未成年でもクレジットカード現金化は可能?現金が必要なときに使える方法

未成年が現金化する方法

クレジットカードを利用した現金化は、未成年でも可能なのかは疑問です。

もし未成年でも可能であれば、困ったときは現金を手にできる強い味方になります。
利用するときに頭に入れておきたいポイントも把握しておくと、いざというときにもスムーズです。

未成年の現金化する方法について特化してまとめてみましたので、参考にして安心安全な現金化をしましょう。

未成年でもクレジットカード現金化はできるの?

未成年でもクレジットカード現金化できるの?
専門の業者もさまざまありますので、身近で利便性も高い方法と認知度も高まっています。
しかし、意外と触れられていないのが未成年者の利用に関することです。

果して利用可能なのか、コツはあるのかなど情報が少ないと感じるのではないでしょうか。

未成年でもクレジットカードを作れる?

まず、クレジットカードを用いた現金化なので、クレジットカードを持っていないと始まりません。
未成年であってもカードは作れるのかが問題です。

しかし心配は不要です。
クレジットカードは18歳以上(高校生は不可)なら作れるタイプも多いです。

例えば大学生向けのクレジットカードもあります。

未成年でも社会人の人も多くいますから、20歳以上しか作れないといったことはありません。
むしろ若者をターゲットにしたアンダー25歳などと謳ったクレジットカードもあります。
審査はされますが絶対に作れないことはありませんので、不安になることはありません。

家族カードで現金化出来るの?

もう1つ、未成年者がクレジットカードを持つことができる方法が「家族カード」です。
親などの家族が作ったカードで、家族にも1枚別のカードが与えられます。

家族カードなら自分で1枚カードを持つことになるので、現金化に利用出来そうに思うかもしれません。

実際にはカードの契約者に了承を得ていれば、問題は起こらないでしょう。
普段でもネットショッピングで親のカードで決済してもらうことはあります。
これも親名義の家族カードを利用することに当てはまります。

でも、親が知っていればカード会社も何も言ってきませんし、間違った使い方ではありません。
もちろん、無断で使用したとなれば問題ですが、了承しているのなら大丈夫です。
家族名義のクレジットカードで現金化できるのか?方法と注意点を解説! 家族名義のクレジットカードで現金化できるのか?方法と注意点を解説!

未成年の場合は身分証と同意書が必要

未成年でクレジットカードの現金化を行うときには、業者から身分証明書と親権者の同意書の提出が求められます。
身分証明書は未成年以外でも利用する人に必須で、買い取るために必要な手続きです。

不正や犯罪に利用されないように、業者側が本人確認を行う必要があるためです。

このほかに親権者の同意があるか知るために、同意書を貰わなくてはなりません。
簡単な文面で大丈夫ですから、一筆貰って利用するときに業者に渡しましょう。
むしろここが未成年の現金化のポイントなので、あらかじめ用意しておくと時間も手間もかからずに済みますから効率的でしょう。
クレジットカード現金化は本人確認ある?不要な場合とは? クレジットカード現金化は本人確認ある?不要な場合とは?

未成年でも利用できる現金化業者は少ない

未成年でも現金化できる条件を説明してきましたが、実際は受付してくれる業者は意外と少ないです。
クレジットカードを持っていても、同意書を用意しても断られることもあります。

それは未成年の場合だとまだ所得が安定しないので、返済能力の面で不安材料が大きいです。
さらに、換金するときの年齢制限にもひっかかってしまうことが多く、事実上難しいです。
クレジットカード自体も作れても、枠が低いですからあまり現金を作ることに向いていません。

またカード利用や現金化においての責任を負うことや判断力もまだまだ不足しているので、トラブルになることを避ける業者がほとんどです。
未成年者の場合は、クレジットカードの現金化で換金は利用できないと考えておくほうが良いでしょう。

未成年でも自分でクレジットカード現金化出来ます

未成年が自分で現金化する方法
専門業者を使った現金化の場合、未成年はクレジットカードでは厳しい状況です。
しかし諦めることはありません。
違ったアプローチで現金化することができます。
自分で動く手間は発生しますが、クレジットカードがあれば現金化はできます。

