Paidy(ペイディ)は現金化が可能?現金化の方法や口コミを徹底解説

あと払いPaidyは現金化が可能?現金化の方法や口コミを徹底解説

※PR

手元に現金やクレジットカードがなくても翌月払いで買い物ができる「あと払いPaidy(ペイディ)」。
メールアドレスと電話番号があれば利用できることから、ネットショップなどで利用している人も増えています。

実はこのPaidy(ペイディ)、クレジットカードと同じように現金化をして現金を調達するのに使うことも可能です。

呉現ミナ

今回はそんなPaidy(ペイディ)を利用した現金化について解説していきます。

後払い現金化best3

ナンバーワンキャッシュ
ナンバーワンキャッシュ
最短10分振込
無料見積り

カイトリング
カイトリング
最短10分振込
無料見積り

バンクレジット
バンクレジット
最短10分振込
無料見積り


後払い(ツケ払い)で現金化する方法

後払い現金化(ツケ払い)業者の最新おすすめは?審査なし・即日対応あり!

この記事でわかること

Paidy(ペイディ)現金化におすすめの現金化業者2選

Paidy(ペイディ)現金化におすすめの現金化業者2選
Paidy(ペイディ)はすべての現金化業者で対応しているわけではないため、どの業者をりようすればいいか困ってしまう人も少なくありません。

そこでここからは、Paidy(ペイディ)を現金化するのにおすすめの現金化業者を紹介していきます。

業者選びに困ったらいずれかの業者を利用してみてください。

バンクレジット

バンクレジット
住所 東京都千代田区神田佐久間町3-21-5
URL https://bancredit.biz/
営業時間 9:00~22:00
最高換金率 初回90%、2回目以降85%
最短振込時間 3分

バンクレジットはPaidy(ペイディ)をはじめ各種後払いアプリやクレジットカード・携帯キャリア決済での現金化が可能な業者です。

初回の換金率が優遇されており90%という高換金率での現金化ができるのが特徴です。

また毎月1日は24時間営業なので時間を気にせずに現金化ができるのも魅力です。
土日祝日も営業しており初回は最短10分、2回目以降は最短3分で振込をしてくれるので、急にお金が必要になったときもバンクレジットなら安心でしょう。


バンクレジット

バンクレジット現金化の口コミ・評判は?現金化の流れや換金率も徹底調査

即日アリアちゃん

即日アリアちゃん公式
住所 東京都新宿区西新宿6丁目12-1 パークウエスト西新宿 11F 1101
URL https://sokujitsu.aria-inc.co.jp/
営業時間 7:00~22:00
最高換金率 90%
最短振込時間 10分

即日アリアちゃんはPaidy(ペイディ)などの後払いアプリとクレジットカードで現金化ができる業者です。

初回の換金率が90%と高いのに加えて2回目以降でも87%の換金率が保証されているのが特徴で、利用回数に関係なく好条件での買取に期待できます。

商品買取方式なので購入した商品が自宅に届くこともなく、誰にも知られることなく現金化ができますよ。

振込も最短10分なので急いでいる人も安心ですよ。

即日アリアちゃん

即日アリアちゃんの後払い現金化サービスの評判・口コミを徹底解説!

そもそもあと払いPaidy(ペイディ)ってどんなサービスなの?

そもそもあと払いPaidy(ペイディ)ってどんなサービスなの?
あと払いPaidy(ペイディ)は株式会社Paidy(ペイディ)が提供するオンラインショップ向けの後払い決済サービスです。

オンライン上で商品を購入する場合、クレジットカードなどを登録して支払いをしなければいけませんが、このPaidy(ペイディ)ではその必要がありません。
毎月1日~月末までの支払い分を翌月の1日~10日の間に支払えばいいため支払いを後回しにでき、手元に現金やクレジットカードがない状態でも買い物ができます。

メールアドレスと電話番号があれば誰でも利用開始でき、支払い方法もコンビニ支払いや銀行振込、口座振替から選べるのも特徴です。

Paidy(ペイディ)はどんなお店で使えるの?

