アマゾンギフト券の使い方を徹底解説!プレゼントにもおすすめ

Amazonギフト券の使い方

アマゾンギフト券のことはよく見かけたり耳にしていても、使い方については知らないという人も意外といます。
この記事では、アマゾンギフト点の使い方や注意について詳しく説明しています。
Amazonギフト券ランキング Amazonギフト券買取おすすめランキング|バレるとまずいペナルティはある?|バレないように現金化する方法

アマゾンギフト券の使い方は大きく分けて2種類

アマゾンギフト券の使い方は大きく分けて2種類 アマゾンギフト券の使い方は、大きく分けると以下の2種類があります。

それぞれの使い方について詳しく専用します。

自分用に購入して使う

アマゾンギフト券は、自分用に使う目的で購入されることも多いです。

アマゾンギフト券の使い道には、アマゾンのサイトでのショッピングやアマゾンプライム会員の費用の支払いがあります。

なんらかの事情でクレジットカードを持っていない人・使えない人もアマゾンギフト券で支払いをすることができるので便利です。

逆に、アマゾンのサイトでクレジットカード支払いでアマゾンギフト券を購入し、買取サイトを利用して現金化する人もいます。

アマゾンギフト券は、さまざまな人のニーズに応えることのできるアイテムといえます。

プレゼント用に購入して使う

アマゾンギフト券はギフト券というだけあって、プレゼント用としてもよく使われます。

アマゾンギフト券はとても人気があり重要の多いギフト券なので、ちょっとした贈り物にも便利です。

プレゼントされた人が自分の好きなものを購入したりと自由に使うことができるので、何が欲しいかわからない相手にもプレゼントしやすいですし、多くの人に喜ばれやすいのがメリットです。

手渡しや郵送できるタイプのギフト券もあれば、オンラインで送ることができるタイプもあり選択肢が幅広いのも魅力です。

メルカリではAmazonギフト券の現金化はNG メルカリではAmazonギフト券の現金化はNG!その理由を徹底解説

アマゾンギフト券でプレゼントに向いているのはこの種類

アマゾンギフト券でプレゼントに向いているのはこの種類
アマゾンギフト券はプレゼントとしても大人気ですが、特にプレゼント用に向いているのは以下のタイプです。

デジタルタイプ(Eメールタイプ)

