携帯キャリア決済を安全に現金化する方法 – au, Docomo, SoftBank対応の口コミとリスク解説

携帯キャリア決済で現金化する方法!バレるの?違法なの?解説します。

※PR

携帯キャリア決済現金化は、携帯電話が持つ決済機能枠を、現金に変える現金化を方法です。

クレジットカード現金化と同じく、必要なものさえあれば、即日に現金を調達できます。

呉現ミナ

今回は、そんな携帯キャリア決済現金化の

  • 現金化の方法、流れ
  • 違法性、安全性
  • 利用のメリット

を解説します。

呉現ミナ

キャリア決済現金化前にこそ知っておきたい情報をまとめました。

★おすすめ携帯キャリア決済を現金化してくれるサイト
後払い現金化best3

バンクレジット
バンクレジット
最短10分振込
無料見積り

即日アリアちゃん
後払い現金化即日アリアちゃん公式
最短10分振込
無料見積り

ペイチェン
ペイチェン
最短10分振込
無料見積り

携帯キャリア決済で簡単現金化方法

携帯キャリア決済で簡単現金化方法

携帯キャリア決済を使った現金化は、簡単で迅速な現金調達方法です。

キャリア決済枠を使い、ネットショッピングで即日現金化することが可能です。

借金ではなく、総量規制の対象外なので、多くの人が利用できます。

現金化には主に2つの方法があります。

  • 個人で現金化をする方法
  • 現金化業者を利用する方法

呉現ミナ

それぞれ、詳しく解説していきます。

個人で現金化をする方法

この方法では、携帯キャリア決済で購入した高価な商品(ゲーム機、ブランド品など)を転売し現金を得ます。

しかし、この方法には時間と手間がかかり、場合によっては数日を要することもあります。

商品選定や転売先の検討が重要です。

呉現ミナ

商品選定、購入先、転売先をしっかりしらべないと、大幅に損する可能性もありますよ。

▼自分で現金化する方法を書いた記事はコチラ

クレジットカード現金化を業者使わないで自分で現金化する方法

クレジットカード現金化を業者を使わずに自分で現金化する方法

現金化業者を利用する方法

専門の現金化サイトを利用することもできます。

必要なのは決済用のプリペイドカード、身分証明書、そして入金先の口座です。

業者が手続きを代行し、数時間で口座に現金が入金されます。

呉現ミナ

他社で借入があっても、キャリア決済の利用可能額があれば、誰でも利用できます。

携帯キャリア決済現金化業者の選び方

携帯キャリア決済現金化業者の選び方

携帯キャリア決済で現金化を提供する業者は数多く存在し、それぞれのサービス内容が異なります。

適切なサイトを選ぶためには以下の4点に注意しましょう。

買取率(換金率)を確認する

現金化サイトごとに異なる買取率は、手にする金額に大きく影響します。

一般的な買取率は80%から90%ですが、それ以上の高い率を謳う場合、誇大広告の可能性も考慮しましょう。

営業時間を確認する

申し込みから入金までの手続きは営業時間内に完了する必要があります。

営業時間はサイトによって異なるため、自分の都合に合ったサービスを選びましょう。

会社情報を確認する

悪質な業者を避けるためには、会社情報の確認が不可欠です。

公式サイトで電話番号や住所、利用規約などが明記されているかを確認しましょう。

利用者の口コミ評判を確認する

実際にサービスを利用した人々の口コミは、サイト選びにおいて重要な情報源です。

公式サイトやSNSでの評判を確認し、安心して利用できるサイトを選びましょう。

呉現ミナ

急いでいる場合でも、適切なサイト選びを怠ると損をする可能性があります。

慎重な選択が求められます。

携帯キャリア決済現金化利用者の口コミ評判

携帯キャリア決済現金化利用者の口コミ評判
実際に携帯キャリア決済現金化を利用した人の口コミ評判を調べてみました。

初めてキャリア決済の現金化を利用。通常の現金化と同じく、即日で入金してもらえました。購入、買取の手続きもすべてやってくれたので、特別な手間もありませんでした。

借金返済のために利用しました。借金ではないので、総量規制にも引っかからず金融ブラックでも利用できると思います。

バンドルカードがなかったので、すぐには申し込みできませんでした。スマホ会社にバンドルカードの申請して、1週間ぐらいに現金化できました。カードを持っている人だとすぐできます。