Paidy(ペイディ)が使える店の一例は以下のとおりです。

  • Amazon
  • SHEIN
  • Rakuten Rakuma
  • Qoo10
  • BUYMA
  • SHOPLIST.com
  • DMM.com
  • ビックカメラ.com

このようにさまざまなネットショップでの支払いが可能です。

ただし、実店舗では使えないので注意してください。

Paidy(ペイディ)の登録方法

Paidy(ペイディ)は次のような流れで登録し、利用を始めることが可能です。

STEP.1
アプリをダウンロードする
Paidy(ペイディ)はAndroid、iPhoneの両方でアプリが配信されています。
まずはそれを自分のスマホにダウンロードしましょう。
STEP.2
メールアドレスと携帯電話番号を登録する
アプリのインストールが完了したらアプリを開き、プライバシーポリシーの確認を行います。

その後個人情報の入力画面が表示されるので、自分のメールアドレスと携帯電話番号を入力してください。

STEP.3
認証コードを入力する
個人情報の入力が完了すると登録した携帯番号のSMSに認証コードが届きます。
そのコードをアプリ上で入力してください。

以上で登録は完了します。

Paidy(ペイディ)は誰でも利用できる?Paidy(ペイディ)の審査について

Paidy(ペイディ)はクレジットカードなどと同じように審査が行われています。
ですがこの審査のタイミングが独特で、登録する際ではなくPaidy(ペイディ)で決済をするたびに行われています。

そのためメールアドレスと電話番号さえあれば誰でも利用を始められます。

ですが審査に落ちた場合、決済方法としてPaidy(ペイディ)を選んだあとに審査を通過できずに支払いができないということが起こるので、支払いをしてみるまで自分が利用できるかがわからない点には注意が必要です。

Paidy(ペイディ)はアップデートできる?Paidy(ペイディ)プラスについて

Paidy(ペイディ)にはメールアドレスと電話番号を登録すれば誰でも利用できるPaidy(ペイディ)とアップデートすることで利用できるPaidy(ペイディ)プラスという2つのサービスがあります。

Paidy(ペイディ)プラスは運転免許証かマイナンバーカードで本人確認を行い審査に通過することで利用でき、次のような追加機能が利用できるようになります。

  • 分割払いが利用できる
  • 利用上限額を確認できる
  • 予算額を設定して使いすぎを防止できる
  • 決済ごとの審査が行われなくなる
  • バーチャルカードであるPaidy(ペイディ)カードが発行される

Paidy(ペイディ)を使って現金化をする3つのメリット

Paidy(ペイディ)を使って現金化をする3つのメリット
現金化と聞くとクレジットカードをイメージする人も多いでしょうが、Paidy(ペイディ)を使って現金を調達しているという人も少なくありません。

これはPaidy(ペイディ)での現金化にはクレジットカード現金化とはまた違ったメリットがあるためです。

Paidy(ペイディ)を現金化した場合のメリットは以下の通りです。

  • クレジットカードを持っていなくても現金化が可能
  • カード情報を業者に伝えなくていい
  • 支払い方法が多い

クレジットカードを持っていなくても現金を調達できる

現金化といえばクレジットカードをイメージする人も多いでしょうが、クレジットカード現金化では当然ながらクレジットカードが必要です。

ですがクレジットカードの発行には審査が必要で、定職についていて安定した収入がある人でないと発行できません。

対してPaidy(ペイディ)はメールアドレスと携帯番号があれば発行できます。
審査がないわけではありませんが、クレジットカードのように最初に審査が行われるわけではなく、決済を利用するたびに審査が行われます。

そのためクレジットカードを作れなかった人でもPaidy(ペイディ)でなら現金化ができる可能性も十分にありますよ。

クレジットカード情報を伝える必要がない

クレジットカード現金化業者では現金化をする際に指定されたネットショップでクレジットカードで支払いをして買い物をしなければいけません。
その際にはカード情報を伝えなければいけないため、それが不安という人も少なくありません。

