電話なしでクレジットカード現金化手続きは可能?口頭確認が必要な理由

電話なしで現金化する方法

クレジットカード現金化の手続きを専門業者で行う際にできるだけ手間をかけず、メールだけで申し込めればと思うかたも少なくないでしょう。
はたして、スタッフとの面倒なやり取りを省略して、現金化することは可能なのでしょうか。
今回は電話なしで現金化する方法やメリット、注意点について解説していきます。

クレジットカード現金化をするには電話確認が必須!

電話での本人確認
手続きをする前には、まずクレジットカード現金化業者の申し込み方法について確認しておいたほうがスムーズです。流れを調べてみると、ほとんどの業者で申し込みフォームを送信後、スタッフから折り返しの電話がかかってきて、そこで詳しい相談を行うことが書かれています。

フォームにも連絡先の入力は必要ですし、連絡可能時間を指定する項目があり、基本的に電話連絡を拒否することはできません。

なぜ電話確認が必要なのか?

クレジットカード現金化業者での手続きで電話確認が必要な理由の1つが、本人確認です。

現金化に利用するクレジットカードが間違いなく申し込みをした本人のものであるか、必要書類の提出と併せて口頭でも確認を取ります。
特に、買取方式で現金化取り引きをしている業者の場合には、古物営業法により、対面が不可能であれば電話で本人確認を行うことが義務付けられているため、拒否することができません。

さらに、換金率や入金額に関して認識に相違がないように、電話で説明をした上で利用者の承諾を取り、トラブルを避ける意味もあります。

電話で何を聞かれるの?

電話確認の際には、クレジットカード現金化が貸金行為とは異なることを理解しているか、サービス内容についての説明を受けます。

その後、申し込みフォームに記入をした情報や、現金化希望金額に間違いはないかを確認。また、間違いなくカードの名義人が申し込みを行っている本人のものかが尋ねられますし、初回利用であれば身分証明書の提示も必要です。

収入状況や借金の有無など、返済能力の審査については、クレジットカード現金化には必要ありません。

在籍確認ではなく本人確認の電話

金融業者から借り入れを行うわけではありませんから、クレジットカード現金化にはいわゆる「審査」が不要です。職場への在籍確認のために電話がかかってくることはないので安心してください。

クレジットカード現金化で行われるのは、現金化業者との売買取引のみです。返済もカード会社の指定日に引き落とされることになり、通常のショッピング利用と違いはありません。
そのため、必須となるのは口頭での本人確認だけになります。連絡が取れるのであれば、自宅ではなく携帯電話の番号でも問題ありません。

なりすましなどの不正利用防止のため

本人確認が必要になるのは、カードの不正利用を未然に防ぐのが目的です。

クレジットカード現金化はショッピング枠に残高があるカードで決済をすれば、どなたでも簡単に手続きが可能ですので、カードさえ手元にあればどなたでも現金調達できてしまいます。
ですから盗んだものや、名義人の異なるものを無断で利用して現金化が行われないように、安全対策として本人確認が欠かせません。

初回利用者は電話確認はもちろん、身分証明書の提出が求められるのもこのためです。

クレジットカード現金化は本人確認ある?不要な場合とは? クレジットカード現金化は本人確認ある?不要な場合とは?

電話なしで現金化をすることはできるの?

電話なしで現金化できる?
クレジットカード現金化業者への申し込みの際に電話確認が必要なのは、申し込みをした人に対して本人確認をすることで、カードの不正利用を未然に防ぐことが目的です。
しかし、すべての業者で電話が必須となっているわけではありません。

中には、別の方法で本人確認を行うことで、電話でのやり取りを省略できる現金化業者もあります。

メールのみで現金化できる業者

スタッフとのやり取りはメールのみ、電話連絡一切不要でクレジットカードを現金化できる業者の1つが「エヴリィ」です。

他の現金化業者と同様に、申し込みフォームには連絡先の記入や、希望連絡時間の指定項目がありますが、基本的に身分証明書の提示による本人確認と、申し込み内容の確認に関して、すべてメールでのやり取りのみで完結します。

