家族名義のクレジットカードで現金化できるのか?方法と注意点を解説!

家族名義のクレジットカードで現金化できるのか?方法と注意点を解説!

急な用事で現金が必要になった状況でクレジットカードの現金化を考える人は多いはずです。

しかし、中には収入のない主婦の方でクレジットカードを所有していないケースもあるでしょう。

そういったケースの場合、家族名義のクレジットカードを使って現金化をすることはできるのか気になりますよね。

もしできるのであれば、主婦の方や未成年の方でも現金化ができることになります。

そこで今回は家族名義のクレジットカードで現金化できるのか、そのクレジットカード現金化の方法や注意点について解説していきます。

家族名義のクレジットカード現金化はできるのか?

家族名義のクレジットカード現金化はできるのか?
まずは、家族名義のクレジットカードで現金化できるのかについて解説していきます。

主なポイントとしては以下の3点です。

  • 「家族カード」or「家族名義のクレジットカード」で異なる
  • 家族名義のクレジットカードで現金化をするには?
  • 自分で現金化する場合ならできる可能性はある

それぞれの項目をしっかりと確認して、現金化できるかどうかを検証していきましょう。

「家族カード」or「家族名義のクレジットカード」で異なる

まず大前提として、「家族カード」と「家族名義のクレジットカード」は異なるものです。

家族カードは、家族の1人が名義人となっているクレジットカードから発行されたクレジットカードのことで、カード自体が発行されます。

家族カードの名義は利用者本人となるので、本会員が夫で妻に家族カードを発行させた場合は、家族カードの名義は「妻」となります。

そのため、厳密に言えば「家族名義のクレジットカード」とは言えないでしょう。

次に、「家族名義のクレジットカード」についてですが、これについては文字通り自分以外の家族が名義人になっているクレジットカードのことです。

家族の本カードを使用して現金化を行うという形になります。

クレジットカード現金化業者では、家族カードによる現金化について対応しているサービスが多くあります。

しかし、家族名義のカードについては不明な点も多いです。

家族名義のクレジットカードで現金化をするには?

家族名義といっても、本来は他人名義のクレジットカードを利用して現金化を行うため、基本的に現金化業者は利用を認めていない傾向にあります。

他人名義のクレジットカードによる現金化を認めてしまうと、盗難や家族間のトラブルを招くリスクがあるためです。

ただし、現金化業者の中には条件を満たすことで家族名義のクレジットカードによる現金化を認めていることがあります。

条件としては主に「クレジットカードの名義人の了承を得ている」ことが必要で、了承が業者側で確認できれば現金化の利用が可能になるケースもあるでしょう。

しかし、それだとカード名義人本人が申し込むのとほとんど変わりません。

手続きなどが複雑になるだけですし、それをするぐらいなら名義人本人に申し込みをさせた方がスムーズです。

自分で現金化する場合ならできる可能性はある

お店やネット通販で新品の商品を購入して、買取ショップなどで売却することでクレジットカード現金化を行うパターンもありますが、これなら家族名義のクレジットカードでも現金化できる可能性が高いです。

しかし、基本的にはクレジットカードを名義人以外が利用するのは規約で禁止されています。

お店のレジで本人確認などが行われた場合、トラブルに発展する可能性が考えられます。

ただ、ネット通販であればクレジットカードの本人確認などは行われないため、家族名義のクレジットカードでもお買い物をすることが可能です。

ネット通販で商品やギフト券などを購入し、買取ショップに持ち込めば現金化は簡単にできるでしょう。

それでもモラルの観点やトラブルを回避するためにも、現金化を利用する前にカードの名義人に了承を得ておくことが必要です。

▼自分で現金化する方法を書いた記事はコチラ
クレジットカード現金化を業者使わないで自分で現金化する方法 クレジットカード現金化を業者を使わずに自分で現金化する方法

