クレジットカード現金化がバレそう…その時の言い訳・対処法を徹底解説

クレジットカード現金化がバレそう…その時の言い訳・対処法を徹底解説

クレジットカードがあれば現金を調達できる便利なサービスであるクレジットカード現金化。
ですが現金化はカード会社の利用規約で禁止されており、バレてしまうとカードが使えなくなる恐れがあります。

ではもし現金化をしたことをカード会社に疑われてしまったら、どのように対処や言い訳をすればいいのでしょうか。

今回はカード会社に現金化がバレそうになった時の言い訳について解説していきます。

スペシャルクレジット
\1万円でも90%以上の換金率/
無料見積もりはコチラ

この記事でわかること

言い訳は通用しない!?クレジットカード現金化がカード会社にバレるとカードが使えなくなるって本当?

言い訳は通用しない!?クレジットカード現金化がカード会社にバレるとカードが使えなくなるって本当?
クレジットカード現金化について調べてみると、現金化をしたことがカード会社に知られてしまいカードが使えなくなったという人を見かけることがあります。
では現金化がカード会社にバレてしまうと、本当にカードは使えなくなるのでしょうか。

カード会社に現金化がバレるとカードが使えなくなるのは本当!

実はクレジットカードを現金化したことがカード会社に知られてしまうとカードが使えなくなるというのは本当です。

これはクレジットカード会社ではクレジットカードの現金化目的での利用を利用規約で禁止しているためです。
そのため現金化をしてしまうと利用規約違反となり、クレジットカードが一時停止になってしまったり、最悪の場合は強制退会となりその後は一切カードが使えなくなってしまう恐れがあるのです。
また強制退会となった場合は未払い分の金額を一括で請求されることになり、高額な支払いをする必要もあります。

日常的にクレジットカードを使用していたという人は、私生活にも大きな影響が出てしまうため、現金化をする時にはカード会社にバレないようにしなければいけません。

カード会社はこんな時に現金化を疑っている!

ではクレジットカードはどのような時にカードが現金化目的で利用されていると疑っているのでしょうか。

カード会社はクレジットカードが次のような使われ方をしている時に現金化を疑う可能性が高いです。

  • 毎月のようにキャッシング枠を使い切っている
  • クレジットカードで換金性の高い商品を頻繁に購入している
  • 同じような商品を何度も購入している
  • 今まであまり使っていなかったカードで急に買い物を繰り返した
  • 支払いを滞納してしまう

特に換金性の高い商品を頻繁に購入したり同じ商品を何度も購入していると現金化を疑われやすいので注意が必要です。
また支払いを滞納してしまうと現金化をしているかどうかに関係なく、支払いが完了するまではカードが使えなくなるのでその点も覚えておきましょう。

現金化の税金はどうなるの? クレジットカード現金化の税金はどうなるの?非課税になるケース&方法!

クレジットカード現金化をカード会社に疑われた時の言い訳

クレジットカード現金化をカード会社に疑われた時の言い訳
ここまでに紹介してきたようにクレジットカードの現金化はカード会社の利用規約で禁止されています。
そのため現金化をしたことがカード会社にバレてしまうと、カードが使えなくなる恐れがあります。

では、もしカード会社に現金化をしたことを疑われてしまったら、どのように対処すればいいのでしょうか。

続いては現金化をカード会社に疑われてしまった時の対処法を見ていきましょう。

カード会社からの連絡には必ず対応する

クレジットカード会社が現金化を疑う時には、カード会社の不正検知システムに引っかかったことで連絡が来ることが多いです。
そしてそこでどんな目的で商品を購入したのかを尋ねられ、現金化をしていないかの確認が行われます。

そのため現金化をした後にカード会社から連絡が入ると、現金化を疑われていると不安になってしまい、連絡を無視してしまうという人もいます。

ですが連絡に出ないでいるとカード会社は現金化をより深く疑ってしまい、警戒されたりカードが使えなくなってしまう恐れがあります。

そのためカード会社からの連絡には必ず対応しなければいけません。

現金化をしたことは絶対に認めない

実はカード会社が現金化を疑って連絡をしてくる時には、現金化をした疑いがあるのであって各省があるわけではありません。

そのため電話口で現金化をしたことを認めなければ、カードが使えなくなる恐れはありません。

ですが万が一現金化をしたことを認めてしまうとすぐにカードが使えなくなってしまうので注意しましょう。

買い物をしたことが不自然に思われないような言い訳をする

カード会社に現金化を疑われた場合、それを認めなければカードが使えなくなることはありません。
ですがその時にはただ「現金化はしていない」と伝えるのではなく、カード会社側が納得できるような理由や言い訳を伝え、現金化をしていないことを納得してもらわなければいけません。

