電子マネーの残高は現金化できるって本当?方法やメリット・デメリット

電子マネーの残高は現金化できるって本当?方法やメリット・デメリット

※PR

日常の買い物の際の支払いや電車やバスなどの搭乗時、ネットショップなどで利用できる支払い方法である電子マネー。

財布を持たずにカード一枚やスマホだけで支払いができることから利用している人も多いです。

そんな電子マネーを使っている人の中には、残高を現金に換えたいという人も少なくありません。

そこで今回は電子マネーの現金化について、現金化の方法やメリット・デメリットなどの情報を紹介していきます。

後払い現金化best3

バンクレジット
バンクレジット
最短10分振込
無料見積り

即日アリアちゃん
後払い現金化即日アリアちゃん公式
最短10分振込
無料見積り

ペイチェン
ペイチェン
最短10分振込
無料見積り

結論:電子マネーは現金化できます!

結論:電子マネーは現金化できます!
結論から言ってしまうと、電子マネーはクレジットカードなどのように現金化に使うこともできます。

そのためもし電子マネーを使わなくなった場合や急にお金が必要になったときに現金に換えることもできるのです。

ただし電子マネーの現金化はクレジットカードのように現金化業者を利用すれば簡単にできるというわけではありません。

現金化には少しテクニックが必要で、またどの電子マネーをお使いかによって現金化の方法も変わってきます。

そのため電子マネーを現金化するには現金化に関する知識が必要になってきます。


即金アプリならすぐに現金を調達できる!現金化の仕組みからメリットまで徹底解説

即金アプリなら今すぐ現金が調達できる!現金化の仕組みからメリットまで徹底解説

電子マネーを現金化してみよう!現金化の方法6選

電子マネーを現金化してみよう!現金化の方法6選
電子マネーは次の6つの方法で現金化することが可能です。

  • 換金性の高い商品を購入して買い取ってもらう
  • 銀行口座への払い戻し
  • セブン銀行ATMから出金する
  • コンビニで電子ギフト券を購入する
  • プリペイドカードと紐づけする
  • 電子マネーを解約して返金してもらう

なおお持ちの電子マネーによってどの方法が利用できるかは異なるので注意してください。

電子マネーで購入したものを買い取ってもらう

電子マネーの現金化の方法として最も簡単なのが、電子マネーの残高で換金性の高い商品を購入し、それを買取ショップなどで買い取ってもらうことです。

電子マネーは交通系・商業系どちらであっても家電量販店やスーパーなど様々なお店での支払いに利用できます。

そのためさまざまな商品を購入するのに使えるので、それを活用して現金化をするのです。

買い取りをしてもらうお店も買取ショップはもちろん、近くにない場合はネット上で郵送買取などを行っている業者もあるため全国どこにいても現金化ができますよ。

買取による電子マネー現金化のメリット

電子マネーで買ったものを買い取ってもらって現金化をする場合のメリットは次のとおりです。

  • どの電子マネーでも利用できる
  • 安く購入できれば換金率がアップ

どの電子マネーであっても基本的に家電量販店などでの支払いに利用できます。
そのためお持ちの電子マネーの種類に関係なくこの方法であれば現金化をすることが可能です。

また同じ商品であれば購入金額に関係なく買取金額は変わらないため、安く換金性の高い商品を購入できれば、その分換金率をアップさせることもできますよ。

買取による電子マネー現金化のデメリット

購入したものを買い取ってもらって電子マネーを現金化する場合のデメリットは次のとおりです。

  • 買取価格など最低限の知識が必要
  • 買取ショップに持ち込む手間がかかる

この方法で現金化をする場合、換金率を高めるためにはできるだけ買取価格が高い物を買わなければいけません。
そのためには買取価格や需要などの知識が必要となり、慣れていない人は損をしてしまう可能性もあります。

