dポイントを現金化する最新の方法!

dポイントを現金化する最新の方法!

各企業がポイントの発行でユーザーの獲得に力を入れていますが、携帯各社もポイントの普及や決済サービスの提供を進めています。

ドコモユーザーにはおなじみのdポイントも有名で、利用者獲得の狙いからドコモユーザーでなくともdアカウントを作成すればdポイントをためて利用することができます。

スマホに「dポイントクラブ」のアプリを導入すれば、ポイントカードを持っていなくてもdポイント貯めたり使ったりすることができ、利便性が良いので多くの利用者がいます。

本章ではこのdポイントを現金化する方法について解説していきます。

dポイントは公式の出金サービスが無い

最初に押さえておきますが、dポイントは現在のところ公式による出金サービスは用意されていません。

銀行口座に直に出金するということができないので、それ以外の方法で現金化を考えていくことになります。

まずは手軽に利用できる現金化方法から見ていきましょう。

ドコモユーザーなら即日現金化も可能

ドコモユーザーの方であれば、ドコモオンラインショップでiTunesギフトカードを購入することができます。

このギフトコードをネット上の買取店に売却することで現金化でき、最も手間のかからない方法になります。

ドコモオンラインショップで「App Store&iTunesギフトカード」を選択し購入手続きを進めていくと、dポイントの使用について聞かれますので、「利用する」にチェックを入れて使用するポイントを指定します。

1ポイント=1円として使えますが、1か月に使用できるポイントは30000ポイントまでとなります。

購入したデジタルコードはメールで送られてくるので、現物カードと違い郵送に時間がかかることもありません。

受け取ったコードは買取ボブなどの買取店に売却して現金化します。

即日で現金化が可能ですが、残念ながらこの方法はドコモユーザーだけに限られ、非ユーザーは利用することができません。

ドコモユーザー以外の方は次項以降の方法で現金化を考えていくことになります。

dカードプリペイドを使って現金化する方法

ドコモユーザー以外の人は、dポイントをdカードプリペイドにチャージして買い物をし、これを売却することで現金化が可能です。

現金化に適した商品としてはアマゾンギフト券や各種の商品券が考えられます。

アマゾン公式サイトからEメールタイプのギフト券を購入し、支払い方法にdカードプリペイドを設定します。

メールで届いたギフトコードを買取ボブや買取デラックスなどの買い取り店に売却して現金化します。

アマゾンギフト券は最近値崩れすることも多いので、高換金率を目指すのであれば各種ギフト券や商品券を購入することも考えられます。

JCBやVJAのギフト券など換金性の高い商品券をヤフーショッピングや楽天市場で購入して、これをチケットショップに売って現金化すれば、安定した換金率で現金化が可能です。

ギフト券や商品券を使って現金化すること自体はそれほど難しくありませんが、この方法ではdカードプリペイドを発行しなければならないため、こちらの方に手間がかかるのがネックです。

次の項ではdカードプリペイドの発行手順について見ていきます。

dカードプリペイドの発行手順

dカードプリペイドは、いくつかの方法でチャージして買い物に使用できるプリペードカードです。

MasterCardの機能が付いているので、MasterCardが使用できるお店であればクレジットカードの代わりとして使うこともできます。

ドコモユーザーでなくとも、12歳以上であれば審査なしで発行可能なので、誰でも気軽に持つことができます。

本格的なクレジットカードを持つことに抵抗がある人でも、dカードプリペイドはチャージ式ですから、万が一紛失や盗難にあっても被害はチャージした額に限られるので安心です。

なおかつ、現金が使用できないネットショップなどでもMasterCardの機能で買い物ができるので、これ一枚持っておけば安心です。

年会費等はかからないので保有にかかる金銭的負担はありません。

dカードプリペイドの発行には先にdアカウントの作成が必要になるので、まだ作成していない人はこちらで手続きを済ませてください。
https://id.smt.docomo.ne.jp/src/utility/ctop_regguide.html

