バンドルカードを現金化する最新の方法

バンドルカードを現金化する最新の方法

手元に現金を用意しなければならない時の現金調達法としてはクレジットカード現金化の方法が有名ですが、属性などの問題で持てない人もいますし、紛失や他人による不正利用などのリスクを嫌ってクレジット機能付きのカードを持ちたくない人もいます。

こうした人たちにお勧めなのが「バンドルカード」で、いざという時には同じように現金化することも可能です。

バンドルカードは誰でも利用でき制限が少ないためとても人気で、多くの人に利用されています。

本章ではバンドルカードを現金化する最新の方法について解説していきますので、ぜひ参考になさってください。

クレジットカード現金化するなら業者がおすすめ
プライムウォレット
\初回限定換金率100%/
無料見積もりはコチラ

バンドルカードの性質

バンドルカードの性質
バンドルカードはクレジットカードではなく、プリペイドカードの種に属します。

プリペイドですからカードにお金をチャージしたうえで買い物などに使用します。

仮に他人の不正利用などの被害にあったとしても、損失はチャージした額に限定されるのでクレジット機能を嫌う人も安心感があります。

しかもVISAブランドですので、クレジットカードしか使えないお店でも買い物をすることができます。

バンドルカードは発行するのに審査が不要で、かつ年齢制限もないので基本的に誰でも利用できます。

また後払いによるチャージが書類審査不要で簡単にできることもあり、使い勝手の良いカードとして大人気なのです。

バンドルカードには種類がある

バンドルカードには種類がある
バンドルカードは3種類あり、利用の仕方や機能に違いが出ます。

大きく、スマホアプリで利用するバーチャルカードと、通常のカードとして発行するリアルカードがあります。

チャージ限度額が増えるなど機能性をアップさせたリアルカード+(プラス)というタイプもあるので、これらの機能を表にしてまとめてみましょう。

バーチャル リアル リアル+
発行方法 アプリをインストールしアカウント登録 アプリから発行手続きをとる アプリから発行手続きをとる。本人確認が必要
発行にかかる時間 即時 郵送に1週間~2週間程度 郵送に1週間~2週間程度
有効期限 5年
発行手数料 無料 300円または400円 600円または700円
年会費 無料
口座維持費 無料
1回あたりのチャージ上限額 3万円 3万円 10万円
月間のチャージ上限額 12万円 12万円 200万円

カードの種類ごとに以上のような仕様・スペックになりますが、リアルカードは発行に手数料がかかる他、郵送で届くまでに時間がかかるので現金化を考えた時にはお勧めできません。

発行手数料がかからず、アプリインストールで即時利用可能なバーチャルタイプがお勧めです。

クレジットカード現金化するなら業者がおすすめ
プライムウォレット
\初回限定換金率100%/
無料見積もりはコチラ

バンドルカードのチャージ方法

バンドルカードのチャージ方法
チャージ方法は先払いと後払いでいくつかの方法が用意されています。

先払いは以下のような方法があります。

  • コンビニ払い
  • ネット銀行
  • ビットコイン

後払いには以下の方法があります。

  • クレジットカード払い
  • ドコモ払い
  • ポチっとチャージ

現金がない人の資金調達を考えた時には、先払いのビットコインや後払いによるチャージが考えられますが、注目したいのは「ポチっとチャージ」です。

仮想通貨やクレジットカードの残高、携帯電話の合算決済などを使わなくても、簡単に一定額をチャージすることができるサービスですのでぜひ押さえておきましょう。

この機能を使えば、保証人の用意など面倒な手続きなしで、文字通りぽちっとボタンを押すだけで簡単にチャージできます。

ポチっとチャージの上限額はバンドルカード本体のチャージ上限値とは別枠で設定されています。

1000円単位で利用でき、チャージ上限は3000円~5万円で人によって異なります。

基本的には利用歴が浅い人は少ない額から始まり、利用歴が増え信用が積まれるほど上限額が増えていきます。

上限額を積極的に増やしたい場合、ポチっとチャージを繰り返し利用したり、リアルカードを発行するなどの方法が有効です。

ポチっとチャージは後払いですので後日の精算が必要ですが、最大二ヶ月の猶予期間があるのでこの点も好印象です。

精算は当月末締めで翌月末の一括払いとなるので、月の初めに利用すれば翌月末まで最大二ヶ月となります。

デメリットとして、ポチっとチャージは以下のように利用金額に応じて手数料がかかります。

申込み金額 手数料
3,000円 〜 10,000円 510円
11,000円 〜 20,000円 815円
21,000円 ~ 30,000円 1,170円
31,000円 ~ 40,000円 1,525円
41,000円 ~ 50,000円 1,830円

