バンキット(BANKIT)なら現金化はできる?現金化の方法から注意点まで徹底解説

バンキット(BANKIT)なら現金化はできる?現金化の方法から注意点まで徹底解説

※PR

後払いチャージ機能があるプリペイドカード「バンキット」を利用すればクレジットカードを持っていなくも現金化ができます。

バンキットは発行に審査がなく、後払いチャージをする際の審査も緩いため金融ブラックの人でも利用できる可能性があります。

今回はそんなバンキットの現金化について

  • バンキットを現金化するメリット
  • バンキットの現金化の方法
  • おすすめの現金化業者
  • 現金化の注意点

を紹介していきます。

この記事でわかること

バンキットの現金化ならこの業者で!おすすめ現金化業者2選

バンキットの現金化ならこの業者で!おすすめ現金化業者2選
バンキットを好条件で現金化するためには、どの業者を選ぶかも非常に重要です。

ここからはバンキットを現金化するのにおすすめの業者を紹介していくので、業者選びでお困りの方はいずれかの業者を利用してみてください。

バンクレジット

バンクレジット
【公式URL】https://bancredit.biz/
住所 東京都千代田区神田佐久間町3-21-5
URL https://bancredit.biz/
営業時間 9:00~22:00
最高換金率 初回90%、2回目以降85%
最短振込時間 3分

バンクレジットはバンキットをはじめとした各種後払いアプリやクレジットカードで現金化ができる現金化業者です。

換金率の高さが特徴で、初回利用時は90%という業界トップクラスの条件での現金化が可能です。
また2回目以降も87%の換金率が保証されているので安心です。

営業時間も9時~22時と長く、年中無休で営業しているので休日に急にお金が必要になったという人も気軽に現金化ができるでしょう。


バンクレジット

バンクレジット現金化の口コミ・評判は?現金化の流れや換金率も徹底調査

ペイチェン

後払い現金化ペイチェン公式
【公式URL】https://paychan.net/
住所 東京都中央区銀座1-27-8
URL https://paychan.net/
営業時間 9:00~22:00
最高換金率 90%
最短振込時間 10分

ペイチェンは後払いアプリやクレジットカードで現金化が可能な業者で、バンキットでの支払いにも対応しています。

初回は90%、2回目以降も87%という高い換金率が特徴で、利用回数に関係なく安心して現金化を申し込めます。

また振込も最短10分で行ってくれるため忙しい人でも利用しやすく、営業時間も22時までと遅い時間でも即日振込みに期待できます。
ペイチェン側では審査が行われていないため、バンキットのおたすけチャージを利用できる人であればどなたでも現金化が可能ですよ。

ペイチェンを詳しく調査

ペイチェンのおすすめポイント!メリットから口コミまで暴露

バンキットなら現金化はできる!

バンキットなら現金化はできる!
結論から先に言ってしまうと、バンキットを利用すれば現金化はできます。

バンキットのおたすけチャージなら手元に現金がなくても後払いで残高のチャージができ、それを使って支払いをすれば問題なく現金化ができます。

おたすけチャージは審査はあるもののクレジットカードなどがなくても利用できるため、クレジットカードを持っていないという人でも現金化ができる可能性は十分にありますよ。


最新の後払いアプリでおすすめは?審査なし本人確認なしのコンビニで使える!

後払いアプリ現金化おすすめ人気ランキング2024最新版!2万円~審査なし

バンキットってどんなサービスなの?バンキットの基本情報

バンキットってどんなサービスなの?バンキットの基本情報
バンキットはアプリ型のプリペイドカードサービスです。

アプリをインストールして会員登録を行うだけでプリペイドカード機能を使うことができ、クレジットカードを持っていない人でも簡単にカードによる支払いができるのが特徴です。

買い物はもちろん、送金や現金の引き出しといった機能も搭載されており、さまざまな目的で利用することができるでしょう。

運営も信販会社として有名なアプラスが行っているため安全性も間違いなく、安心して利用できますよ。

バンキットのチャージ方法

バンキットには次の方法で残高をチャージできます。

  • セブン銀行ATM
  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • おたすけチャージ
  • おたすけチャージ+