また買取ショップに持ち込んだり、業者に郵送する手間もかかります。

銀行口座へ残高を払い戻してもらう

電子マネーによっては手続きをすることで残高を銀行口座に払い戻してもらえることもあります。

払い戻し手続きはスマホアプリなどから行えることが多く、事前に銀行口座を登録し本人確認を行っておけば簡単な手続きで出勤してもらうことが可能です。

銀行口座への払い戻し手続きができる主な電子マネーは以下のとおりです。

  • Pay Pay
  • au PAY
  • d払い
  • LINE pay
  • メルペイ

なお払い戻し手続きの手順は利用する電子マネーによって細かい部分が違うため、各電子マネーの手引・操作方法等をご確認ください。

銀行口座への払い戻しで現金化をするメリット

銀行口座へ残高を払い戻す場合のメリットは以下のとおりです。

  • 換金率が高い
  • 業者などを利用しないので安全

一番のメリットは、他の方法に比べて換金率が高いことです。

買い取りなどで現金化をする場合、手数料がかかるため換金率が高くても80~90%程度になることが多いです。
対して払い戻しの場合はかかるのは数百円程度の手数料のみで、ほぼ残高通りの金額を振り込んでもらえます。

また各電子マネーの運営から振込をしてもらえるため安全性も高いのも魅力ですよ。

銀行口座への払い戻しで現金化をするデメリット

銀行への払い戻しで現金化をするデメリットは以下のとおりです。

  • 払い戻し先の口座が限られていることも
  • 時間がかかる可能性がある
  • 手数料がかかる

銀行への払い戻しをする場合、電子マネーによっては振込ができる銀行が限られていることもあります。
また中には銀行によって手数料が違うというケースもあります。

また手続きを行ってからすぐに払い戻しをしてもらえるというわけではなく、振込には少し時間がかかります。

セブン銀行のATMから出金する

電子マネーによっては一度自分の口座に残高を振り込んでもらって現金化をするのではなく、セブン銀行のATMから直接出金ができる場合もあります。

スマホから手続きを行ったりカードをキャッシュカードと同じようにATMに挿入して手続きを行えばまるでお金を引き出すかのような感覚で現金化をすることが可能です。

なおセブン銀行ATM以外のATMからは出金をすることができないので注意してください。

セブン銀行ATMから現金化をするメリット

セブン銀行ATMを使って現金化をするメリットは次のとおりです。

  • 手間がかからない
  • その場で直ぐに現金を受け取れる
  • 換金率が高い

一番のメリットは、まるでキャッシュカードからお金を引き出すように手続きができるため、手間や知識が必要ないことです。

またその場ですぐに現金がATMから出てくるため、すぐにでも現金が必要という場合でも安心して利用できます。

220円の手数料はかかりますが、それでも他の方法よりも好条件での現金化に期待できますよ。

セブン銀行ATMから現金化をするデメリット

セブン銀行ATMから現金化をすると次のようなデメリットもあります。

  • 対応している電子マネーが少ない
  • セブン銀行ATMがなければ現金化はできない

セブン銀行ATMから出金ができる電子マネーはd払いとLINE Payなどごく一部のみです。

ほとんどの電子マネーではこの方法には対応していないので注意が必要です。

またセブン銀行ATM以外のATMからは出金ができません。
セブンイレブンは全国にありますが、お住いの地域によっては店舗が近くにない可能性もあります。

コンビニで電子ギフト券を買って現金化する

現金化といえば電子ギフト券を購入し買い取ってもらうという方法をイメージする人もいるでしょう。

基本的に電子ギフト券は現金でしか購入できないため、電子マネーの現金化には使えません。

ですが特定のコンビニと電子マネーの組み合わせであれば電子ギフト券の購入ができます。

電子マネーを購入して現金化をしたい方は、以下の電子マネー及びコンビ二の組み合わせで購入してください。

電子マネー コンビニ
nanaco セブンイレブン
WAON ミニストップ
ファミペイ ファミリーマート

電子ギフト券を購入して現金化するメリット

電子ギフト券を購入して電子マネーを現金化するメリットは次のとおりです。

  • 即日で現金化できる
  • 換金率が安定して高い

電子ギフト券を使う一番のメリットは、即日で現金化が可能な点です。
購入した電子ギフト券のコードを買取サイトに送れば最短10分などですぐに現金化をしてもらえます。

また電子ギフト券の中でもAmazonギフト券やiTunes/Appleギフトカードなどは需要が高いことから買取率も安定しており、好条件での現金化に期待できます。

電子ギフト券を購入して現金化するデメリット

電子ギフト券を買って電子マネーを現金化する場合、次のようなデメリットもあります。

