間違ってiTunesカードを購入しても返金出来ない?その理由を徹底解説

iTunesカードは返金不可

iTunesカードをお持ちの方の中には、間違えて購入してしまったなどの理由から返金をしてもらいたいと思っている人もいます。
ですが実はiTunesカードは一度購入してしまうと返金をしてもらうことができません。
今回はiTunesカードの返金ができない理由と、間違えて購入してしまった時の対処法を紹介していきます。
itunesカード買取ランキング
iTunesカード買取!おすすめの優良サイトを換金率でランキング!2022年最新

iTunesカードは基本的に返金してもらえない

iTunesカードは基本的に返金してもらえない
iTunesカードは一度購入してしまうと、アカウントに登録していない未使用のものであっても次のような理由から返金してもらうことはできません。

そのため理由や購入方法に関係なく返金はできないので覚えておきましょう。

iTunesカードは使用済みか未使用かの見極めが難しい

iTunesカードは一度でも記載されているコードをアカウントに登録してしまうと、元の状態に戻すことができないため価値がなくなります。ですがカードが使用済みか未使用の状態化はカードを見ただけでは確認することができず、コードをアカウントに入力しなければ判断することができません。
コードが削っていなければ未使用品だとイメージする人もいるでしょうが、近年ではスクラッチ部分を削らずにコードを確認する悪質な行為も報告されています。

またコンビニなどで購入できるiTunesカードは、レジを通してからでなければ使用することができません。
そのためコンビニなどの店頭から盗んできたカードである可能性もあります。

これらの理由からiTunesカードが未使用品であるかや正規の手続きで購入されたものかの判断が難しいため、返金には応じていないのです。

Appleの公式が現金との交換を禁止している

実はAppleの公式はiTunesカードを現金と交換する行為を利用規約の中で禁止しています。Appleの利用規約を見てみると、「電子ソフトウェアのダウンロード、Software-Up-To-Dateプログラムのサブスクリプション、Apple Storeギフトカード、App Store & iTunesギフトカード、Apple Developer Connection製品は、返品の対象になりません。」と記載されています。

そのため販売店がiTunesカードの返金に対応してしまうと、この利用規約に違反することになってしまいます。
そのためどの店舗であってもiTunesカードの返金はしてもらうことができないのです。

Apple Storeでなら返金してもらえるって噂は本当なの?

iTunesカードの返金についてネットで調べてみると、「Apple Storeで特定の条件を満たせば返金してもらえる」との情報が見つかることがあります。

ですが実はApple Storeであっても一度購入したiTunesカードを返金してもらうことはできません。
ですが特定の条件を満たすことでカードを交換してもらうことは可能です。
カードを交換してもらえる条件は次の通りです。

  1. Apple Storeの公式サイトでiTunesカードを購入した
  2. 購入後14日以内である
  3. カードの不具合など自己都合でないことが原因である

このように購入したけれども不具合によって使用できないiTunesカードを使用できるものに交換してもらえるというだけです。

このことを返金してもらえると勘違いしてしまう人もいるので注意してください。
ゲオではiTunesカードの買取を行っていない?
iTunesカード買取はゲオではできない?その理由やおすすめの方法とは

iTunesカードを間違えて購入してしまったらどうすればいいの?

iTunesカードを間違えて購入してしまったらどうすればいいの?

iTunesカードを間違えて購入してしまっても返金をしてもらうことはできません。そのため間違えて購入してしまった場合、次の選択肢をとる人がほとんどです。

それぞれメリットやデメリットが異なるので、自分に合った方法を選びましょう。

何かしらの方法で現金化をすればお金に換えられる

iTunesカードは購入店などで返金をしてもらうことはできませんが、実はiTunesカードを買い取っているサイトなどは存在しています。
そのため何らかの方法でiTunesカードを買い取ってもらうことは可能です。

iTunesカードを買い取ってもらえれば現金に換えることができるので自由に使えるようになります。
ですが現金化の方法によっては手数料がかかってしまうため、購入金額よりも受取金額が少なくなってしまうことがあります。

Apple製品を持っている人は自分で使用することも

iTunesカードはアカウントに登録することでアプリに課金をしたり、音楽や映画、電子書籍などを購入することができます。そのためiPhoneなどのApple製品を持っているという人は、間違って購入してしまったiTunesカードをそのまま使用するという人もいます。
普段は課金をしてまで欲しいわけではないけれども、せっかくiTunesカードがあるならと普段は購入しないようなアプリなどを買うという人も少なくありません。
ですがApple製品でしかiTunesカードは使えないため、iPhoneなどを持っていないという人はこの方法を選べないというデメリットもあります。

いつか使うかもしれないから保管するという人も

iTunesカードを間違えて購入してしまった人の中には、iTunesカードをいつか必要になる時までそのまま保管しておくという人も少なくありません。
iTunesカードはAmazonギフト券などのように使用期限は設けられていないため、購入したものは何年後であっても使うことができます。そのため必要な時までそのまま保管しておくことができます。

