クレジットカード現金化で分割払いを利用するメリットとデメリットを解説

クレジットカード現金化で分割払いを利用するメリットとデメリット

クレジットカード現金化はショッピング枠を全て利用できますが、その場合は翌月の支払いが高額になるケースもあります。

そんなときは支払い額を少なくできる分割払いで現金化するのがおすすめです。

そこで今回は分割払いでクレジットカード現金化する方法やメリット・デメリットを解説しましょう。

クレジットカード現金化の一括払いと分割払いの違い

クレジットカード現金化の一括払いと分割払いの違い
クレジットカード現金化では支払いに一括払いと分割払いが利用できます。それぞれメリットとデメリットをが異なるため、特徴をよく把握しておかないと後悔することもあるでしょう。ここで代表的なメリット・デメリットを確認してください。

一括払いのメリットとデメリット

一括払いのメリットはルールが単純明快で誰も戸惑うことなく利用できることです。
現金化業者に請求された支払い額を現金やクレジットカードなどで一括払いするだけです。
詐欺的な行為が挿入する余裕が無いため安全性が高く安心して利用できる点も大きなメリットです。

また、手数料が発生しないため、お得に現金化できます。支払いが遅れて罰則金を払うことになる危険性もありません。

デメリットは翌月の支払いが高額になる点です。現金化に30万円のショッピング枠を利用したなら、翌月の支払い額は30万円になります。

分割払いのメリットとデメリット

分割払いのメリットは月々の支払い額が少なくなることです。分割回数によっては10万円を現金化したケースでも毎月の支払い額が5,000円以下になることもあります。

月々1万円以下の支払いであれば生活に大きなインパクトを与えずに済むため安心です。高額な現金化もためらわず依頼できます。事業者の方はとくに利用額が大きくなる傾向があるため、分割払いは大いに活躍してくれます。

デメリットは金利手数料です。分割払いを選ぶと12%~18%程度の金利がかかるため、総支払額が一括払いよりも高くなります。お得感を重視する人には抵抗のある支払い方法でしょう。

後払い(ツケ払い)で現金化する方法 後払い(ツケ払い)で現金化する方法!

クレジットカード現金化の分割払いで返済する方法

クレジットカード現金化の分割払いで返済する方法
クレジットカード現金化で分割払いを利用する方法はいくつかあります。やり方によって分割払いを依頼する企業が変わるため、しっかり把握しておきましょう。トラブルが起きた際の問い合わせ先が分かります。

①商品購入時に「分割払い」でクレジットカード現金化をする

現金化では業者が指定した商品を購入しますが、この際に分割払いをお願いできます。この方法のメリットは商品購入時に分割払いをお願いするために確実に分割払いを指定できるところです。業者によっては申し込みの時点で分割払いを指定できるところもあります。ケアレスミスで分割払いをし忘れることが無いので安心です。

現金化業者で商品購入時に分割払いをお願いする場合の流れを確認しましょう。

STEP.1
申込
クレジットカード現金化業者に現金化を申し込む
STEP.2
購入
商品購入時に支払い方法に分割払いをお願いしたい旨をスタッフに伝える
STEP.3
支払
商品をカードで購入
STEP.4
確認
カードの会員サイトで支払いが分割払いになっていることを確認する
STEP.5
入金
業者からの入金を確認する

現金化業者を利用しない場合は、現金化に使う商材をカードの分割払いで購入して売却するだけです。

分割払いができないお店もあるので注意

最初から分割払いで支払う場合に注意したいのがお店のカード対応です。クレジットカードが利用できる店舗でも分割払いができない所は意外と多いです。とくに他店よりも安いお店はクレジットカードの手数料を嫌っているところが多いため、分割払いに応じてくれないケースが目立ちます。

現金化業者を利用する場合も同様に分割払いに応じてくれないところがあります。分割払いを利用する場合は事前に対応してくれるか確認しておきましょう。

②商品購入後に「分割払い」でクレジットカード現金化をする

お店や業者がクレジットカードの分割払いに対応していない場合に便利なのが、商品購入後に支払い方法を分割払いに変更するやり方です。

クレジットカードの多くが商品を購入した後に支払い回数を変更できます。指定できる支払い回数はカード会社ごとに異なりますが一般的に2回~36回です。選べる支払い回数は決まっているため自由に回数を指定できない点に注意してください。