このうち後払いでチャージができるおたすけチャージ・おたすけチャージ+の2つ以外はチャージを行う際に支払いが必要となります。

そのため手元に現金がなくて現金化をしたい場合は、おたすけチャージかおたすけチャージ+のいずれかでチャージを行うことになります。

なおセブン銀行ATMと銀行振込でチャージした残高はセブン銀行ATMから引き出すことも可能です。

バンキットのおたすけチャージ・おたすけチャージ+について

バンキットには後払いで残高をチャージできるおたすけチャージ・おたすけチャージ+という支払い方法もあります。

手元に現金がない状態で現金化をしたい場合はこの2つの方法のいずれかを利用する必要があります。

おたすけチャージとおたすけチャージ+では利用可能金額や手数料に次のような違いがあります。

カードの種類 おたすけチャージ おたすけチャージ+(ショッピング) おたすけチャージ+(分割払い) おたすけチャージ+(キャッシング)
初期の最大利用可能枠 3,000円 50万円 50万円 10万円
手数料 300円 なし 分割払手数料率10.76%~13.27% 貸付利率18.00%
残高の引き出し 不可 不可 不可 可能

おたすけチャージ+には3種類の支払い方法があり、キャッシングで残高をATMから引き出すことも可能です。
ですがその分クレジットカードなどと同じように厳しい審査が行われています。

バンキットのおたすけチャージ・おたすけチャージ+の審査について

バンキットのおたすけチャージとおたすけチャージ+では、どちらも審査が行われており、それに通過できなければ利用できません。

ですがそれぞれ審査が行われるタイミングが違います。

おたすけチャージではチャージの申請を行うたびに審査が行われます。
チャージメニューから「おたすけチャージ」を選び、希望入金額と精算日を選べば審査に進み、審査に通過できれば入金が行われます。

対しておたすけチャージ+は利用前に審査が行われ、そこで利用可能額なども決定されます。
利用したい場合は会員登録後に申し込みを行ってください。

おたすけチャージの精算について

バンキットでおたすけチャージ及びおたすけチャージ+を利用した場合の支払日は以下のとおりです。

カードの種類 おたすけチャージ おたすけチャージ+
支払日 チャージ翌日~翌月末までで利用者が指定した日 毎月27日
支払い方法 メインWalletのチャージ残高から 指定口座からの引き落とし

おたすけチャージを利用した場合は好きな日に支払いができますが、おたすけチャージ+の場合は支払日は決まっています。

またおたすけチャージを利用した場合、支払いは期日までにバンキットのメインWalletに支払金額をチャージして置かなければいけません。
後払いチャージが可能なアプリではコンビニ払いなどが利用できることも多いですが、バンキットでは自分でチャージをする必要があるので覚えておきましょう。


先払い買取による現金化のおすすめ優良店を紹介!換金率が高いアプリサービス

先払い買取による現金化の最新おすすめ優良店を紹介!買取率が高いアプリサービス

バンキットを使って現金化をする5つのメリット

バンキットを使って現金化をする5つのメリット
現金化といえばクレジットカードをイメージする人もいるでしょうが、バンキットを利用して現金化をしているという人も少なくありません。

これは、バンキットを利用して現金化をすると次のようなメリットが有るためです。

  • 審査が緩いのでカードを持っていない人でも現金化が可能
  • 支払い日が遅い
  • 手数料が安い
  • 高額な現金化も可能
  • 実店舗でも使える

審査が緩くクレジットカードを持っていない人でも利用できる

バンキットのおたすけチャージはチャージの際に審査は行われるものの、クレジットカードなどのように信用情報を厳しくチェックされているわけではありません。
そのためクレジットカードの審査に落ちてしまったという人でも利用できる可能性は十分にあります。

ただしおたすけチャージ+の場合はキャッシング機能があり利用限度額も高く設定されていることから、信用情報も厳しくチェックされています。

そのため審査に通るかが不安という人は、おたすけチャージの方を利用するのがおすすめです。

支払い期日に余裕がある

バンキットのおたすけチャージは支払日をチャージ日の翌日から翌月末までの中から好きな日を選ぶことができます。
そのため給料日など支払いをしやすいタイミングを指定することで、より無理なく支払いを行うことが可能です。