ですが中には保管していること自体を忘れてしまったり、保管場所を忘れてしまうという人もいるので注意してください。
iTunesカードがブックオフで買取できない理由とは?
iTunesカードがブックオフで買取できない理由とは?現金化できる方法はこれ!

iTunesカードを現金に換えたいならばこの方法を利用しよう!

iTunesカードを現金に換えたいならばこの方法を利用しよう!
iTunesカードは返金はしてもらえませんが、買取サイトなどを利用して現金化をすることは可能です。
買取サイト以外にもオークションサイトを利用したり知人に買い取ってもらうことも可能です。
メリットなどが異なるので自分に合った方法を選びましょう。

一番おすすめなのは電子ギフト券買取サイト

iTunesカードを買い取ってもらうことで現金化する場合、最も多くの人が利用しているのが買取サイトです。
買取サイトはネットからすべての手続きを行うことができるため来店の必要がなく、iTunesカードと運転免許証、銀行口座があれば誰でも利用できます。
中には90%以上という高い買取率で買い取ってもらえるサイトもあるため高額な買取にも期待できます。
また24時間営業で即日買取・振り込みが可能なサイトも多いのでいつでも好きな時に利用できることもメリットです。

ですが買取サイト側が利益を出すために手数料を取られてしまうため、購入金額よりも受取金額が少なくなってしまうので覚えておきましょう。
また買取サイトの中には悪質サイトと呼ばれるようなサイトもあります。悪質サイトを利用するとiTunesカードを奪われてしまったり、個人情報を悪用されたりする可能性もあるためサイト選びに気を使う必要もあります。

なお店頭で買い取ってもらいたいという人もいるでしょうが、買取が可能な店舗は非常に少なく営業時間も限られているため買取サイトを利用するのがおすすめです。

知り合いに直接買い取ってもらえれば現金化は可能

もし身近にiTunesカードを普段から使用しているという人がいるならば、その人に直接買い取ってもらうことで現金化することも可能です。
知り合いに買い取ってもらうことができれば業者などを間に挟まないため、買取サイトよりも高額な買取に期待できます。相手によっては手数料を取られずに額面通りの金額で買い取ってもらえることもあります。

ですが知り合いなどにiTunesカードを必要としている人がいなければこの方法を選択できないのはデメリットでしょう。

オークションサイトに出品するという人も

iTunesカードを現金化する際には、ヤフオクなどのオークションサイトに出品するという人も多いです。
オークションサイトは自分で自由に金額を決めることができるため、高額な現金化に期待できます。うまくいけば他の方法よりも好条件で買い取ってもらえる可能性もあります。
ですが買い手がつかなければ現金化をすることができず、また現金を受け取るまでに時間がかかってしまうため急いでいる人にはあまり向いていません。
iTunesカード買取のレートは?
iTunesカードの買取レートはどのくらい?おすすめ買取サイトも紹介!

iTunesカードを間違って購入しないためには何に気を付ければいいの?

iTunesカードを間違って購入しないためには何に気を付ければいいの?
iTunesカードの返品を希望する人は、間違えて購入してしまったというケースが多いです。
そのような場合でも返品をすることはできないので、iTunesカードを購入するときには次の点に気を付けましょう。

金額が間違えていないかを確認する

iTunesカードを間違えて購入してしまうときには、必要な金額よりも多い額面のiTunesカードを購入してしまうことが多いです。
特に普段はiTunesカードを使用していないという人は、残高が残ってしまっても使い道がないためもっと少ない金額を購入しようとして返金を希望しています。

購入時にiTunesカードの額面を必ず確認することでこの間違いは簡単に避けることができます。またコンビニなどで購入できるバリアブルカードは1,500円~50,000円の間で1円単位で購入金額を決めることができるため、そちらを利用するのもおすすめです。

自分が必要な電子ギフト券が本当にiTunesカードなのかを確認する

iTunesカードを間違って購入してしまう人には、別の電子ギフト券が必要だったのにiTunesカードを購入してしまったという人もいます。
iTunesカードはApple製品でしか使えないため、それ以外の用途で購入することはありません。そのため自分が必要なギフト券がiTunesカードなのかを必ず確認するようにしましょう。

また電子ギフト券に慣れていない人はどれが必要なギフト券なのかがわからずにiTunesカードを手に取ってしまう人もいます。不安な場合は店員などに確認するようにしましょう。
大黒屋はiTunesカード買取は不可
iTunesカードが大黒屋で買取不可である理由とは?

iTunesカードの返品はできない!間違って購入しないように気を付けよう

iTunesカードの返品はできない!
今回紹介してきたようにiTunesカードは一度購入してしまうと、Appleの利用規約で禁止されていることや未使用品かが見極めにくいことから返金してもらうことはできません。
買取サイトなどを利用して現金化をすることはできますが、自分で使用したり保管しておくという人もいます。
ですが一番いいのは間違えてiTunesカードを購入しないことです。
ちょっと注意をするだけで間違えてiTunesカードを購入することは避けられるので、購入前には必ず確認するようにしましょう。