Amazonギフト券が普通の商品券と違う点は、デジタルタイプを選択できるということです。

デジタルタイプは紙の形のあるギフト券ではないので、邪魔にもならず紛失などの心配もありません。

デジタルタイプのアマゾンギフト券の中でも、特にプレゼントに向いているのは「Eメールタイプ」です。

ギフト券コードをメールで送信し、受け取った相手がアカウント登録すれば使うことができます。

好きな動画や画像をつけられるので、プレゼントの雰囲気も十分に演出できます。

配送タイプ

形のないギフト券も手軽に送れて便利だけど、やっぱり形に残るタイプのアマゾンギフト券を送りたい、という人には配送できるタイプがおすすめです。

配送タイプには以下のような形状のギフト券があります。

・商品券タイプ

一般的な商品券のような見た目です。

比較的フォーマルなプレゼントにも向いています。

・ボックスタイプ

おしゃれな箱や缶などにギフト券が入ったタイプです。

プレゼント感を出したい時に向いています。

・グリーティングカードタイプ

デザインが豊富で、メッセージを添えることができます。

かさばらないタイプでありながら、心のこもったプレゼントして喜ばれます。

・封筒タイプ

封筒に入ったタイプのギフト券で、デザインが豊富です。

リボンのデザインや、子供が好きな動物のデザインなどがあります。

・カタログ型ギフト

実際には通常のギフト券が入っているのですが、カタログギフトのような見た目になっているタイプで特別感があります。

・マルチパック

10枚1組のアマゾンギフト券です。

必要な時に必要な枚数だけ使うことができます。

Amazonギフト券はプレゼントできる? Amazonギフト券はプレゼントできる?プレゼントの送り方を徹底解説

アマゾンギフトの使い方

アマゾンギフトの使い方
アマゾンギフト券は以下の流れで使用します。

  1. アマゾンギフト券を購入する
  2. ギフト券コードを登録する
  3. アマゾンのサイトでの支払い時に使う

それぞれの流れを詳しく説明します。

アマゾンギフト券を購入する

まずは希望する金額のアマゾンギフト券を購入します。

購入場所は、アマゾンの公式サイトからオンラインで購入するか、コンビニ・スーパー・ドラッグストア・家電量販店などの実店舗があります。

店舗で購入できるアマゾンギフト券は以下のタイプです。

  • カードタイプ
  • ボックスタイプ(一部コンビニ・スーパー・TSUTAYA・ドンキホーテ・GEOなど)
  • 商品券タイプ(一部コンビニのみ)
  • シートタイプ(一部コンビニのみ)

ギフト券コードを登録する

購入したアマゾンギフト券に記載されているコード番号をアマゾンのアカウントに登録します。

すぐに残高に反映され、支払いなどに使用することができます。

プレゼントの場合も、受け取った人がギフト券コードを自分のアカウントに登録すればすぐに使えるようになります。

ただし、アカウントに登録してからは他の人にそのアマゾンギフト券を譲渡することができません。

自分の持っているアマゾンギフト券を他の人に譲る予定のある人は、アカウント登録をしないようにしてください。

アマゾンのサイトでの支払い時に使う

ギフト券コードをアカウント登録したら、アマゾンのサイトでの支払いに使用することができます。

ギフト券コードを登録すると、支払いページで自動的にギフト券残高での支払いに設定されているので、そのまま手続きを進めます。

支払い金額に対してギフト券残高が足りない場合は、他の支払い方法を併用するか、新たにギフト券を追加する必要があります。

もしアマゾンギフト券で支払いをした注文をキャンセルした場合は、少しするとまた残高が戻った状態になります。

Amazonギフト券の使用期限は? 意外と知らないAmazonギフト券の期限を徹底解説!

アマゾンギフト券の使い方で気をつけること

アマゾンギフト券の使い方で気をつけること
アマゾンギフト券を使う際には、以下のことに気をつける必要があります。

ギフト券には有効期限がある

現在販売されているアマゾンギフト券には有効期限があり、購入から10年間となっています。

チャージした時期は関係なく、購入した時点から10年間なので注意が必要です。

10年もあればまず使い切ることができるはずですが、永久に使えるわけではないということは頭に入れておきましょう。

ギフト券コードをアカウント登録すると他人に譲渡できない

アマゾンギフト券は、ギフト券コードをアカウントに登録することで使用できます。

ただ、アカウント登録したギフト券は、たとえまだ1円も使っていないとしても、使用済みのギフト券となり他人に譲渡することができません。

誰かに譲ったり、買取サイトで現金化することはできなくなるので注意しましょう。

不正に入手したアマゾンギフト券は使用できない

アマゾンギフト券はコンビニやスーパーなど実店舗で購入できますが、レジを通す際に有効化されることで初めて使用可能となります。

万引きでギフト券を入手することは当然犯罪ですし、結局ギフト券は使用できません。

また、信用できない人からアマゾンギフト券を売ってもらうことも避けた方が良いでしょう。

amazonギフト券を自分で換金する方法アイキャッチ画像 Amazonギフト券の現金化|自分で換金する?優良業者に頼む?

アマゾンギフト券は自分用にもプレゼント用にも使える!

アマゾンギフト券は自分用にもプレゼント用にも使える!
アマゾンギフト券は、アマゾンでの支払いに手軽に使用できることから自分用にもプレゼント用にも大人気となっています。

ギフト券のタイプや形状もさまざまで、状況に応じて幅広い選択肢があるのも魅力的です。

ただ、アマゾンギフト券には有効期限があったりアカウント登録後には他人に譲渡できないなどの注意点もあるので、頭に入れた上で購入し使用することが大切です。

アマゾンギフト券の使い方をマスターすれば、より便利で充実した生活を実現できるはずです。