dアカウントの作成が済んだら、以下のサイトからdカードプリペイドの発行を申し込みます。
https://d-card.jp/prepaid/

「入会申し込み」に入ると、申込に係る同意事項が示されます。

同意して進むと、dアカウントのIDとパスワードを使ってログインすることができるようになります。

指示に従って操作を進め、最後に申し込みに必要な事項を記入して送信すれば手続きは完了です。

申し込み後、およそ一週間で自宅にカードが届きます。

注意点として、カードの受け取り時には顔写真付きの身分証の提示が必要になるので、その身分証と同じ住所を入力しなければいけません。

身分証として利用できるのは以下のような資料です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • マイナンバーカード
  • 官公庁が発行した身分証明書
  • 運転経歴証明書
  • 公の機関が発行した資格証明書
配達員に身分証を提示してカードを受け取ってください。

dカードプリペイドのチャージ方法

dカードプリペイドのチャージ方法は以下の3種類が用意されています。

  • ローソンでチャージ
  • セブン銀行ATMでチャージ
  • マイページでチャージ

ローソンとセブン銀行ATMでは現金でチャージすることになるので、dポイントの現金化には使えません。

dポイントによるチャージはマイページからの一択になります。

マイページにログインしたら「チャージ」を選択し、dポイントによるチャージを行います。

1ポイント1円としてチャージ可能ですが、dポイントによるチャージは月に1万ポイントまでが上限となります。

dポイントをチャージしたら、上の項で見たようにアマゾンギフト券や商品券を購入して換金しましょう。

利用に関して留意すべき点として、dポイントのうち「期間・用途限定ポイント」はdカードプリペイドへのチャージに使用することができません。

つまり本項の方法では現金化できないということになります。

「期間・用途限定ポイント」を現金化する方法は別にあるので、次の項で解説します。

期間・用途限定dポイントを現金化する方法

期間・用途限定のdポイントはdカードプリペイドへのチャージができないため、現金化には別の方策をとる必要があります。

一つは、期間・用途限定dポイントを使ってネットショップや実店舗で換金率の良い商品を購入し、転売することが考えられます。

この場合人気のゲーム機や家電などを対象にすることが考えられます。

もう一つは証券会社を経由する方法です。

日興フロッギーという証券会社はdポイントを使って投資が可能で、dカードプリペイドにはチャージできない期間・用途限定dポイントも使用することができます。

dポイントで株を購入し、売却した売り上げ代金を登録した口座に振り込んでもらうことで現金化が可能です。

証券口座を開設する手間がありますが、利点としてこの方法はアマゾンギフト券の換金などよりもロスの少ない高換金率を目指すことができます。

値動きの少ない株を購入してすぐに売却すれば、ほぼロスの無い現金化を目指すことができます。

加えて、日興フロッギーでは100万円までの購入取引では手数料が無料、売却面でも100万円以下であれば手数料は0.5%と安く済ませることができます。

口座への振り込みに手数料はかかりませんが、着金までに数日を要すことがあります。

日興カードを発行してもらえば、登録口座への振り込みをまたず以下の提携ATMからすぐにお金を引き出すことができます。

三井住友銀行は全時間帯の手数料を無料で利用できるので、ATMが近くにあればこちらが有利です。

東京スター銀行とセブン銀行も一部の時間帯で手数料が無料になりますが、その他の金融機関は一回110円の手数料がかかります。

またバンク&トレードという出金方法もあります。

三井住友銀行の普通預金口座があれば、証券口座と連携させることで即時出入金が可能です。

すでに三井住友銀行の口座を持っている人は口座連携を行うことで、次回以降も少ない負担で現金化が可能になります。

日興フロッギーの証券口座登録は簡単で、郵送などは不要で自宅から手続きを完結できます。

口座開設後、dアカウントと連携させればdポイントを証券口座に移動することができるようになります。

ちなみに日興フロッギーはdアカウントがあればドコモユーザーでなくとも口座開設や取引ができます。

期間・用途限定dポイントを現金化したいというケースだけでなく、単純に通常のdポイントの高換金率を目指したいという人も検討することができます。

まとめ

本章ではdポイントを現金化する方法について見てきました。

ドコモユーザーの方であればドコモオンラインショップでiTunesギフトカードを購入し、転売するのが手間のない方法です。

ユーザー以外の方はMasterCard機能付きのdカードプリペイドを介して現金化することができるので、多少手間がかかりますが発行手続きを行いましょう。

dカードプリペイドにチャージができない期間・用途限定dポイントを現金化したい、あるいはできるだけロスの少ない現金化を目指すならば日興フロッギーで株取引をして出金する方法もあります。

携帯キャリアのポイントは貯まっていることに気づかないことも多いので、有効期限が切れる前に現金化を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です