支払い期限が2週間後など短いとそれまでに現金を調達するのが厳しくなることもありますが、バンキットであれば少なくとも1ヶ月以上先に支払日を設定できるため、後払い分のお金も調達しやすいでしょう。

手数料が安い

後払いによるチャージができるプリペイドカード型のアプリはバンキット以外にもありますが、バンキットは数あるアプリの中でも手数料が安く設定されています。

中にはチャージ金額によっては1,000円以上の手数料がかかるものもありますが、バンキットのおたすけチャージなら1回300円、おたすけチャージ+であれば無料です。

手数料が高いと負担が増えてしまい、何度も利用しているとそれなりに大きな出費になる恐れがありますが、バンキットであればそのような心配もありませんよ。

おたすけチャージ+なら高額な現金化が可能

プリペイドカードアプリの後払い機能では数万円程度までしか利用できないことが多いです。

ですがバンキットのおたすけチャージ+なら、最大50万円ものチャージが可能です。

もちろんこれはあくまで後払いでチャージをしているだけなので無理なく支払いができる範囲内で利用しなければいけませんが、高額な現金化ができるのは大きなメリットと言えます。

分割払いにも対応しているため、無理のない範囲で支払いもできますよ。

リアルカードで実店舗での買い物も可能

バンキットはアプリ型のプリペイドカードですが、利用者が申請をすればリアルカードも発行してもらえます。

リアルカードがあれば実店舗でも使えるため、使い道がより広がり、現金化をする場合でも実店舗で購入した商品を買取ショップなどで買い取ってもらえるようになります。

リアルカードの発行には550円の手数料がかかりますが、クレジットカードをお持ちでないという方には大きな魅力だと言えるでしょう。


iPhone即日現金化の方法!写真を送るだけで現金先払い!

iPhone即日現金化!買ってすぐ売るならどこがいい?先払いできるサイトを紹介

どうやって現金化をすればいいの?バンキットの現金化方法について

どうやって現金化をすればいいの?バンキットの現金化方法について
バンキットは次の4つの方法で現金化をすることが可能です。

  • 現金化業者を利用する
  • ギフト券を購入してギフト券買取サイトで買い取ってもらう
  • 換金性の高い商品を購入して買取ショップに持ち込む
  • キャッシング機能で出金する

それぞれメリットやデメリットが違うため、自分に合った方法で現金化をすることをおすすめします。

現金化業者を利用する

現金化といえば一番にイメージする人も多いであろう方法が現金化業者です。

現金化業者といえばクレジットカードが利用できると考える人も多いでしょうが、実は一部の現金化業者ではバンキットをはじめとした後払いアプリも利用できます。

バンキットだからといって手続きが複雑ということも一切なく、クレジットカードを使った時と同じ流れで現金化ができますよ。

現金化業者を利用するメリット

現金化業者でバンキットを現金化すると次のようなメリットがあります。

  • 高買取率での現金化に期待できる
  • 即日で振込をしてもらえる
  • 大手業者なら安全性が高い

現金化業者はネット上でサービスを行っており、店舗がありません。
そのため店舗の運営費や人件費などを削減でき、その分を換金率に反映してくれていることが多いです。
そのため換金率が高くなる傾向があります。

また営業時間内に申し込みをすれば即日で振込をしてくれることも多く、大手業者なら安全な現金化の手法を確立しているので安心ですよ。

現金化業者を利用するデメリット

現金化業者でバンキットを現金化すると次のようなデメリットもあります。

  • 対応していない業者も多い
  • 悪質な業者もある

現金化業者はクレジットカードでの支払いにのみ対応していることも多いため、バンキットでは支払いができないことも少なくありません。

また多くの業者は安全な営業を行っていますが、一部悪質な業者もあるので安全な業者かどうかを見極める必要もあります。

ギフト券を購入して買い取ってもらう

バンキットはさまざまなネットショップでの支払いに使えるため、バンキットでギフト券を購入してそれをギフト券買取サイトに買い取ってもらうという方法もあります。

例えばAmazonのサイトではAmazonギフト券を、通販サイトであるKiigoでならiTunes/Appleギフトカードを購入することが可能です。

特にAmazonギフト券やiTunes/Appleギフトカード、Google Playギフトカードは買い取ってくれるサイトも多いですよ。

ギフト券買取サイトを利用するメリット

バンキットをギフト券買取サイトで現金化すると次のようなメリットがあります。

  • 買取率が安定している
  • 24時間営業の業者も多い
  • 高額なギフト券なら買取率が優遇される

Amazonギフト券やiTunes/Appleギフトカードは需要が高いため、買取率が高い状態で安定しています。
そのためいつ現金化を申し込んでも高額買取に期待できます。
また24時間営業の業者も多いため、時間を気にせずに現金化ができるでしょう。