後から分割払いを利用する上で気になるのが、いつまで分割払いを申し込めるのかについてです。
分割払いの申請には期限があり、それを過ぎると一括払いを利用するしかありません。

一般的に、クレジットカードの分割払いの申し込み期限は支払いに利用する銀行口座によって異なります。後で分割払いに変更する場合は念のため口座のある銀行に申し込み期限について問い合わせてください。

「後から分割払い」を設定する方法

後から分割払いに変更する場合の手順を紹介しましょう。クレジットカードを持っている方でも利用したことが少ないサービスですから流れを把握しておくとスムーズに手続きできます。

STEP.1
購入
カードで商品を購入する
STEP.2
変更
カード会社の会員サイトで購入した商品の支払い方法を分割払いに変更する
STEP.3
現金化
購入した品物を売却して現金化

後から分割払いに変更する場合は、どこで商品を購入しても手順は一緒です。カードで商品の代金を支払った後に会員サイトで支払い方法を分割払いに変えるだけで済みます。1度経験すれば2度目以降は手続きに3分かからないでしょう。

分割払いと一括払いは支金利が変わります

分割払いと一括払いは支金利が変わります
分割払いを利用する上で重要な問題のひとつが金利です。クレジットカードで3回以上の分割払いを利用すると分割手数料が発生します。分割手数料とは未払い分にかかる利息のことで、金利によって利息額が決まります。分割払いと一括払いの金利が、それぞれどうなっているか確認して損をしないように注意してください。

分割払いにかかる手数料

クレジットカードの分割払いを利用した場合の金利はカードによって大きく異なり12%~18%ほどです。一般的にグレードの低いエントリーカードのほうが金利は高くなります。多くの方が利用しているカードの金利は15%以上に設定されています。
分割払いを利用した場合、現金化に利用した金額のうち未払い分に金利かかります。未払い分が5万円なら、その月の利息は625円ほどになるでしょう。このように分割払いを利用すると毎月利息分だけ多く支払うことになります。

現金化にかかる手数料

クレジットカード現金化には分割手数料以外にも現金化自体にも手数料が発生します。

ネットなどの現金化業者を利用した場合は選んだ業者によって様々な手数料を請求されるでしょう。業者がよく請求する手数料は銀行の振込手数料です。業者と同じ銀行の口座であっても500円ほどの手数料を請求されます。

なかには手数料を一切とらないことを明言している業者もいます。手数料は少額ですが何度も現金化していると金額はかさんでいきます。できれば手数料が無い業者を利用しましょう。

悪質な業者は振込手数料以外にも事務手数料など一般的でない手数料を請求してきます。
そういった業者は手続きの途中でも申し込みをキャンセルして2度と利用しないようにするのが賢明です。

クレジットカード現金化業者を利用した『分割払い』がおすすめ

現金化の支払いに分割払いを選ぶと大口利用も余裕でできるようになります。

しかし現金化には換金性の高い商品を利用するため、個人で頻繁に高額な換金目的の商品を購入しているとカード会社から現金化を疑われます。その場合、電話で問い合わせを受けて厳しく追及されるケースもあります。

カード会社からの疑いを回避するには個人で現金化する代わりに専門のクレジットカード現金化業者を利用しましょう。

現金化業者は取引内容をカード停止の可能性が低いものに修正したうえで、海外で取引したように見せてくれるので現金化を疑われるリスクを抑えられます。

また、業者によっては最初から分割払いに対応しています。一般的な分割払いからリボ払いまで選択できます。リボ払いは分割払いよりも月々の支払いが少額になるため、上手く利用すると大幅に支払い負担を減らせる可能性があります。

安全性を重視しながら分割払いするならクレジットカード現金化業者の利用を検討しましょう。
クレジットカード現金化の換金率とは? クレジット現金化の換金率について!換金の基礎知識とコツを伝授

分割払いで現金化する方法まとめ

クレジットカード現金化の支払いで困っているなら分割払いを活用しましょう。

本来なら一括で支払っていた高額な現金化の費用を最大36回で分割払いできます。月々の支払いにかかる負担が大幅に減りますから、ためらうことなく現金化ができるでしょう。

ただし、分割手数料には注意してください。分割回数を増やすほど、一括払いに比べて余計に支払うことになります。

分割回数を上手くコントロールしながら計画的に分割払いを活用しましょう。

コメントを残す