現金化をする場合はロスになりますが、必要経費と考えましょう。

クレジットカード現金化するなら業者がおすすめ
プライムウォレット
\初回限定換金率100%/
無料見積もりはコチラ

バンドルカード現金化の手順

バンドルカード現金化の手順
それではバンドルカードを使った現金化の具体的な手順を見ていきましょう。

ここではバーチャルタイプを使ってポチっとチャージを用いる方法を見ていきます。

アプリのダウンロード

Androidスマホの人はGoogle playから、iPhoneを使用している人はApple Storeから、バンドルカードのアプリをダウンロードします。

アカウントの作成

続いてアカウントを作成します。

ユーザーIDやパス、生年月日、性別、電話番号など入力していき、最後に登録した電話番号でSMS認証を行います。

認証が済めばカードの発行が許可されるので、「バンドルカードを発行する」をタップすれば完了です。

ポチっとチャージ

アプリから「ポチっとの申し込みへ」をタップして説明画面を進むと、再度利用者確認の画面に進みます。

氏名や電話番号等を入力して、SMS認証の手続きをとります。

認証後、希望するチャージ額の入力画面に移るので、限度額の範囲で任意の金額を入力します。

「この内容で申し込む」ボタンをタップすれば残高チャージは完了です。

この残高を現金に変えるわけですが、現金化業者を使う方法と自分で行う方法の二通りが考えられます。

以下で順に見ていきます。

現金化業者を使って現金化する場合

バンドルカードに対応する現金化業者は多くありませんが、VISAブランドに対応する現金化業者の一部は対応可能です。

例えば「タスカル」という業者はバンドルカード現金化が可能ですので、こちらに相談することもできます。
※タスカル
https://tascalu.com/

商品転売方式をとる現金化業者ですが、メールでやりとりするので現物商品が自宅に送られてくることはありません。

手数料等の負担がなく、純粋な換金率で最低80%の保証がついています。

他社では各種手数料等でなんだかんだとロスが生じ、正味の換金率が80%を下回ることもザラですが、こちらの業者は正味の儲けを示して最低額を保証しているので安心です。

自分で現金化する場合

現金化業者を使わずに自分で行う場合は、バンドルカードでAmazonのギフト券を購入し、買取店に売却します。

Amazonにログインし、Eメールタイプのギフト券を購入しましょう。

これをアマプライムや買取デラックス、ギフトグレースなどの買取店に売却することで現金化できます。

クレジットカード現金化するなら業者がおすすめ
プライムウォレット
\初回限定換金率100%/
無料見積もりはコチラ

バンドルカード現金化に違法性はある?

バンドルカード現金化に違法性はある?
バンドルカードの残高を現金化する行為に違法性あるかどうか心配な方もいらっしゃると思います。

結論から言えば違法性は全くないので法令違反を指摘される心配は要りません。

もちろん逮捕されることもありませんし、実際そういった事案は一つも確認されていません。

一方で、規約違反になる可能性はあります。

まずポイントの一つとしては、バンドルカード自体の規約には現金化を禁止する条項がありません。

すでにチャージされた残高をどう使おうが、問題視しないということでしょう。

ただし、後払いのポチっとチャージを利用する場合は別です。

ポチっとチャージはバンドルカードと提携しているGardia株式会社が提供するサービスです。

こちらの利用規約には現金化を禁止する条項が定められているので、こちらの規約違反ということになります。

またドコモ払いなどを利用してチャージする場合は、現金化することでドコモの規約違反になる可能性はあるでしょう。

厳密に追及されることはないでしょうが、利用規約に抵触する行為であることは認識しておきましょう。

▼現金化の違法性について詳しく解説しています。
クレジットカード現金化は違法なの?リスクはあるが違法ではない? クレジットカード現金化は違法なの?リスクはあるが違法ではないの?解説します!

未成年者の場合は単独で現金化はできない

未成年者の場合は単独で現金化はできない
利用勝手が良いバンドルカードですが、もしあなたが未成年者の場合は単独で現金化することはできません。

この点、バンドルカードの利用そのものと残高の現金化とを切り離して考える必要があります。

まず、バンドルカードの利用自体は年齢制限がないので誰でも利用することができます。

ただし、カード発行の際に未成年者は親の承諾を求められます。

バーチャルカードの場合、アプリ上の手続きの際に「保護者の承諾を得ています」にチェックを入れれば実質的に親に承諾を得ていなくとも発行はできてしまいますが、親に無断で進める行為はお勧めできません。

通常、未成年者が親に無断で行った契約などは後から取り消すことも可能ですが、取引相手をだまして年齢を偽ったような場合は法律による保護を受けることができなくなります。

民法21条に定めがあり、積極的に相手をだました場合は騙された相手の方を保護するため、契約の取り消しができなくなります。

そして仮に残高をチャージしたとしても、これを現金化する際にストップがかかります。

現金化業者を利用する場合も、またギフトコードを買取店に売却する場合も、必ず本人確認を求められます。

身分証の提示を求められ、未成年の場合は親の承諾を求められます。

仮に親の承諾書を作成するとしても、業者側で取引を拒否される可能性が高いです。

その承諾書がもしかしたら偽造されたものかもしれませんし、業者にとってはリスクのある取引となるので、無条件で未成年者とは取引をしない所が多いです。

これらの事情から、未成年者の場合はバンドルカードの通常利用はできても、単独で現金化することはできないと思ってください。

まとめ

本章ではバンドルカードを現金化する最新の方法について見てきました。

バンドルカードは種類がありますが、バーチャルタイプは審査不要で年齢制限もなく、発行手数料も無料で使い勝手が良いので大変お勧めです。

チャージの方法もいくつかの手段が用意されているので、都合の良い方法を選べます。

チャージする原資がなくても、後払いのポチっとチャージを利用すればすぐに残高を作れます。

未成年者でなければ現金化業者を利用したりギフトコードを転売するなどして簡単に現金化できますので、手元にお金が必要なシーンで検討してみましょう。

▼nanacoの残高を現金化する方法を詳しく解説中!
nanaco(ナナコ)を現金化するおすすめの方法 nanaco(ナナコ)を現金化するおすすめの方法

クレジットカード現金化するなら業者がおすすめ
プライムウォレット
\初回限定換金率100%/
無料見積もりはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です