QUICPay(クイックペイ)なら簡単に後払いができる!メリットから利用方法、気になる疑問まで徹底解剖

QUICPay(クイックペイ)なら簡単に後払いができる!メリットから利用方法、気になる疑問まで徹底解剖

※PR

QUICPay(クイックペイ)はスマホをかざすだけで支払いができる電子マネーです。

事前にチャージなどをする必要もなく、クレジットカードを登録するだけで簡単に支払いをすることが可能です。

呉現ミナ

今回はそんなQUICPay(クイックペイ)について、

  • 利用するメリット
  • 使い方
  • 支払いをするときの注意点

など利用前に知っておくべき情報を紹介していきます。

後払い現金化best3

バンクレジット
バンクレジット
最短10分振込
無料見積り

即日アリアちゃん
後払い現金化即日アリアちゃん公式
最短10分振込
無料見積り

ペイチェン
ペイチェン
最短10分振込
無料見積り

QUICPay(クイックペイ)ってどんなサービスなの?基本情報・仕組みについて

QUICPay(クイックペイ)ってどんなサービスなの?基本情報・仕組みについて
QUICPay(クイックペイ)はスマホをかざすだけで支払いができる電子決済サービス(後払いアプリ)です。

スマホのアプリとカードタイプの2種類があり、どちらもリーダーにかざすだけで支払いを行うことが可能です。

一般的な決済サービスの場合事前にチャージをする必要がありますが、QUICPay(クイックペイ)であれば登録してあるクレジットカードから自動的に支払いが行われるためチャージなどを行う必要がなく気軽に利用できるのが特徴です。

QUICPay(クイックペイ)とQUICPay(クイックペイ)+の違いは?

QUICPay(クイックペイ)には通常のQUICPay(クイックペイ)とQUICPay(クイックペイ)+という2種類のサービスがあります。

この2つのサービスは

  • 1回に支払いができる金額
  • 登録できるカード

に違いがあります。

QUICPay(クイックペイ)は1回につき2万円までしか使用できず、登録できるのもクレジットカードのみです。

対してQUICPay(クイックペイ)+の場合は1回あたりの利用金額に上限はなく、またクレジットカードに加えてデビットカードやプリペイドカードも登録することが可能です。

QUICPay(クイックペイ)が使えるお店はどこ?

QUICPay(クイックペイ)はQUICPay(クイックペイ)マークがついている全国205万ヵ所以上の加盟店で使うことができます。

その一例は以下の通りです。

  • コンビニエンスストア
  • 出光興産
  • ENEOS
  • イオングループ
  • イトーヨーカドー
  • ウエルシア薬局
  • スギ薬局
  • 東京ディズニーランド
  • TSUTAYA
  • マクドナルド
  • ガスト

このようにさまざまなジャンルのお店で使えるため、支払いの手間を省きたいという人にはピッタリなサービスです。

なおQUICPay(クイックペイ)+に関してはQUICPay(クイックペイ)+マークがついているお店でのみ使えます。
そのためQUICPay(クイックペイ)対応店でもQUICPay(クイックペイ)+は利用できない可能性があるので注意してください。

QUICPay(クイックペイ)はiPhoneでもアンドロイドでも使えるの?

QUICPay(クイックペイ)はスマホにアプリをインストールすることでスマホをかざすだけで支払いができるようになります。

アプリはiPhoneとアンドロイドの両方で配信されているため、お使いのスマホに合わせてアプリをインストールすれば使うことができますよ。


即金アプリならすぐに現金を調達できる!現金化の仕組みからメリットまで徹底解説

即金アプリなら今すぐ現金が調達できる!現金化の仕組みからメリットまで徹底解説

QUICPay(クイックペイ)とクレジットカードはどんなところが違うの?

キャッシュレスでの支払い方法としてQUICPay(クイックペイ)以外にクレジットカードをイメージするという人も多いのではないでしょうか。

これらはどちらも現金を使わずに支払いができる方法ですが、いくつかの違いがあります。

支払い方法が違う

クレジットカードはご存知の通り店頭でカードリーダーに通したり、ネット上でカード番号などを入力することで支払いをすることができます。

対してQUICPay(クイックペイ)の場合はQUICPay(クイックペイ)単体では支払いをすることができません。
QUICPay(クイックペイ)はクレジットカードなどを登録して支払いをすることを前提としているため、QUICPay(クイックペイ)に対応しているクレジットカードなどをお持ちでない方は利用できないのです。

すべてのクレジットカードがQUICPay(クイックペイ)に対応しているわけではないので注意してください。

支払限度額が違う

クレジットカードは限度額及び支払い残高の範囲内であればいくらまででも支払いを行えます。

対してQUICPay(クイックペイ)の場合は1回あたり2万円までしか利用できません。
(QUICPay(クイックペイ)+の場合は無制限)
そのため高額な支払いを行いたい場合にはクレジットカードを利用した方がいいでしょう。

QUICPay(クイックペイ)はスマホさえあれば支払いができる

QUICPay(クイックペイ)はスマホアプリやカードをリーダーにかざすだけで支払いができます。
そのため事前にクレジットカードを登録してあるQUICPay(クイックペイ)がインストールされていれば、スマホさえ持っていれば支払いができます。

