Amazonに不良品を返品する方法と注意点!返品できない商品も解説

Amazonの不良品を返品する方法

Amazonは信頼できる通販サイトですが稀に不良品を送ってくることもあります。

そんなときは速やかに返品処理をすませましょう。これから返品のやり方を手順を追いながら解説します。

要点だけ分かるように簡潔にまとめましたので参考にしてください。
Amazonギフト券ランキング Amazonギフト券買取サイトを調査!口コミや換金率で比較したおすすめ優良店ランキング

Amazonで購入した不良品なら箱なしでも返品OK

Amazonなら箱なしでも返品OK
Amazonは商品が不良品だった場合はほとんどのケースで返品ができます。

誤って注文した場合の返品は箱が必要ですが、不良品の場合は箱が無くても返品に応じてくれます。
購入したばかりの商品に損傷がある、期待される動作をしないなど明らかに問題がある場合は不良品ですから、気後れしないでAmazonに返品処理を申し込みましょう。

返品処理をする場合は可能な限り迅速に行いましょう。
返品に応じてくれる期間が設けられているため、それが過ぎると返品できなくなります。
未成年でもAmazonギフト券買取ができる方法 未成年でもAmazonギフト券買取を利用できる3つの方法

Amazonで購入した不良品を返品する手順

不良品を返品する手順

STEP.1
Amazonの公式サイトを開いてログインする
まずはAmazonの公式サイトをブラウザで開いてログインしてください。ログイン状態を維持している場合はAmazonのサイトに移動するだけで大丈夫です。
STEP.2
返品する商品を選択する
返品手続きを行うために注文履歴のページに移動します。画面上部などにある「注文履歴」を押してください。すると、最近Amazonにした注文が一覧表示されます。そのなかから返品する商品が含まれる注文を探して、右側にある「商品の返品」ボタンを押します。
STEP.3
返品理由を選択する
ここからは返品処理に必要な情報を入力します。まずは返品理由を選択してください。不良品の返品の場合は「商品に不具合または損傷がある」を選びます。
STEP.4
不具合の内容について記入する
不具合の内容について記入します。なるべく具体的に不具合の詳細を説明してください。書き終わったら画面内にある「次に進む」をクリックしましょう。
STEP.5
返品手続きのやり方を決める
次の画面では返金手続きのやり方を選びます。自分に都合がいい返金方法を選択しましょう。

以上で不良品の返金手続きは完了です。

マーケットプレイスで購入した不良品を返品する手順

STEP.1
Amaoznの公式サイトにログインする
通常の返品処理と同様に、まずAmazonのサイトにログインしましょう。
STEP.2
販売者のページに移動する
注文履歴ページに移動して、返品したい商品を含む注文を見つけたら販売者の名前をクリックします。すると販売者の詳細ページに移動します。ページが表示されたら「質問する」を選択します。
STEP.3
問い合わせ内容を設定する
問い合わせ内容を設定する画面が表示されるので各項目を適切に設定していきます。問い合わせ内容を「注文済みの商品」に、サポートを希望する商品に返品したい商品をそれぞれ選択してください。この手続きを済ませると希望するサポート内容を聞かれるので「その他」を選びましょう。
STEP.4
販売者への質問文を記入する
販売者へ送る質問文を記入するフォームが表示されます。返品をしたい旨と不具合の内容を記述して送信しましょう。

以上で返品の問い合わせは完了です。あとは販売者の対応を待ってください。

わからないことはカスタマーセンターに問い合わせてみましょう

不良品の返品に関して何か不明な点があればAmazonのカスタマーセンターに問い合わせるのが一番です。返品の仕方をネットで検索する方もいますが、情報が古いケースがあるのでオススメできません。

問い合わせはオンラインチャットと電話でできます。電話サポートは一時的に利用できなくなる場合がありますが、チャットは公式サイトのカスタマーサービスから24時間利用できます。すぐに対応してもらいたい場合はチャットサポートを選びましょう。
Amazon Photos(アマゾンフォト)の使い方 Amazonプライムフォトを使って自由に写真を共有する方法を徹底解説