通販やリサイクルショップで現金化する方法

クレジットカード自体は未成年でも持っていれば使うことはできます。
ですから、いつも通りにネットショッピングや店頭で買い物することは支障がありません。
そこでクレジットでネットショッピングなど利用して、換金できる商品を買います。

換金性が高い商品とは、リサイクルショップで売ることができる商品、家電やゲーム、商品券や時計などをイメージするとわかりやすいでしょう。

その商品をもってリサイクルショップなどの買取に持ち込み、売ることで現金を手にできます。
ネットで購入できる商品もあるので、手間も省ける場合も多いです。
これなら自然な流れなので、未成年でも特にチェックが厳しくなることもありません。

メルカリを使って現金化する方法

同じように商品をクレジットカードで購入して、フリマのメルカリで売る方法もあります。

メルカリの場合は、リサイクルショップで買取対象になる商品のほか、よりコアなジャンルの物でも需要があります。
どのくらいの値段で売れているのか、下調べをすることができるのもメリットです。
またスマホで出品ができるので、外出先などでも対応できるのも便利です。

メルカリは全国に買い手がいますから注目度も高いです。
ネットを介して出品からやり取りまでできますから、時間がないときにも便利です。
クレジットカードで購入して、売る先をメルカリにすることで身近に転売ができます。

Amazonギフト券を使って現金化する方法

Amazonギフト券は需要が安定してあるので、買い取ってもらい現金化するのにおすすめの1つです。
購入できる場所が広くてすぐに用意しやすいです。

コンビニや家電量販店でも扱っていますし、Amazonの公式サイトでも購入できます。
このときにクレジットカード購入が利用できるのがAmazon公式サイトで売っている「Eメールタイプ」です。

それを買取専門業者に売れば、あっと言う間に現金化が完了します。
買取業者も複数ありますので比較もできますし、ネットショップの場合が多く全国から利用可能です。
買取業者の多くでは初めて利用する人の場合は、買取レートをおまけして高くしていることも多いです。

換金率の高い商品リストアイキャッチ画像 換金率の高い商品リスト|ゲーム?家電?商品券?現金化するならどの商品がお得?

未成年が現金化をする際の注意点

未成年が現金化する際の注意点
未成年であっても、方法さえ選べばクレジットカードで現金化は可能です。
しかし、抑えるポイントを間違ってしまうとリスクも生じます。

そこで改めて未成年者が現金化を行うときに、注意したいポイントを整理しておきましょう。

未成年でも利用できる現金化業者は詐欺会社の可能性

未成年は基本的に換金することは好ましいとしていないお店がほとんどです。
そのため、未成年でもOKのような謳い文句を出している業者は怪しいと思ったほうが良いでしょう。

社会的に好ましくないとされていることをやろうとしているので、当然、利用者に対してもルールや配慮、責任といった意識のない業者である可能性が高いです。
何かあってもフォローもしない、むしろ悪質な商売をしているかもしれません。

トラブルに巻き込まれることも十分に考えられるので、かかわらないほうが無難です。
現金が振り込まれない、クレジットカードを不正利用されたり情報が漏れているなど、詐欺のリスクがあるので避けましょう。

カード会社は現金化の警戒を強めているので注意

クレジットカードでの買い物は、自分で使う物やサービスに対して、自分の意志で使うことが大原則です。
つまり厳密には売ってしまう目的で利用するのは、利用規定にそっていません。

そのため、あからさまな現金化での利用だと、カード停止になってしまいます。
その後、そのカード会社自体を利用できなくなる可能性すらあります。

最近は不正使用や犯罪面から監視が厳しくなっています。
特に換金性がある商品を何度も購入している、いきなり大量に購入するなどの行為はチェックを受けやすくなります。
短期間に不自然な動きをしすぎないように気を付けないと、クレジットカード会社から目をつけられてしまいます。

未成年の現金化利用まとめ

未成年でも現金が必要になることはあります。
そのときに使えるクレジットカードを利用した現金化ですが、コツや制限が成人よりは多くなります。
自分で動くことも多いですし、気を付けないとカードを利用できなくなる場合もあります。

それをしっかりと理解したうえで、うまくお金のピンチを切り抜けられるようにしましょう。
絶対に親に内緒で家族カードのクレジットを勝手に利用したり、悪質業者を頼ってはいけません。
あとからトラブルが大きくなって、自分に戻ってきます。

コメントを残す