  • 手数料がかかる
  • 特定の組み合わせでないと利用できない

電子ギフト券は買取率が安定しており、ある程度高額での買い取りに期待できます。
ですがそれでも額面通りに買い取りをしてもらえるわけではありません。

業者によっては20%以上の手数料を取ることもあるので注意しましょう。

また特定の電子マネーとコンビニの組み合わせでないと利用できないため、利用できないという人も多い点にも注意しましょう。

電子マネーとプリペイドカードを紐づけて現金化をする

電子マネーの中にはプリペイドカードと紐づけをすることで電子マネーの残高を使ってプリペイドカードで買い物ができるものもあります。

そのような電子マネーであれば、プリペイドカードでの支払いに対応した現金化業者を使うことも可能です。

この方法が可能な電子マネーの一例は以下のとおりです。

  • au PAY(au PAYプリペイドカード)
  • d払い(カードプリペイド)
  • LINE Pay(LINE Payプリペイド)

プリペイドカードと紐づけして現金化をするメリット

プリペイドカードと紐づけして現金化をする場合のメリットは、現金化業者が利用できる点です。

基本的に現金化業者では電子マネーによる支払いには対応していません。

ですが一部の業者ではプリペイドカードによる支払いであれば対応しているため、電子マネーでチャージができればそのような業者を使えます。

現金化業者では指示に従って商品を購入するだけで現金化をしてもらえるため、現金化が初めてで慣れていない人でも安心ですよ。

プリペイドカードと紐づけして現金化をするデメリット

プリペイドカードと紐づけして現金化をすると次のようなデメリットがあります。

  • プリペイドカードの発行に時間がかかる
  • 使えない電子マネーも多い

一番のデメリットは、プリペイドカードの発行に時間がかかる点です。

プリペイドカードをすでに持っている人なら問題はありませんが、そうでない場合申し込みをしてからプリペイドカードが届くまでに1~2週間ほどかかります。

またほとんどの電子マネーはこの方法には対応していないため、人を選ぶ方法でもあります。

電子マネーを解約して返金してもらう

交通系の電子マネーをお使いの場合、その電子マネーを解約すればその時点の残高を返金してもらうことが可能です。

そのため交通系電子マネーなどを使わないのであれば、わざわざ残高で買い物をするのではなく解約してしまうのも1つの手です。

解約手続きは電子マネーによって違いますが、みどりの窓口などで行えることが多いです。

解約で現金化をするメリット

交通系電子マネーを解約して現金化をするメリットは以下のとおりです。

  • 手数料が引かれるだけなので換金率が高い
  • デポジットが戻ってくることも

交通系電子マネーを解約する場合、数百円程度の手数料は引かれますが、ほぼ残高がそのまま返ってきます。
そのため他の方法よりも換金率が高くなる可能性が高いです。

また交通系電子マネーでは使いすぎを防ぐためにデポジットを予め徴収していることが多く、その場合は解約時にその分も返金してもらえます。

解約で現金化をするデメリット

交通系電子マネーを解約して現金化をするデメリットは、解約した場合は再発行するまでその電子マネーが使えなくなることです。

解約をした場合、ただ返金をしてもらえるわけではなく、持っていたカードは回収されてしまいます。
そのため新しくカードを発行するまでは電子マネーが使えません。

手元にお金がないからと交通系電子マネーを解約したせいで不便な思いをしたという人もいるので注意してください。


携帯キャリア決済で現金化する方法!バレるの?違法なの?解説します。

携帯キャリア決済を安全に現金化する方法 – au, Docomo, SoftBank対応の口コミとリスク解説

電子マネーの現金化の注意点

電子マネーの現金化の注意点
電子マネーは現金化ができるのですが、現金化をする際にはいくつかの注意点があります。

それを知らずに現金化をしてしまうと現金化をしたことを後悔してしまったり、トラブルになってしまう可能性もあります。

電子マネーを現金化するときには次の注意点を理解した上で行いましょう。

  • 券売機を使った現金化は現在はできない
  • 事前にチャージが必要
  • クレジットカードによるチャージは出金できない
  • 現金化は電子マネーの規約違反

券売機を利用した現金化は2024年時点ではできない

電子マネーの現金化について調べていると、券売機を利用した現金化の方法が見つかります。

ですがこの方法は2024年時点ではすでにサービスを終了しており、利用することができません。

かつてはゆうちょペイ・はまペイの2種類の電子マネーであれば東急電鉄の券売機限定で出金をすることができました。
ですがこのサービスは2020年~2021年の間に終了してしまっており、現在は利用できません。