多くのギフト券買取サイトでは額面が大きいほど買取率が高くなるため、高額な現金化をしたいという人にもおすすめですよ。

ギフト券買取サイトを利用するデメリット

ギフト券買取サイトでバンキットを現金化すると、次のようなデメリットがあります。

  • ギフト券側の利用規約違反となる
  • マイナーなギフト券は買取率が低い

ギフト券を発行している会社では、利用規約でギフト券の換金を禁止していることが多いです。
例えばAmazonギフト券を発行するAmazonではAmazonギフト券の換金を禁止しており、違反するとアカウントの停止などの措置が取られます。

またギフト券はたくさんありますが、需要が高いAmazonギフト券やiTunes/Appleギフトカードなど以外は買取率が低くなる可能性があるので注意してください。

換金性の高いものを買取ショップに買い取ってもらう

バンキットはさまざまなネットショップで使えます。
そのためネットショップで換金性の高い商品を購入し、それを買取ショップなどに持ち込むことでも現金化は可能です。

またリアルカードも発行できるため、そちらを使えば実店舗で商品を購入して現金化をすることもできますよ。

買取ショップを利用するメリット

買取ショップでバンキットを現金化すると次のようなメリットがあります。

  • 安く購入できれば換金率を高められる
  • 手続きを目の前でしてもらえる

買取ショップでは同じ商品であれば基本的には買取金額は変わりません。
そのため商品を安く購入できれば、その分換金率を高くすることが可能です。

また実店舗で買取をしてもらえるため、手続きを目の前でしてもらえます。
不安なことはその場ですぐに質問できますし、不正なども行われていないかを確認できますよ。

買取ショップを利用するデメリット

買取ショップでバンキットを現金化すると次のようなデメリットもあります。

  • 営業時間が短い
  • 買取価格の変動が激しい
  • 換金性の高い商品は現金化がバレやすい

買取ショップを利用するには営業時間内に店舗に行かなければいけません。
ですがネット上のサービスに比べて営業時間が短いため注意が必要です。

買取価格の変動が激しく、買取率の計算をしにくいというデメリットもあります。

また換金性の高い商品の購入はバンキット側も現金化を警戒してしまうため、現金化がバレるリスクも高くなるので注意しましょう。

キャッシング機能を使う(おたすけチャージ+のみ)

バンキットのおたすけチャージ+ではキャッシング機能がついているため、セブン銀行ATMを利用すればキャッシングの残高を出金することが可能です。

本来バンキットを現金化するためには現金化業者などを利用しなければいけませんが、キャッシング機能を使えばセブンイレブンなどで特別な手続きなしに直ぐに現金を調達できます。

ただしキャッシング機能はおたすけチャージの方にはついてないため、おたすけチャージ+の審査に通過できる人でなければ利用できない方法でもあります。

また高額な現金化ができる分、支払いを滞納してしまうリスクもあります。
現金を引き出すような感覚で使えてしまうため、使い過ぎには注意しましょう。

おすすめなのは現金化業者!

現金化の方法に特にこだわりがないのであれば、現金化業者を利用することをおすすめします。

現金化業者は他の方法に比べて換金率が安定して高く、好条件での現金化に期待できます。

またギフト券や換金性の高い商品はバンキット側も現金化目的だと疑いやすく、利用停止等のリスクも高くなってしまいます。

そのため現金化業者を利用してバンキットを現金化するといいですよ。


後払い(ツケ払い)で現金化する方法

後払い現金化(ツケ払い)業者の最新おすすめは?審査なし・即日対応あり!

