人には、ピッタリのアイテムであることは間違いありません。

コメントを残す