クレジットカードのようにカード本体を持ち歩く必要もないためカードを落としてしまうようなリスクもなく、より安全に支払いを行えます。


LINE完結で後払い現金化

LINE完結で後払い現金化!24時間営業で早くて安全な業者を5chの口コミで調査

QUICPay(クイックペイ)で支払いをする3つのメリット

QUICPay(クイックペイ)で支払いをした場合、次のようなメリットがあります。

  • 支払いを簡単にできる
  • 対応しているカードが多い
  • 安全性が高い

スマホをかざすだけで簡単に支払いができる

QUICPay(クイックペイ)を利用する一番のメリットは支払いが簡単にできる点です。

QUICPay(クイックペイ)ならスマホやカードをリーダーにかざすだけで支払いが完了します。
現金を取り出したりカードの暗証番号を入力する必要もないため、一瞬で支払いを終わらせることができますよ。

対応しているクレジットカードが多い

QUICPay(クイックペイ)を利用するにはクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードを登録しなければいけませんが、対応しているカードが非常に多いためクレジットカードをお持ちの方であれば利用できる可能性も高いです。

なおiPhoneとアンドロイドとでは利用できるクレジットカードが違うのでその点だけは注意してください。

安全性が高い

QUICPay(クイックペイ)は安全性も魅力の一つです。

QUICPay(クイックペイ)で支払いを行う場合、クレジットカードのように暗証番号を入力する必要がないため情報を盗まれるような心配がありません。

また生体認証に対応したスマホをお使いの場合、支払い時に顔認証や指紋認証を必須化することもできます。

そのため安全に支払いをすることが可能ですよ。

中古iPhone買うならどこ?激安でおすすめの認定中古品を扱っているサイト

中古iPhone買うならどこ?激安でおすすめの認定中古品を扱っているサイト

QUICPay(クイックペイ)を利用してみよう!登録から利用までの流れ

QUICPay(クイックペイ)を利用してみよう!登録から利用までの流れ
QUICPay(クイックペイ)は次のような手順で使用できます。

特別難しい手順はないのでぜひ利用してみてください。

STEP.1
QUICPay(クイックペイ)の設定を行う
まずはお使いのスマホにウォレットアプリをダウンロードして開きます。

その後「+」マークをタップするとカード情報の登録画面が開くので、QUICPay(クイックペイ)に対応したクレジットカード(デビットカード、プリペイドカード)を登録します。

画面の指示に従いながら規約に同意するとカードの登録が行われ、QUICPay(クイックペイ)の設定は完了です。

STEP.2
QUICPay(クイックペイ)対応店で支払いを行う
QUICPay(クイックペイ)の設定が終わったらいよいよ買い物をしましょう。

QUICPay(クイックペイ)対応店で購入したい商品を持ってレジに行き、支払いを行う際に「QUICPay(クイックペイ)で」と伝えてください。

その後、リーダーにQUICPay(クイックペイ)の設定をしたスマホをかざし、リーダーの青色点滅から青(緑)色点灯に変わって「クイックペイ」という音が鳴れば支払いが完了します。

なお顔認証や指紋認証を設定している場合はスマホをかざす前に認証を済ませておく必要があります。

QUICPay(クイックペイ)を利用する際の注意点

QUICPay(クイックペイ)を利用する際の注意点
QUICPay(クイックペイ)は便利なサービスですが、利用時には次のような注意点もあります。

  • クレジットカードが必要
  • 実店舗でしか使えない
  • 使い過ぎのリスクがある

クレジットカードなどがないと利用できない

QUICPay(クイックペイ)はクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードを登録することで利用できるサービスです。

そのためクレジットカードなどをお持ちでない方はそもそも利用できないので注意してください。

実店舗でしか使えない

QUICPay(クイックペイ)はリーダーにスマホやカードをかざすことで利用できるサービスです。

そのため実店舗でしか使えず、ネットショップなどのオンライン上のサービスの支払いには使えません。

オンライン上のサービスを利用する場合は直接クレジットカードを登録しましょう。

使い過ぎのリスクもある

QUICPay(クイックペイ)はクレジットカードやデビットカードを登録した場合に使い過ぎてしまう恐れがあります。

1回あたりの支払限度額は2万円と低いものの、1ヶ月間に使える金額はクレジットカードの上限額及びデビットカードの利用可能額になります。
気軽に支払いができるからと頻繁に使っていると請求額が高額になる可能性もあるので注意しましょう。

まとめ:QUICPay(クイックペイ)ならスマートに支払いができる!

まとめ:QUICPay(クイックペイ)ならスマートに支払いができる!
今回紹介してきたようにQUICPay(クイックペイ)ならスマホをかざすだけでスマートに支払いを行うことが可能です。

現金払いのようにわざわざ買い物のたびに財布を出す必要もなく、また事前のチャージなども必要ないため気軽に買い物をすることができるでしょう。

クレジットカードなどの登録が必要なためカードを持っていない人は利用できませんが、対応しているお店も多いので便利な決済方法であることに間違いはありません。

支払いの手間を省きたいという方はぜひQUICPay(クイックペイ)を利用してみてください。