呉現ミナ

キャリア決済の現金化も即日の現金調達が可能のようです。ただ、バンドルカードを持っていないと利用できないので、注意しましょう。

携帯キャリア決済現金化の流れ

即日調達!携帯キャリア決済現金化の流れ

携帯キャリア決済を現金化するための手続きは、迅速かつシンプルです。

この手順は、サイトの営業時間内に完了することが可能で、即日での現金調達が実現可能です。
▼手続きで必要なもの

  • 利用キャリアのプリペイドカード
  • 身分証明書
  • 入金先の金融口座

手続きの流れ

申し込みから現金化まで、3ステップです。

STEP.1
買取の申し込み
サイトの申し込みフォームから申込み、サイト側からの手続き連絡を待つ。
STEP.2
指定商品を購入
サイトが指定した商品をプリペイドカードでキャリア決済し購入。
STEP.3
買取額の入金
購入した商品をサイト側が買い取り、金融口座に買取額を入金。

現金化サイトによって営業時間が異なるため、利用前に確認が必要です。この方法では、商品が自宅に届くことはありません。

呉現ミナ

各ステップを迅速に進め、営業時間内に完了することで、即日の現金調達が可能になります。

週末や祝日に携帯キャリア決済を現金化できるか

土日祝でも携帯キャリア決済を現金化することは可能?
土日祝日にも携帯キャリア決済の現金化が可能です。

これは特定の現金化サービスが週末や祝日でも運営しているためです。

ただし、サービスによっては平日のみ営業、あるいは日曜日が定休日というケースもあります。

したがって、土日祝日でもサービスが利用可能であれば、申し込みや現金化の手続きが行えます。

平日の手続きが難しい場合は、週末や祝日に営業しているサイトを選ぶことが重要です。

呉現ミナ

2018年に導入されたモアタイムシステムにより、土日祝日の入金処理も即日で行われるようになりました。これにより、休日でも迅速に現金化が可能です。

携帯キャリア決済の現金化:安全性と規約違反のリスク

携帯キャリア決済現金化の安全性と違法性
携帯キャリア決済を使った現金化は法的に違法ではありませんが、携帯会社の規約違反にあたります。

法律上の問題はないものの、携帯会社がこの行為を発見した場合、キャリア決済の利用停止や携帯電話の契約解除が行われる可能性があります。

ただし、実際に携帯会社が現金化行為を特定することは稀で、もし疑いの連絡が来たとしても、行為を否定すれば追及は難しいです。

このため、キャリア決済の現金化を行う際のリスクは低いと言えますが、携帯会社の規約違反であることを理解し、慎重に行動する必要があります。

呉現ミナ

違法ではないので、安心して利用できそうですね。ただし、規約違反のリスクは念頭に置くべきです。

携帯キャリア決済を利用した現金化の主なメリット

携帯キャリア決済を使って現金化をするメリットは?
携帯キャリア決済による現金化は、クレジットカードなど他の方法と比べて、特有の利点があります。

これらの利点を検討し、自身の状況に合っていると思えば、この方法を利用する価値があります。

クレジットカードが不要で利用可能

多くの人が所有する携帯電話やスマートフォンを利用して、携帯キャリア決済による現金化が可能です。

これはクレジットカードを持っていない人にとって特に重要です。

クレジットカードの発行には審査が必要で、審査に通らない場合や無職の方はカードを作ることができません。

しかし、携帯キャリア決済では審査がなく、無職の方や借金がある方でも利用できます。

呉現ミナ

より多くの人が気軽に現金を調達することが可能になります。

プライバシーが守られやすい

携帯キャリア決済を使った場合、利用明細が自宅に届くことはなく、オンラインのマイページでのみ確認可能です。