初回契約時に限り、電話による確認が求められる可能性もありますが、提出書類に問題がなければほぼ必要ありません。

サポート体制が整っており、女性オペレーターによるメールや電話での対応がいつでも受けられるのも安心。余計な手間をかけずに申し込めますが、わからないことがあれば、すぐに問い合わせできるのが便利です。

業者に頼らず自分で現金化を行う

他にも、クレジットカード現金化業者を利用せずに現金化する場合には、電話確認の必要がありません。

セルフ現金化では、クレジットカードを使って商品を購入し、その商品をリサイクルショップや個人間取り引きで転売することで、買取金額を手にする方法がよく利用されています。

高く売れるブランド品や家電品、最新ゲームソフトなどを買って店頭に持ち込めば、その場で本人確認が行われますから、わざわざ電話をかける手間はかかりません。

安全と謳われている現金化業者であっても、個人情報をネット上でやり取りするには抵抗がある、顔の見えない相手に電話で情報を提供すること自体避けたい、そういった場合には、自分で現金化手続きを行うのがおすすめです。

クレジットカード現金化を業者使わないで自分で現金化する方法 クレジットカード現金化を業者を使わずに自分で現金化する方法

電話なしで利用できる現金化業者で注意したいこと

電話なしで現金化する際の注意点
面倒な手続きを省くことができるため、クレジットカード現金化業者を選ぶ際に電話連絡なしのところを選びたい、そう考えているかたは少なくありません。
ですが、手間がかからないことがメリットになるだけではなく、少なからずデメリットや注意点もあるため、しっかり理解した上で申し込むことが大切です。
安全かどうか確かめて、取り引きをしましょう。

メールだと本人確認に時間がかかる

電話で行われる本人確認は、スタッフからの口頭での質問に回答をするだけですから、数分で完了します。必要書類の提出も必要になりますが、確認時間を考慮しても5分から10分程度で完結するところがほとんどです。

しかし、メールのみのやり取りとなると、サービス内容の説明から入金額など、諸々の説明を受けた上で承諾。さらに、本人確認の流れを確認した上で必要書類の提出となり、目を通さなければならない文面も増えます。

また、口頭確認ができない分、求められる書類が通常よりも増える業者が多く、準備に時間がかかることも考えられるでしょう。当然、書類が多い分チェックも長くかかってしまいますから、時間に余裕のある時以外は利便性を欠いてしまいます。

もしかして詐欺業者かも?

電話確認不要としているクレジットカード現金化業者の中には、手軽さを謳って関心を引き、入手した個人情報を悪用しようとする悪徳業者も紛れています。

代わりの本人確認手段として、クレジットカードの表と裏の写真や収入証明など、本来取り引きには不要な書類の提出を求めてくるところもありますので、くれぐれも注意。

現金化の仕組みを理解していないと、こうした情報を提供する危険性に気がつけないことも少なくありません。
入手したセキュリティコードや個人情報が元でカードが不正利用されたり、流出してしまう可能性もあります。

また、こうした悪徳業者は現金化だけではなく、融資に勧誘してくることも多いため、あまり名前を聞かない業者や、実態がわからない業者には安易に飛びつかないようにしてください。

まとめ

本人確認のために電話連絡必須となっているクレジットカード現金化業者がほとんどですが、探せば電話連絡不要、メールでのやり取りのみで取り引きが可能な業者も見つかります。

面倒な手続きが省略できるメリットがありますが、ただし、提出を求められる書類が増えたり、確認のために長い時間がかかるといったデメリットもあるため、急いでいる時には多少不便なことも理解しておきましょう。

また、手軽な手続きを売りにしている悪徳業者も紛れていることから、業者の信頼性についてもしっかり調べておくことも大切です。安全第一に、現金化を行いましょう。

コメントを残す