Paidy(ペイディ)の場合はカード情報などは一切伝える必要がなく、登録した電話番号とメールアドレスを伝えるだけで支払いができます。
そのため重要な個人情報を伝える必要がなく、より安心して現金化ができます。

クレジットカード現金化業者の中には利用者のカード情報を悪用しようとする悪質な業者もあるため、カード情報を伝えなくていいのは大きなメリットと言えるでしょう。

支払い方法が多彩

クレジットカードで現金化をする場合、支払いは口座引き落としでなければいけません。

対してPaidy(ペイディ)による現金化の場合、支払いは

  • コンビニ支払い
  • 銀行振込
  • 口座振替

のいずれかから選べます。

口座情報などを伝える必要もないため、個人情報をできるだけPaidy(ペイディ)側に伝えたくないという人も安心して利用できるでしょう。

Paidy(ペイディ)はどうやって現金化すればいいの?Paidy(ペイディ)の現金化方法3選

Paidy(ペイディ)はどうやって現金化すればいいの?Paidy(ペイディ)の現金化方法3選
Paidy(ペイディ)を利用した現金化と聞いても、どうやって現金化をすればいいかがわからないという人もいることでしょう。

Paidy(ペイディ)は次の3つの方法で現金化ができます。

  • 現金化業者
  • ギフト券を購入して買取サイトで買い取ってもらう
  • 換金性の高い商品を購入して買い取ってもらう

それぞれメリット・デメリットが違うため、自分に合った方法で現金化をすることをおすすめします。

Paidy(ペイディ)での支払いに対応した現金化業者を利用する

現金化業者といえばクレジットカードをイメージする人もいるでしょうが、一部の現金化業者ではPaidy(ペイディ)での支払いにも対応しています。

そのような業者を利用すればクレジットカードを使ったときと同じようにPaidy(ペイディ)で現金化ができます。

現金化業者を利用してPaidy(ペイディ)を現金化すると次のようなメリットがあります。

  • 換金率が高い
  • 短時間で現金を振り込んでもらえる
  • 24時間営業の業者も少なくない

現金化業者はクレジットカードや後払いアプリを使った現金化を専門としていることもあり、高換金率・高スピードでの現金化が可能です。
また24時間営業の業者もあるため、遅い時間でも現金を振り込んでもらえます。

Paidy(ペイディ)払いでギフト券を購入してギフト券買取業者を利用する

Paidy(ペイディ)カードを使えばAmazonのサイトでAmazonギフト券を購入できます。

それをギフト券買取サイトに買い取ってもらえば現金化をすることが可能です。

ギフト券を購入して現金化をすると次のようなメリットがあります。

  • 買取率が安定して高い
  • 短時間で振込をしてもらえる
  • 24時間いつでも買い取りが可能な業者が多い

Amazonギフト券は需要が高いため買取率が安定して高く、いつでも高額買取に期待できます。

ですがPaidy(ペイディ)プラスにアップデートしないとギフト券の購入ができないというデメリットもあります。

またAmazon側に現金化目的での購入がバレるとアカウントの凍結のおそれもあるので注意しましょう。

Paidy(ペイディ)で換金性の高い商品を購入して買い取ってもらう

Paidy(ペイディ)はさまざまなネットショップでの支払いに利用できます。

そのためPaidy(ペイディ)に対応したネットショップで換金性の高い商品を購入し、それを買取ショップなどに持ち込むことでも現金化をすることは可能です。

この方法で現金化をした場合、次のようなメリットがあります。

  • 安く商品を購入できれば換金率が高くなる
  • ヤフオクなどに出品すれば買取率を自由に設定できる

購入した値段に関係なく状態が良いものなら高額買取をしてもらえるため、セールなどで商品を安く購入できれば高買取率にも期待できます。

ですがPaidy(ペイディ)の利用可能額は低いため、ブランド品やゲーム機など高額な商品が購入できないのがデメリットです。

Paidy(ペイディ)現金化なら現金化業者がおすすめ!業者を利用した現金化について

Paidy(ペイディ)現金化なら現金化業者がおすすめ!業者を利用した現金化について
Paidy(ペイディ)を現金化する方法はいくつかありますが、特におすすめなのが現金化業者を利用する方法です。