もし納得できなければ、その時にはカードの利用停止にはならなくても、それ以降警戒されてしまいより厳重に監視されてしまう恐れがあります。

購入した商品の情報をはっきりと伝える

カード会社が現金化を疑って連絡をしてくる時には、いつどんな商品を購入したのかを尋ねられることも多いです。
ここできちんと説明できないと、現金化をしたのではないかとより深く疑われてしまいます。

そのため現金化目的で業者を利用したり何か商品を購入した場合は、その商品についての詳細な情報を保管しておき、いつ尋ねられても説明できるようにしておきましょう。

1度現金化を疑われたらしばらく現金化を控える

実は1度クレジットカードの現金化を疑われてしまうと、カード会社はしばらくの間その人を警戒しており、より厳重に監視されてしまいます。

その結果ちょっとでも疑わしい買い物をしたらすぐに電話で確認されるようになり、現金化がバレるリスクも高くなってしまいます。

もし現金化をカード会社に疑われたら、しばらくは現金化を控えるようにしましょう。

金券・商品券をクレカで購入する方法 金券・商品券をクレジットカードで購入する方法は?

カード会社に現金化を疑われたらどうやって言い訳すればいいの?

カード会社に現金化を疑われたらどうやって言い訳すればいいの?
クレジットカードの現金化がカード会社に疑われた時には、カード会社側は現金化をした確証を持っているわけではありません。
そのため電話連絡がきた時にカード会社が納得できる言い訳をすることができれば、現金化をしたことはバレません。

ではカード会社に現金化を疑われた時には、どのように言い訳をすればいいのでしょうか。

ここからは、現金化のために購入した商品の種類ごとにおすすめの言い訳を紹介していきます。

ブランド品や貴金属での現金化がバレた時の言い訳

現金化をする時には換金性の高い商品を購入する人が多いため、ブランド品や貴金属を購入して現金化をするという人も多いです。

ですが普段ブランド品などのクレジットカードで購入しないという人が突然何度もブランド品を購入してしまうと、現金化を疑われるリスクがあります。

もしブランド品や貴金属を購入して現金化を疑われたら、次のような言い訳がおすすめです。

  • どうしても気に入ってしまった商品があったので購入した
  • 友人などへのプレゼントのために購入した

これらの理由であれば普段はブランド品を購入しない人であっても特に不自然には思われません。
プレゼントを言い訳にする場合は、相手との関係やプレゼントするシチュエーションなども考えておくと、より疑われにくくなるでしょう。

金券や商品券での現金化がバレた時の言い訳

商品券や金券も換金率が高いため現金化目的で購入されることが多いです。
ですが現金化に使われることが多いため同時にカード会社に疑われやすい商品でもあります。

もし金券や商品券での現金化がバレそうになったら、次のような言い訳がおすすめです。

  • 結婚祝いなどの返礼品として購入した
  • イベントなどの景品として購入した

実際に最近は返礼品やイベントなどの景品として金券や商品券を採用していることも増えているため、このような理由であればカード会社も特に不自然には思いません。

新幹線の回数券での現金化がバレた時の言い訳

新幹線の回数券はみどりの窓口でも購入でき換金性も高いため、実は現金化に使われています。
ですが実は回数券はカード会社にバレるリスクが高い商品でもあります。

もし新幹線の回数券での現金化を疑われたら、次のような言い訳がおすすめです。

  • 出張が多いのでまとめて購入した
  • 家族などの集団で旅行に行くために自分がまとめて購入した

新幹線の回数券はそれほど頻繁に使わない人も多いため疑われやすいのですが、これらの言い訳なら不自然には思われにくいでしょう。
ですが頻繁に購入すると疑われやすくなるので注意しましょう。

家電製品やゲーム機での現金化がバレた時の言い訳

家電製品やゲーム機も換金性が高いため、現金化に利用されることが多いです。
ですがこれらの商品は頻繁に買い替えることがないため、何度も購入してしまうとカード会社に怪しまれてしまう恐れがあります。

もし家電製品やゲーム機での現金化を疑われたら、次のような言い訳がおすすめです。

  • 結婚した友人や身内へのプレゼントで購入した
  • 引越しをすることになったので思い切って買い替えた

頻繁に買い替えてしまうと言い訳を信じてもらいにくいですが、実際に引っ越しなどを機に家電などを買い替えたり、プレゼントをしたりする人も多いので1回程度なら特に違和感は持たれないでしょう。

クレジットカード現金化の裏技 クレジットカード現金化の裏技!高く買取をしてもらう方法&バレにくくなる方法

言い訳しないようにするために!カード会社にバレずに現金化をするコツは?