現金化業者でバンキットを換金してみよう!現金化までの流れ

現金化業者でバンキットを換金してみよう!現金化までの流れ
バンキットを現金化業者で現金化してみたいという人の中には、「現金化業者を利用したことがない」「バンキットを使い始めたばかり」という人もいることでしょう。

そこでここからは、バンキットのインストールから現金化業者で現金化をするまでの流れを紹介していきます。

STEP.1
バンキットのアプリをインストールする
バンキットを利用するにはアプリが必要です。

アプリはAndroid版とiOS版がそれぞれ配信されているため、お使いのスマートフォンに合わせてアプリをインストールしてください。

なおバンキットはスマートフォンでのみ利用できるサービスで、タブレットでは使えないので注意してください。

STEP.2
会員登録・本人確認を行う
アプリのインストールが完了したら会員登録を行います。

バンキットではメールアドレスと電話番号を登録するだけでバーチャルカードが発行されるため、簡単な手続きで会員登録を行えます。

会員登録が終わったら本人確認を行います。

本人確認には

  • 本人情報の入力
  • 身分証明書の写真の提出
  • 自分の顔の写真(セルフィー写真)の提出

が必要です。

STEP.3
リアルカードを発行する(実店舗を利用したい場合のみ)
実店舗でバンキットを利用したい場合はリアルカードが必要です。

リアルカードはアプリから申し込みができるため、実店舗でバンキットで支払いをしたい場合は手続きを行ってください。

STEP.4
おたすけチャージで残高をチャージする
会員登録などが終わって使える状態になったら、おたすけチャージを利用してチャージを行いましょう。

なおおたすけチャージ+を利用したい場合はチャージを行う前に申し込みを行い、審査を受ける必要があります。

STEP.5
バンキットでの支払いに対応した現金化業者に申し込む
残高のチャージが完了したら、バンキットでの支払いに対応した現金化業者を探して申し込みを行います。

申し込みは現金化業者の公式サイトから行えるため、必要な情報を正確に入力して申し込みを行ってください。

なお初めて利用する業者では本人確認のために身分証明書の提出も必要です。

STEP.6
商品を購入する
申し込みが完了すると業者側から連絡が入り、換金率や手続きの説明及び本人確認が行われます。

オンラインショップを指定されるので、そこでバンキットで支払いをして商品を購入してください。

STEP.7
現金が振り込まれる
商品の購入が現金化業者側で確認出来次第、申し込み時に指定した口座に現金が振り込まれます。

なお申し込みの時間や振込先の銀行によっては振込が翌日以降になる可能性もあります。

STEP.8
支払いを行う
最後にチャージ方法ごとに決められた支払期日までに支払いを行えばすべての手続きが完了します。

なおおたすけチャージの場合は事前にバンキットのアカウントにチャージをしておく必要があるので注意してください。

バンキットを現金化した人の口コミ・評判

バンキットを現金化した人の口コミ・評判

バンキットは審査が厳しいと聞いていましたが、無事におたすけチャージ+を利用できました。
利用可能額がかなり大きくて、十万円単位の現金化もできたのでかなり助かりました。
これだけ高額な現金化ができる後払いアプリはバンキット以外にないと思うので、お金が必要な人にはぜひ利用してもらいたいですね。

バンキットは審査が緩くてリアルカードも発行できるので便利なアプリですね。
自分は現金化目的で使用していますが、利用できるサイトも少なくないので気軽に現金化ができました。
支払いも翌月末まででいいので、少額の現金かをしたい人にはおすすめのアプリですよ。

バンキットで現金化をしようと思ったのですが、おたすけチャージ+の審査に通過できませんでした。
おたすけチャージであれば利用できたのですが、数千円の現金化しかできませんでした。
金融ブラックの人でも利用できるとは思いますが、高額な現金化をするのは難しいと思うので注意したほうがいいと思います。

バンキットの現金化には注意点・デメリットも・・・

バンキットの現金化には注意点・デメリットも
バンキットはおたすけチャージを利用すれば現金化ができるため、現金化目的で利用しているという人もいます。

ですがバンキットで現金化をするときには次のようなデメリットや注意点もあります。

  • 時間がかかる
  • 審査がある
  • 支払いには事前のチャージが必要
  • 高額な現金化は難しい
  • 使い過ぎのリスク

それも踏まえた上で自己責任で現金化を行ってください。

現金化に時間がかかる

バンキットでは申込後に本人確認を行っています。
そのため会員登録をしてバーチャルカードが発行されてもすぐに使い始められるわけではなく、すぐに現金化をしたいという人にはあまり向いていません。