不良品を返品出来ないケースがあります

不良品を返品出来ないケース
Amazonは基本的に返品を受け付ける方針をとっていますが、なかには返品できない品物もあります。

返品トラブルに遭わないために返品できないタイプの品物の種類と特徴を把握しておきましょう。

返品できるもの

Amazonが販売・発送している商品であればほとんどが返品可能です。ただしAmazonに不良品と認められず自己都合と判断された場合は返品できない物もあります。また、返品手続きは購入日から30日以内に済ませる必要があります。
kindleで利用する電子書籍の返品は購入した日から7日以内に申し出れば対応してもらえます。

返品できないもの

不具合の有無にかかわらず返品ができない商品は次のとおりです。

  • Amazonギフト券
  • チケット類、プリペイドカードやプリペイド式商品
  • ダウンロードするデジタル商品(ミュージック、ゲーム、PCソフト、Androidアプリ関連商品)
  • 金庫
  • 開封済みのソフトウェアパッケージ
  • 額装済みのファインアート

交換できないもの

商品によっては返品だけでなく交換にも応じられないものがあります。問題がある場合でも対処してもらえない品物は次のとおりです。

  • 並行輸入品
  • チケット類、プリペイドカードやプリペイド式商品
  • ダウンロードするデジタル商品(ミュージック、ゲーム、PCソフト、Androidアプリ関連商品)
  • 金庫
  • 帯が無い、または帯に損傷がある書籍
  • 額装済みのファインアート
  • 開封済みのピアス、ボディピアス

商品が届いたらすぐ確認しましょう

Amazonで購入した商品が届いたらすぐに中身を確認してください。Amazonは信頼性が高い通販サイトですが注文していない商品を送ってくることがあります。そういった場合は即座に返品処理しましょう。後回しにしていると返品期限を過ぎる危険性があります。
届いた商品に間違いが無く、正常に動作していても内容物が不足している可能性もあります。電化製品であれば必ず取扱説明書を読んで内容物がキチンと含まれているか確認しましょう。
Amazonで購入した商品は返品できる? Amazonで購入した商品は返品できる?開封済みの場合の注意点

Amazonの不良品を返品する際の注意点

Amazonの不良品を返品する際の注意点
ここでは不良品を返品手続きをする際に注意すべきポイントを解説します。
なかにはすでに取り上げたものもありますが、改めて確認してください。

いずれも知らないとトラブルの原因になります。

返送期限

返品する場合は指定の期限までに商品の発送を済ませてください。期限は返品手続きの際にAmazonから通知されます。忘れないようにスマホの通知アプリなどを利用してメモしておくといいでしょう。期限を過ぎた場合は不良品でも返品できません。

返送料

商品を返品する場合は条件によって返送料がかかります。正常に動作しない、誤った商品など品物に問題がある場合はAmazonに責任があるため着払いで返送可能です。しかし、マーケットプレイスで購入した衣類やシューズなどは元払いになります。

Amazonアウトレット品を返品する方法 Amazonアウトレットにはメリットがたくさんある!返品の流れについても解説!

Amazonの不良品を返品する方法まとめ

Amazonの不良品を返品する方法まとめ
Amazonで購入した商品に問題があった場合は不良品として返品ができます。返品依頼はAmazon公式の注文履歴から簡単に手続きが可能です。返品は商品を購入した日から30日後が期限になっています。それまでに手続きを済ませましょう。

なかには不良品でも返品できない品物があります。チャージタイプのAmazonギフト券やダウンロード商品などのデジタル商品は全般的に返品できないので注意してください。

返品トラブルに素早く対処するために商品が届いたら即座に内容物を確認しましょう。

amazonギフト券を自分で換金する方法アイキャッチ画像 Amazonギフト券の現金化|自分で換金する?優良業者に頼む?