そこでここからは、現金化業者を利用してPaidy(ペイディ)を現金化する場合の手順・換金率について解説していきます。

現金化業者でPaidy(ペイディ)を現金化する流れ

Paidy(ペイディ)を現金化業者を利用して現金化する場合の手順は以下の通りです。

  1. Paidy(ペイディ)払いに対応した現金化業者を探す
  2. 申し込みをする
  3. 本人確認を行う(初回のみ)
  4. 指定された商品をPaidy(ペイディ)払いで購入する
  5. 現金が振り込まれる
  6. 指定された期日までにPaidy(ペイディ)の支払いを行う

基本的には申し込み後は業者からの指示に従って商品を購入すれば現金化ができます。
ですがすべての現金化業者でPaidy(ペイディ)払いに対応しているわけではないので注意してください。

またどの業者であっても初回利用時には身分証明書による本人確認が行われます。
運転免許証などを準備しておきましょう。

現金化業者を利用したときの換金率はどれくらい?

Paidy(ペイディ)を現金化する場合の換金率は利用する業者によって違いますが、75%~80%程度になることが多いです。

ただし換金率は常に変動しているため、同じ業者を利用したとしても常に同じ換金率で現金化ができるとは限りません。
申し込み前に必ず公式サイトで最新の換金率を確認することをおすすめします。

また業者によっては公式サイトの換金率には手数料が含まれていないこともあります。
そのため手数料についても必ず確認しておきましょう。

Paidy(ペイディ)を現金化した人の口コミ・評判

Paidy(ペイディ)を現金化した人の口コミ・評判

Paidy(ペイディ)で現金化ができる業者はあまり多くはないですが、対応している業者ならクレジットカードと同じように簡単に現金化ができました。
クレジットカードの情報などを伝える必要がなくてメールアドレスと電話番号さえあれば支払いができるのはかなりありがたいですね。

どうしてもお金が必要になってペイディを使って現金化をすることにしました。
高額な現金化は難しいと聞いていたので1万円ほどを現金化しましたが、特に問題なく現金を振り込んでもらえました。
もう少し換金率が高かったら文句はなかったですが、満足はしています。

ペイディプラスを利用していますが、分割払いで現金化ができるのがありがたいですね。
おかげである程度まとまった金額でも無理なく支払いができています。

ペイディで問題なく現金化ができたのですが、換金率が思っていたほどではなかったですね。
振込手数料も必要な業者が多いので注意した方がいいと思いますよ。

Paidy(ペイディ)での現金化にはこんな注意点も

Paidy(ペイディ)での現金化にはこんな注意点も
Paidy(ペイディ)は現金化にも問題なく使える支払い方法ですが、現金化をするときには次のような注意点があります。

  • Paidy(ペイディ)の現金化は利用規約違反
  • 高額な現金化ができない
  • 支払い滞納はブラックリスト入りになる

これらの注意点も踏まえた上で現金化をするようにしてください。

Paidy(ペイディ)の現金化目的での利用は禁止されている

Paidy(ペイディ)の利用規約では現金化目的での利用が禁止されています。
そのためPaidy(ペイディ)側に現金化をしていることがバレてしまうと、規約違反ということで利用停止や強制退会といった重い措置が取られる可能性があります。

特に次のような方はバレるリスクが高くなるので注意してください。

  • 毎月限度額ギリギリまでPaidy(ペイディ)を使っている
  • 換金性の高い商品を何度も購入している
  • 同じ商品を何度も購入している
  • 最初から高額な商品を購入する

