クレジットカード現金化の仕組みを解説!!

クレジットカード現金化の仕組みの画像

急に現金が必要となるシチュエーションに遭遇した際、カードローンやキャッシングといった方法でお金を調達することを考えるはずです。

しかし、「現金を手に入れるまでのスピード感」「利用のしやすさ」などを考慮すると「クレジットカード現金化」が最も簡単と言えます。

そんなクレジットカード現金化ですが、いまいちイメージが掴みづらくて利用を躊躇してしまう人も多いでしょう。

そこで今回はクレジットカード現金化の仕組みについて解説していきます。

クレジットカード現金化の大まかな流れや2つの主なクレジットカード現金化の方法、それぞれのメリット・デメリットを把握していきましょう。

クレジットカード現金化の仕組みとは?

クレジットカード現金化の仕組みとは?
クレジットカード現金化の方法はいくつかに分かれますが、基本的な流れとしては共通しています。

大まかな流れとしては下記の通りです。

  1. クレジットカード決済で「商品」を購入する
  2. 購入した商品を業者を通じて売却する
  3. 現金ゲット

細かな違いはありますが、クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入し、それらを売却することで現金を得ていきます。

売却した金額分の現金が手に入る形になるため、利用したショッピング枠の100%が手に入るわけではありません。

基本的にクレジットカード現金化の換金率は80~90%というのが相場で、換金率の高い業者では95%程度で利用できるケースもあります。

カードローンやキャッシングで現金を調達する場合、利用の際に審査を受ける必要があったり、申し込みから振込まで時間がかかったりするといったデメリットがありますが、クレジットカード現金化なら申し込んでから即日に現金を入手することも可能です。

「今すぐにでも現金が必要」という方にぴったりの現金調達方法なので、クレジットカード現金化の仕組みをしっかりと把握しておきましょう。

商品買取方式の仕組み

商品買取方式の仕組み
クレジットカード現金化で利用される方法の1つ「買取方式」について解説します。

こちらの方法では、クレジットカード決済によって換金可能な商品を購入し、売却することで現金を得ることができます。

大まかな流れを解説すると以下のようになります。

  1. クレジットカード決済げ換金可能な商品を購入する
  2. 購入した商品を買取業者に売却する
  3. 現金を手に入れる
現金化の方法としての特徴は「自分で売却する商品を選ぶ」という点にあります。

換金可能な商品として代表的なのは「Amazonギフト券」や「新幹線の回数券」「ブランド品」「スマホ」「ゲーム機」などが挙げられます。

商品によって換金率が異なるため、いかに効率の良い商品を選ぶのかというのが重要です。

買取方式のメリット

買取方式のメリットは以下の2点です。

  • 安心して現金化が行える
  • 商品によっては高換金率も狙える

買取方式では、売却する商品を自分で選んで、買取を専門にしている業者を通じて売却するため、確実に現金を手に入れることが可能です。

悪質な現金化業者を選んでしまい申し込んだのに振込が行われなかったという事態も避けられるでしょう。

また、購入する商品によっては高い換金率を実現することもできます。

換金率が高く、安定した「Amazonギフト券」や「新幹線の回数券」など、90%以上の換金率を狙うこともできるでしょう。

買取方式のデメリット

買取方式のデメリットは以下の3点です。

  • カードの利用停止リスクがある
  • 時間や手間がかかる
  • 商品によっては換金率が低い
買取方式で最も注意しなければならないのが「カード利用停止リスク」です。

クレジットカード現金化は法律上の問題はないものの、カード会社の利用規約に違反する行為でもあるため、発覚すると利用停止または強制退会といった措置が取られます。

高額なAmazonギフト券や新幹線の回数券などが繰り返しカードで購入されると、カード会社は不正利用などを疑って利用者に連絡を行う可能性もあります。

その際に、現金化が発覚してしまうと、カードが使えなくなるので注意してください。

そして、買取方式は自分で商品を購入して、買取業者に売却するため時間や手間がかかってしまいます。

商品によってはネットを通じてスムーズに購入から売却までを行うことも可能ですが、実店舗で商品を購入して、買取店舗を探すといった形になると、それなりの手間がかかります。

即日で現金を手に入れたい場合には、よりスムーズに現金化を行う形を考えておく必要があるでしょう。

また、買取方式は「換金率が高い」というメリットを紹介しましたが、選ぶ商品によっては換金率が低くなってしまいます。

例えば、ブランド品やゲーム機といった商品の場合、購入してすぐに売却したとしても中古品という扱いになってしまうため、換金率はそこまで高くならないでしょう。

換金率が低いと現金は手に入ったとしても、お得感が薄まってしまいます。

買取方式で現金化を行う際は、売却する商品選びも慎重に行いましょう。

キャッシュバック方式の仕組み

キャッシュバック方式の仕組み
次に、キャッシュバック方式について解説します。

買取方法とはまた異なる流れになるので、よく把握しておきましょう。

  1. クレジットカード現金化業者に申し込みを行う
  2. キャッシュバック特典付きの商品をカード決済で購入する
  3. 商品購入特典が入金される
買取方式と異なるのは「現金が振込まれる形式」です。

キャッシュバック方式では、商品を売却して現金を得るのではなく、指定の商品を購入した特典として現金が振込まれます。

あくまで「オマケ」として現金がキャッシュバックされるというのがポイントです。

では、このキャッシュバック方式にはどのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

キャッシュバック方式のメリット

キャッシュバック方式のメリットは以下の3点です。

  • 即日入金が可能
  • カード利用停止リスクが低い
  • 手間もかからない
キャッシュバック方式の大きなメリットは「即日入金」が可能な点にあります。

基本的にネット経由で申し込みを行い商品をカード決済で購入したら、特典という形で現金が入金されるため、細々として手続きが不要です。

買取方式のように買取業者に商品を売却する手間も必要ありません。

購入する商品もCDやDVDといった換金性が低く、不自然な形になりにくいためカード会社に発覚するリスクも低いといえるでしょう。

「すぐに現金が必要という方」や「手間をかけたくないという方」におすすめの方法です。

キャッシュバック方式デメリット

キャッシュバック方式のデメリットは以下の2点です。

  • 換金率はそこまで高くない
  • 業者選びが重要になる
キャッシュバック方式の場合、換金率は85~90%程度が相場になってしまうため、より高い換金率を狙う方には向いていません。

「換金率が低すぎると損」「もっと高い換金率が良い」という方は、買取方式で換金率の高い商品を利用するのがおすすめです。

また、キャッシュバック方式でクレジットカード現金化を行う業者は数多くありますが、そのほとんどがネット経由で申し込みを行っているため、実態が見えにくいというデメリットがあります。

中には、悪質な現金化業者もあり、「申し込んだのに入金されなかった」「書いてあった換金率と違っていた」というリスクも考えられます。

キャッシュバック方式で現金化を行う場合は、口コミや評判、業者の運営年数といった情報を把握した上で利用してみてください。

まとめ

クレジットカード現金化の仕組みについて解説していきました。

「買取方式」と「キャッシュバック方式」という2つの方法がありますが、それぞれメリット・デメリットが異なるため、しっかりと仕組みを把握した上で自分に合った方法を選んでみてください。

ポイントとしては買取方式なら「購入する商品選び」、キャッシュバック方式なら「依頼する業者選び」が重要といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です