言い訳しないようにするために!カード会社にバレずに現金化をするコツは?
ここまでに紹介してきたようにクレジットカードの現金化がバレてしまうとカードが使えなくなる恐れがありますが、うまく言い訳ができればカード会社にバレるリスクを大幅に下げることができます。

ですが最もいいのは現金化がバレてから言い訳をしてごまかすのではなく、カード会社に疑われないように現金化をすることです。

ではカード会社にバレないように現金化をするにはどんなことに気を付ければいいのでしょうか。

続いてはカード会社にバレずに現金化をするコツを紹介します。

ショッピング枠は使い切らないようにする

呉ジトっとカードを現金化目的で使用する人は、ショッピング枠を使い切ってしまう傾向があります。
特に1度にショッピング枠をすべて使い切ってしまうような買い物をすると、高額な現金化をしたのではないかと疑われやすいです。

またキャッシング枠を使い果たした状態で換金性の高い商品を購入すると疑われやすいので注意しましょう。

高額な商品や換金性の高い商品の購入は避ける

現金化業者を利用せずに自分で現金化をする場合、高額な商品や換金性の高い商品を購入することになります。
ですがこれらの商品にはそれほど頻繁に購入する機会がないものも多いため、頻繁に購入してしまうと現金化を疑われやすくなります。

過去にカードトラブルが起きていない現金化業者を利用する

クレジットカードを現金化するときには現金化業者を利用する人も多いですが、実は業者の中には過去にカードトラブルが起きており、業者を利用したことが原因でカードが使えなくなった人がいる業者も存在しています。

そのような業者を利用してしまうと業者の利用がバレてしまうリスクが高くなるので、公式サイトなどでカードトラブルが起きていないことを確認して業者を選ぶようにしましょう。

キャッシュバック方式を採用している現金化業者を利用する

クレジットカード現金化にはキャッシュバック方式と買取方式の2つの方法がありますが、実はキャッシュバック方式のほうがカード会社にはバレにくいといわれています。

これは買取方式では換金性の高い商品を購入し、それを業者に買い取ってもらわなければいけないためです。
換金性の高い商品はカード会社側も現金化を警戒しているため厳重に監視されており、結果よりバレやすくなってしまうのです。

もちろんキャッシュバック方式なら絶対に疑われないというわけではありませんが、安全性を重視するならキャッシュバック方式の業者を選ぶのがおすすめです。

支払いを延滞しない

クレジットカードの現金化をバレないようにするためには、支払いを期日通りに行い延滞しないことも重要です。

支払いを延滞しないのはクレジットカードを利用するうえで当然のことですが、現金化を日常的にしている人にはお金に困っている人もいるため、延滞してしまう人もいます。

ですが延滞を繰り返すほどにカード会社はお金に余裕がないと警戒してしまい、現金化目的での買い物を疑われやすくなってしまいます。

高額な買い物をした時は自分から申告する

クレジットカードで商品を購入する場合、カード会社に何を購入するのかを申告する必要はありません。
ですが高額な現金化をする時には自分から高額の買い物をする旨を申告することで、バレるリスクを下げることができます。

事前にどんな目的でどんな商品を購入するのかをカード会社に伝えておき了承してもらえれば、たとえ実際には現金化目的の買い物であってもカード会社に現金化を疑われることはありません。

なお申告をしてリスクを下げたいという人は、現金化目的以外の高額な買い物の際にも事前に申告する癖をつけておくと、申告をしたことをカード会社に不自然に思われることもなくなるでしょう。

クレジットカード現金化は審査が必要? クレジットカード現金化に審査は必要なの?仕組みや手続き方法違法性などとともに解説

まとめ:言い訳は効果無し!カード会社にバレないように安全に現金化をしよう!

まとめ:言い訳は効果無し!カード会社にバレないように安全に現金化をしよう!
今回紹介してきたようにクレジットカード現金化は便利なのですが、カード会社にバレてしまうとカードが使えなくなるリスクもあります。
そのためもしカード会社に現金化を疑われてしまったら、現金化をしたと思われないようにうまく言い訳をしなければいけません。

その時の言い訳次第では現金化をした疑いを晴らすことができ、その後も特に問題なくカードを使ったり現金化をしたりすることができます。

クレジットカードを現金化目的で使用するときには、万が一の時のために言い訳などを考えておき、スムーズに対応できるようにしておきましょう。