Amazonでは代引きが使えないこともある!代引きができない商品や条件とは?

Amazonで代引きできない商品

通販サイトで商品を購入する際に、普段から支払い方法で代引きを選んでいる人は多いでしょう。

配達時に料金を支払うことができる代引きはメジャーな支払い手段ではありますが、実は大手通販サイトAmazonでは代引きで購入できない商品があるのです。
Amazonギフト券ランキング Amazonギフト券買取サイトを調査!口コミや換金率で比較したおすすめ優良店ランキング

Amazonで代引きできない商品とは?

Amazonで代引きできない商品とは?
オンラインで商品を購入する場合、幅広い品揃えやリーズナブルな料金が魅力のAmazonを利用するという人が非常に多いです。

Amazonの通販ではさまざな支払い方法が利用できますが、中にはよく使われている代引きに対応していない商品があります。

購入時に困ることがないよう、Amazonで代引き不可の商品を確認しておきましょう。

デジタルコンテンツ

kindle
代引きで購入できない商品としてまず挙げられるのはデジタルコンテンツです。

具体的には、

  • Kindle本
  • デジタルミュージック
  • アプリやアプリ内課金アイテム
  • プライムビデオ
  • ダウンロードするタイプのゲーム

などがあります。

これらの商品は形がないものであり、自宅に商品が配達されるようなことはありません。

代引きというのは、配達された商品を受け取るのと引き換えに配達員に料金を支払う方法なので、実物のやりとりが行われないデジタルコンテンツでは当然代引きを利用することはできません。

Amazonフレッシュ

Amazonフレッシュ
Amazonフレッシュというのは、Amazonが運営するいわばネットスーパーのようなものです。

野菜や冷凍食品、パンなどの食品を注文した当日または次の日に自宅に届けてもらうことができます。

Amazonフレッシュで購入される食品には鮮度を保つことができる期間が短い商品が多いです。

代引きで商品を購入したとしても、不在や行き違いにより受け取りが遅くなって返品された場合、再販することが不可能です。

そのためAmazonフレッシュでは商品の特性上、支払い方法はクレジットカードなどで先に決済することが条件となっているのです。

Amazonギフト券

Amazonギフト券
Amazonギフト券は需要が非常に多いギフト券です。

Amazonギフト券を購入する人は多いですが、ギフト券の種類によっては代引きができるものとできないものがあります。

代引きOK カードタイプ
代引き不可 Eメールタイプ・印刷タイプ

Amazonギフト券では、実物のあるカードタイプなら代引きで購入することがあります。

しかし、Eメールタイプと印刷タイプのAmazonギフト券はその種類の特性上代引きで購入することができず、クレジットカード決済で購入しなければなりません。

どうしても代引きを利用したい人は、カードタイプのAmazonギフト券を購入する必要があります。

Amazonギフト券の使い方 Amazonギフト券の基本情報・魅力を解説!使い方は?購入方法は?有効期限はある?

Amazonコイン

Amazonコイン
Amazonコインは、Amazonアプリストアのアプリやアプリ内の課金で利用できるバーチャル通貨です。

1コイン1円に相当し、AmazonのサイトやAndroid端末の Amazonアプリストアなどでお得に購入することができるので、利用者も増えています。

このAmazonコインについても、バーチャル通貨という特性上形のないものなので、当然代引きで購入することができません。

また、クーポンの使用も不可となっています。

AmazonコインはAmazonギフト券かクレジットカード決済での購入が可能です。

発売前に予約している商品

Amazonでは、発売前の商品を予約することができます。

ただし、発売前の一部の予約商品は代引きで購入することができません。

予約商品については購入のキャンセルを受け付けていないものも多いです。

代引きを選択した場合、なんらかの事情により配達されても商品の受け取りが行われず返送されてしまう可能性があるため、予約商品ではクレジットカードなどで先払いを行うことが基本となっています。

たとえ商品が発売前で届くまでに期間があくとしても、予約商品を購入する場合は基本的に先払いをしなければならないということを頭に入れておきましょう。

当日お急ぎ便を利用した商品

Amazonで注文した商品を当日など最短スピードで配達してもらえるサービスが当日お急ぎ便です。

これは通常配送とは異なり、有料オプションのため別途料金がかかります。

また、可能な商品や配達エリアは限られています。

この当日お急ぎ便のサービスを利用して商品を購入した場合も、代引きを利用することができません。

当日お急ぎ便には追加料金がかかっていますが、万が一不在などで後日受け取ることになった場合でも追加料金の返金は請求できないので注意して利用してください。

欲しいものリストから注文する商品

Amazonでは、他人の欲しいものリストを見て商品を注文しプレゼントすることができます。

当然ですが、プレゼントを目的として商品を購入するため、支払いは送り主である購入者が行う必要があります。

ここでもし仮に支払い方法を代引きにしてしまうと、プレゼントを受け取る側の人が料金を支払うことになるので意味がありません。

また、勝手に高額の商品を送りつけて料金を支払わせるような悪質な行為を行う業者が現れる可能性もあります。

このようなことから、他人の欲しいものリストから商品を購入する場合には支払い方法で代引きを使うことはできないのです。
Amazonギフト券のキャンペーン Amazonギフト券のお得なキャンペーンを紹介!