自分で現金化をする場合はよりリスクが高い

Paidy(ペイディ)は自分で換金性の高い商品を購入し、それを買取ショップなどで買い取ってもらうことでも現金化ができます。

ですが自分で現金化をする場合、どうしても換金性の高い商品を購入しなければいけないためPaidy(ペイディ)側に現金化を疑われるリスクが高くなります。

自分で現金化をしたせいでPaidy(ペイディ)が使えなくなったという人もいるので注意してください。

利用し始めは高額な支払いができない

クレジットカードの場合、発行した時点で利用限度額が決まっています。

それに対してPaidy(ペイディ)では利用限度額は一律では決まっておらず、利用実績に応じていくらまで利用できるかが変動します。

そのため利用し始めたばかりの人は利用限度額が低く、高額な現金化はまずできません。

最初は2~3万円ほどしか利用できなかったという人もいるため、高額な現金化をしたいという人は注意したほうがいいでしょう。

Paidy(ペイディ)プラスにアップデートしていないと利用可能額は少ない

Paidy(ペイディ)の利用可能額は公開されていませんが、どうやらPaidy(ペイディ)とPaidy(ペイディ)プラストでは後者のほうが利用可能額が高くなるようです。

そのため本人確認を行わずPaidy(ペイディ)のままという人はより現金化できる金額が少なくなってしまうので注意してください。

支払いを滞納するとブラックリストに載ってしまう

Paidy(ペイディ)はあくまで支払いを翌月に後回しにできるサービスであって、支払いをしなくてもいいというわけでは決してありません。

もし期日までに支払いができなかった場合、クレジットカードなどと同じようにブラックリストに名前が載ってしまい、支払いが完了するまでは利用できなくなります。
また、利用限度額も下げられてしまいます。

Paidy(ペイディ)では支払い方法ごとに支払期日が違うので間違えないように注意してください。

コンビニ払い・銀行振込 翌月10日まで
口座振替 翌月12日

Paidy(ペイディ)現金化でよくある質問

Paidy(ペイディ)現金化でよくある質問

Paidyでは手数料はかかりますか?
Paidyでは支払い方法によって手数料が以下のように変わります。

口座振替 0円
銀行振込 振込手数料
コンビニ払い 365円
Paidyプラスにはアップデートをしたほうがいいのですか?
必須ではありませんが、効率よく現金化をするにはアップデートをおすすめします。
アップデートをすると限度額がわかりますし、より高額な現金化もできるようになります。
ただし審査があるため誰でも利用できるわけではないので注意してください。
Paidyの現金化は違法ではないのですか?
違法ではないので安心してください。
Paidyの現金化を禁止する法律や条例はありません。
ただしPaidyの利用規約では現金化は禁止されています。
現金化業者を利用するときには何が必要ですか?
運転免許証などの身分証明書と振込先の銀行口座が必要です。
なお、銀行口座は申込者本人名義のものでなければいけません。


iPhone即日現金化の方法!写真を送るだけで現金先払い!

iPhone即日現金化!買ってすぐ売るならどこがいい?先払いできるサイトを紹介

まとめ:Paidy(ペイディ)ならクレジットカードなしでも現金化が可能!現金化には現金化業者を利用しよう!

まとめ:Paidy(ペイディ)ならクレジットカードなしでも現金化が可能!現金化には現金化業者を利用しよう!
今回は後払いサービスである「Paidy(ペイディ)」を利用した現金化についてまとめてきました。

Paidy(ペイディ)はクレジットカードと同じように現金化業者などで現金に換えることが可能です。
電話番号とメールアドレスさえあれば利用できるため現金化に手間がかからず、どなたでも気軽に利用できます。

対応している業者が少ないため業者の選択肢は少ないですが、どの業者でも80%程度の換金率での現金化が可能です。

現金やクレジットカードが手元になくてお困りという方は、ぜひPaidy(ペイディ)での現金化も考えてみてください。