過去に券売機で現金化をしたことがあるという人もいるでしょうが、現在は他の方法を使わなければいけないので注意してください。

事前に現金をチャージしておかないと使えない

電子マネーはクレジットカードとは違い、事前にチャージをした金額のみを使えます。
そのため電子マネーで現金化をする場合は残高が残っている必要があります。

クレジットカードをお持ちの方であればカードによるチャージも可能ですが、そうでない場合は事前に現金をチャージしておく必要があります。

そのためお金がない人が現金を調達するために現金化をする方法としては電子マネーはあまり向いてないと言えるでしょう。

銀行への払い戻しなどはクレジットカードによるチャージは対象外

電子マネーによっては銀行口座への払い戻しやセブン銀行ATMからの出金などで直接現金を引き出せるものもあります。

ですがこれらの方法は基本的に現金でチャージをした残高のみが対象となっており、クレジットカードなど他の方法でチャージをした場合は出金ができません。

事前に現金でチャージをしている人であれば便利な現金化の方法ですが、クレジットカードを高い換金率で現金化をするためにカードでチャージをして引き出すといったことはできないので注意してください。

電子マネーの現金化目的での利用は規約違反

電子マネーは現金化ができますが、実は電子マネーの利用規約では基本的に現金化目的での使用を禁止しています。

そのため万が一電子マネーの運営側に現金化をしたことが知られてしまうと、その電子マネーが使えなくなるおそれがあります。

万が一電子マネーが使えなくなると、そのときに残っている残高が返金されることはありません。

結果損をしてしまう可能性もあるため、リスクも理解した上で現金化を行うようにしてください。


最新の後払いアプリでおすすめは?審査なし本人確認なしのコンビニで使える!

後払いアプリ現金化おすすめ人気ランキング2024最新版!2万円~審査なし

電子マネーを現金化した人の口コミ・評判

電子マネーを現金化した人の口コミ・評判

使わなくなった電子マネーに残高が残っていて困っていたのですが、銀行口座に払い戻しができるということを知ってやってみました。
手続きも簡単で翌日には振り込んでもらえたので、これならもっと早くやっておけばよかったと思いました。

電子マネーは使えるお店も多くて、換金性の高いものも購入できるので現金化もしやすいですね。
買取ショップに持ち込んだらその場ですぐに現金を受け取れますし、手続きも全て確認できるので安心ですよ。

電子マネーを使ってコンビニでギフト券を買えるんですね。
それを知って現金化をするのに使ってみました。
特に問題なく購入できて、すぐに買取サイトで買い取ってもらえたので現金化をしたい人にはおすすめですよ。


中古iPhone買うならどこ?激安でおすすめの認定中古品を扱っているサイト

中古iPhone買うならどこ?激安でおすすめの認定中古品を扱っているサイト

電子マネー現金化でよくある質問

電子マネー現金化でよくある質問

電子マネーの現金化は違法ではなんですか?
電子マネーの現金化に違法性は一切ありません。
ただし、各電子マネーの利用規約では禁止されている行為なのでリスクはあります。
どの電子マネーでも現金化はできるんですか?
はい、基本的にどの電子マネーであっても現金化自体は可能です。
ただしどの方法が利用できるかは電子マネーによって違います。
電子マネーで何を買えば効率よく現金化ができますか?
換金性の高いブランド品やゲームソフト、電子ギフト券などを購入して現金化をしている人が多いです。
商業系の電子マネーは解約時に返金してもらえるのですか?
商業系の電子マネーは解約時に返金をしてもらえないことが多いです。
交通系電子マネーを使いましょう。


先払い買取による現金化のおすすめ優良店を紹介!換金率が高いアプリサービス

先払い買取による現金化の最新おすすめ優良店を紹介!買取率が高いアプリサービス

まとめ:電子マネーは現金化できる!お持ちの電子マネーに合わせて現金化してみよう

まとめ:電子マネーは現金化できる!お持ちの電子マネーに合わせて現金化してみよう
今回紹介してきたように電子マネーはさまざまな方法で現金化ができます。

中にはクレジットカードなどとは違い知っていないと利用できない方法もありますが、手数料のみの負担で好条件で現金化をすることも可能です。

ただし電子マネー自体が事前にチャージをしておかないと使えないため、手元にクレジットカードも現金もないという人にはあまり向かない方法でもあります。

手元に残高が残っている電子マネーがあるという方は、ぜひ今回紹介した方法で現金化をしてみてください。