なぜAmazonで代引きできないの?

なぜAmazonで代引きできないの?
Amazonで代引きが利用できない場合には、購入する商品の種類が理由となるケースもありますが、それ以外にも代引きが使えない条件があります。

Amazonで商品を購入する際には以下の条件に当てはまることがないかをあらかじめ確認しておきましょう。

マーケットプレイスの商品はAmazon発送ではない

Amazonでは、Amazonが販売し発送する商品と、マーケットプレイスを利用して個人間で売買ややりとりが行われる商品があります。

このマーケットプレイスの商品は、出品者によっては代引きに対応してくれる場合もありますが、支払い方法で代引きを使えないように設定していることもあります。

マーケットプレイスでは個人間で取引が行われるため、代引きを利用して万が一購入者が受け取りをしなければ、商品が返送されてしまいトラブルにつながります。

このようなことから、Amazonので商品を購入する場合にはAmazonが発送する商品なのか、マーケットプレイスの商品なのかを最初に確認するようにしてください。

商品の小計が20万円以上になるとNG

Amazonでは、代引きで購入できる商品であっても購入時の小計が20万円以上の商品では代引きが不可となっています。

他の通販サイトでも、支払い金額が高額になる場合は一般的には代引きが利用できないと決められていることが多いです。

どうしても代引きで支払いをしたい場合には、一度にまとめて商品を購入せずに何度かに分けて注文すると良いでしょう。

安全性の面を考えても、高額の支払いになる場合はクレジットカードなどで支払いをすることをおすすめします。

代引き配達ができない地域

Amazonでは全国各地から商品を購入することができますが、一部の地域には代引き配達に対応していません。

以下の都道府県にある一部の離島には代引き配送ができないことがあるので、自分の住んでいる地域が当てはまらないかを確認してから利用してください。

北海道・宮城県・山形県・新潟県・東京都・石川県・福井県・愛知県・静岡県・山口県・高知県・徳島県・愛媛県・福岡県・宮崎県・長崎県・佐賀県・鹿児島県・沖縄県

上記のエリアに当てはまる地域の全てが代引き非対応であるわけではなく、基本的に離島が不可になっています。

詳しくはAmazonのサイトで確認してください。
Amazonアウトレット品を返品する方法 Amazonアウトレットにはメリットがたくさんある!返品の流れについても解説!

代引き決済できない。クレジットカードもない場合は?

代引き決済できない。クレジットカードもない場合は?
Amazonでは代引きを利用できない商品や条件がいろいろとあります。

しかし、クレジットカードを持っていない場合には代引きが使えないと購入手段がなく困ってしまう人もいるでしょう。

代引きもクレジットカードも使えない人がAmazonで商品を購入する方法を説明します。

Amazonギフト券はコンビニで簡単に買えるのでおすすめ

Amazonのサイトで販売されている商品は、Amazonギフト券を使って購入することが可能です。

Amazonギフト券はAmazonのサイトからも購入することができますが、最寄りのコンビニなどでいつでも手軽に購入することができます。

Amazonギフト券を利用するなら代引きのように手数料もかからないので、購入する手間さえ気にしなければ便利な支払い手段といえます。

クレジットカードを持っていない場合、購入したい商品で代引きが使えない時には近くにある店舗でAmazonギフト券を購入することをおすすめします。

コンビニで支払いコンビニで受け取る

Amazonのサイトで販売されている商品を購入する場合、コンビニ支払いを利用することも可能です。

また、受け取り場所をコンビニに指定することもできるので、コンビニ支払いを選択してコンビニ受け取りに設定すれば、代引きと同じ要領で購入・支払いをすることができます。

家の近くにコンビニがある人や、購入する商品のサイズが小さく通勤帰りに立ち寄ることができるコンビニがある場合は、コンビニ受け取りでコンビニ支払いを行うのがおすすめです。

Amazonの代引きができない商品まとめ

Amazonの代引きができない商品まとめ
代引きはオンラインショッピングでは便利な支払い手段で多くの購入者に利用されていますが、Amazonでは代引きが使えない商品や条件があることがわかっています。

大抵の商品では代引きが使えるからとよく調べずにいると、いざ購入するという時に代引きを選択することができずに慌ててしまうことがあります。

そのような場合はAmazonでの購入自体をあきらめてしまう人もいるかもしれませんが、この記事で紹介したような他の支払い方法を使って購入する方法も是非検討してみてください。

amazonギフト券を自分で換金する方法アイキャッチ画像 Amazonギフト券の現金化|自分で換金する?優良業者に頼む?