これにより、家族などに現金化が発覚するリスクが低くなります。

ただし、使用分の金額が翌月の請求に反映されるため、請求額の増加には注意が必要です。

呉現ミナ

しかし、「アプリ購入」や「オンラインショッピング」といった言い訳が使いやすいため、秘密を保ちたい場合に適した方法です。

携帯キャリア決済現金化のリスク:検出される可能性は?

携帯キャリア決済は違法なのか?
携帯キャリア決済による現金化がキャリア事業者に検出されるリスクは一般的に低いとされています。

現金化業者が取引する商品は、iTunesやAppleギフトカードなどのデジタルコードが一般的で、これらのコードは多様な用途があるため、携帯会社が現金化を目的とした購入であると特定するのは困難です。

ただし、ゲーム機などで同一商品を短期間で複数回購入するような疑わしい行動は避けるべきです。

もし携帯会社から現金化行為を疑う連絡があった場合、否定することで通常はこれ以上の追及はありません。

呉現ミナ

キャリア決済の現金化が携帯会社に検出されるケースは稀であるため、比較的安心して利用することができます。

しかし、クレジットカード現金化の場合、カード会社に検出されると金融事故扱いになり、この情報は信用情報機関を通じて他社と共有されるリスクがあるため、携帯キャリア決済現金化の方がリスクが低いと言えるでしょう。

携帯キャリア決済現金化の注意点

携帯キャリア決済現金化の4つの注意点

携帯キャリア決済で現金化する際、押さえておくべき4つの注意点があります。

バンドルカードが必要

携帯キャリア決済の現金化には、各携帯会社のバンドルカードが必須です。

バンドルカードの取得には申し込みから約10日かかり、これがなければ現金化はできません。

限度額は10万円

バンドルカードを使用したキャリア決済の上限は月額10万円です。

これを超える金額の現金化は不可能で、毎月の決済締め日は月末です。

支払いは携帯料金と一緒

キャリア決済の支払いは通常の携帯料金と合わせて行われます。

遅延があるとキャリア決済の利用が停止される可能性があるため、計画的な利用が推奨されます。

買取率の変動性

携帯キャリア決済の現金化サイトによって買取率(換金率)は異なり、これは調達可能な金額に影響します。

初回利用や特定金額以上で買取率が上がるキャンペーンがある場合もあるため、利用前に確認することが重要です。

呉現ミナ

携帯キャリア決済現金化ではバンドルカードが必要なので、早めに申請しておくことをお勧めします。

まとめ:便利な携帯キャリア決済現金化ですが使い過ぎに注意!

まとめ:キャリア決済の現金化は便利だけど使い過ぎに要注意!
携帯キャリア決済の現金化は、即日の現金調達に対応していました。

携帯キャリア決済を利用した現金化は迅速な現金調達手段ですが、サービスを利用するには、各携帯会社のバンドルカードが必要です。

バンドルカードは申請後、約10日で届くため、計画的に準備することが重要です。

また、キャリア決済の現金化は総量規制の対象外で、信用情報に問題がある人でも利用できます。

しかし、支払いは翌月の携帯料金と一緒に請求されるため、支払いの滞納には注意が必要です。

滞納すると、スマートフォンの利用が制限される可能性があるため、使い過ぎには特に注意しましょう。

呉現ミナ

クレジットカード現金化と同様、キャリア決済の現金化もウェブサイトを通じて手軽に現金を調達できます。ただし、計画的な利用が必要です。

▼後払いやツケ払いでの現金化の方法について

後払い(ツケ払い)で現金化する方法

後払い現金化(ツケ払い)業者の最新おすすめは?審査なし・即日対応あり!

コメントを残す