またおたすけチャージ+は信用情報の確認なども行われる厳しい審査があるため、より時間がかかります。

今までにバンキットを利用したことがあるのであればすぐに使い始められますが、初めて利用するという人は時間がかかるので注意してください。

リアルカードの発行には数日かかる

バンキットではリアルカードを発行すれば実店舗でも使えます。

ですがリアルカードは申込後に自宅に郵送されてくるため、申込みから受け取りまで数日かかります。

リアルカードを使って現金化をしたいという人は注意してください。

おたすけチャージ・おたすけチャージ+には審査がある

バンキットのおたすけチャージ・おたすけチャージ+には審査があります。

おたすけチャージは審査が緩く金融ブラックでも利用できる可能性はありますが、それでも絶対に利用できるというわけではありません。
過去にバンキットで滞納をしていたり、現在借金などを滞納しているような場合には審査に落ちる可能性があります。

また、おたすけチャージ+ではクレジットカードなどと同じような審査が行われているので、その点も覚えておきましょう。

おたすけチャージの支払いが複雑

バンキットのおたすけチャージではコンビニなどで直接支払いをすることができず、一度バンキットにチャージをして、そこから支払いを行わなければいけません。

普段からバンキットにチャージをしている人であれば問題はないでしょうが、初めて使うという人は使い方をよく確認しておきましょう。

おたすけチャージでは高額な現金化ができない

バンキットのおたすけチャージでは1回につき3,000円か6,000円のチャージしかできません。
そのため高額な現金化をしたい場合は他のアプリを利用するか、審査を受けておたすけチャージ+を利用する必要があります。

特に金融ブラックなどでクレジットカードが発行できない人の場合、おたすけチャージ+の審査に通過できない可能性が高いので注意してください。

おたすけチャージ+には使いすぎのリスクがある

おたすけチャージ+は最高50万円まで支払いができるため、高額な現金化も可能です。

ですがおたすけチャージ+の利用代金は一括か分割で支払わなければいけないため、使いすぎてしまうと支払いが厳しくなり、滞納してしまうリスクが高くなるので注意が必要です。

バンキットはプリペイドカードですがおたすけチャージ+はクレジットカードと同じようなものなので、使い過ぎないように常に気をつけておきましょう。

バンキットの現金化でよくある質問

バンキットの現金化でよくある質問

おたすけチャージの利用額を増やすにはどうすればいいですか?
おたすけチャージの利用額は利用実績に応じて変動します。
そのため何度もバンキットやおたすけチャージを利用していると6,000円まで利用できるようになるでしょう。
本人確認は必須ですか?
おたすけチャージ・おたすけチャージ+を利用する場合は審査を行う前に本人確認が必須です。
運転免許証などの公的な身分証を準備しておきましょう。
バンキットの現金化は違法ではないのですか?
バンキットの現金化は合法です。
ですがバンキットの利用規約では現金化は禁止されているため、バンキット側にバレるとアカウントの停止などの措置が取られる可能性はあります。
バンキットのリアルカードはどこのお店で使えますか?
全国のVISA加盟店で使用できます。
クレジットカードの取扱があるお店なら使用できる可能性が高いので、現金化目的の買い物もしやすいですよ。


後払い(ツケ払い)で現金化する方法

後払い現金化(ツケ払い)業者の最新おすすめは?審査なし・即日対応あり!

まとめ:バンキットのおたすけチャージを使えば現金化できる!

まとめ:バンキットのおたすけチャージを使えば現金化できる!
今回はバンキットの現金化について紹介してきました。

バンキットにはおたすけチャージという後払いチャージ機能があり、これを使えば手元に現金やクレジットカードがなくても残高をチャージでき、現金化ができます。

審査はあるもののクレジットカードなどに比べて基準が緩く、今まで現金化を諦めていた人でも利用できる可能性は十分にあります。

また高額な現金が必要な場合は、おたすけチャージ+を利用すれば十万円以上の現金化も可能です。

急に現金が必要になったけれどもクレジットカードをお持ちでないという方は、ぜひバンキットを使って現金化をしてみてください。