家族名義のクレジットカード現金化をする注意点

家族名義のクレジットカード現金化をする注意点
家族名義のクレジットカードで現金化をする際の注意点について解説していきます。

主な注意点は以下の5つです。

  • 現金化の履歴は家族にバレる
  • カード会社に発覚するとカード名義人の信用情報に傷がつく
  • 本カードのショッピング枠を確認しておく
  • カード名義人の了承を事前に得ておく
  • クレジットカード現金化業者では本人確認が必要
あまり推奨された方法ではないため、注意して行う必要があります。

現金化の履歴は家族にバレる

クレジットカードの現金化は、そもそも現金化業者からクレジットカード決済で何らかの商品を購入し、購入特典として現金を受け取るという形になっています。

カードのショッピング枠を現金に替える仕組みになっているため、現金化の利用明細は記録され、カードの名義人本人が確認できる状態になります。

内緒で家族名義のクレジットカードで現金化をしたとしても、利用明細に身に覚えのない決済を確認すると、現金化があっという間にバレてしまいます。

そのため、家族名義のクレジットカードで現金化する際は、家族にバレるという前提を把握して、事前に了承を得るなどしてトラブルを回避してください。

カード会社に発覚するとカード名義人の信用情報に傷がつく

クレジットカードの現金化は、カード会社の規約に違反する行為です。

現金化が発覚すると、カードの利用停止や強制退会といった措置が取られます。

家族名義のクレジットカードで現金化した場合、利用停止などの措置は名義人本人のカードが対象となります。

強制退会となった履歴は残るため、名義人本人の信用情報に傷をつけてしまいます。

家族名義のクレジットカードによる現金化を行うと、名義人となっている家族にリスクがあるので注意してください。

▼クレジットカード現金化を行うと信用情報について詳しく説明しています。
クレジットカード現金化をすると信用情報は傷つくのか? クレジットカード現金化をすると信用情報は傷つくのか?

本カードのショッピング枠を確認しておく

クレジットカードの現金化は、カードのショッピング枠の範囲でしか利用できません。

カードによってはお買い物や固定費の支払いで利用枠がほとんど残っておらず、現金化で利用できる余地がない可能性もあるのでしょう。

10万円の現金化がしたかったのに、利用枠が1万円しかなければ、求める金額を得ることはできません。

現金化を利用する際はショッピング枠を確認して、いくら使えるのかをチェックしてください。

カード名義人の了承を事前に得ておく

家族名義のクレジットカードで現金化をすると確実に家族にバレる上に、家族にリスクを背負わせる形にもなります。

内緒で現金化をしてしまうと、トラブルに発展する可能性が高いため、利用する際は事前に名義人の了承を得てください。

クレジットカード現金化業者では本人確認が必要

クレジットカード現金化業者を利用する際、盗難やトラブル防止の観点から本人確認が必要となります。

カードの名義人と利用者が一致するかどうかが確認されるため、家族名義のカードの場合、この時点で利用が認められない可能性が高いです。

中には、本人確認が必要ない現金化業者も存在しますが、現金化の仕組みを考えると、そういった業者は悪質な可能性が高いので避けた方がいいでしょう。

本人確認を行う際に、名義人本人に許可を得ていることを示して、名義人本人の本人確認書類などを添付すれば、サービスの利用を認めてもらえるかもしれません。

▼クレジットカード現金化の本人確認について詳しく解説しています。
クレジットカード現金化は本人確認ある?不要な場合とは? クレジットカード現金化は本人確認ある?不要な場合とは?

まとめ

家族名義のクレジットカードで現金化ができるのかについて解説していきました。

結論としては「不可能ではない」と言えるのですが、確実にカード名義人の家族に現金化の利用はバレますし、事前に了承を得ていないと利用できないケースがほとんどです。

内緒で家族名義のクレジットカードを現金化すると、後々トラブルに発展する可能性があるので推奨できません。

自力で現金化を行うなど、方法自体はあるのですが、基本的にはやめておいた方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です