クレジットカード選びにはポイント還元率も重要!還元率の意味からおすすめのカードまで徹底解説

クレジットカード選びにはポイント還元率も重要!

クレジットカードについて調べてみると、「還元率」「ポイント還元」といった言葉を目にすることがあります。
この還元率、クレジットカードを作ったことがない人からすると一体何なのかがわからないかもしれません。

実はこの還元率、クレジットカードを使う上で非常に重要な要素の1つで、還元率からクレジットカードを選ぶという人も少なくありません。

今回はそんなクレジットカードにおける還元率について解説していきます。

この記事でわかること

クレジットカードの還元率ってそもそもなんなの?

クレジットカードの還元率ってそもそもなんなの?
クレジットカードはカードで支払いをしたときに利用金額に対して一定の割合分のポイントが還元されるポイント制度があります。
クレジットカードにおける還元率とは、このポイントが還元される割合のことを指しています。

例えばポイント還元率が0.5%のクレジットカードの場合、クレジットカードで200円を支払うごとに1ポイントが、1.0%のカードの場合は100円ごとに1ポイントがもらえることになります。

この還元されたポイントは様々な用途で使用することができるため、よりたくさんのポイントをもらえるクレジットカードほどよりお得に使うことができます。
そのためクレジットカードを選ぶときに還元率から選んでいる人が多いのです。

還元率が変わるともらえるポイントにはこれだけの差が!

還元率次第でクレジットカードを使ったときにもらえるポイントが変わると紹介しましたが、実は還元率によってポイント数は大きく変動します。

そこでここからは、還元率ごとにもらえるポイントについて詳しく見ていきましょう。

もし還元率0.5%のクレジットカードと1.0%のクレジットカードを使った場合、支払う金額ごとにもらえるポイントは次のように変わります。

還元率0.5%の場合
1万円 50円分
10万円 500円分
100万円 5,000円分
還元率1.0%の場合
1万円 100円分
10万円 1,000円分
100万円 10,000円分
クレジットカードはどうやって作るの? クレジットカードはどうやって作るの?作り方から注意点まで徹底解説

クレジットカードで還元されたポイントはどんなことに使えるの?

クレジットカードで還元されたポイントはどんなことに使えるの?
クレジットカードを持ったことがない人の中には、「クレジットカードのポイントって何に使えるの?」と疑問に思うかもしれません。

実はクレジットカードで還元されるポイントは様々な用途で使うことができます。

ここからはそんなクレジットカードで還元されるポイントの使い道を見ていきましょう。

購入代金に充当する

実はクレジットカードで還元されたポイントは、次回以降クレジットカードで支払いをするときに、その支払いに充当することができます。
そのためポイントを使った分だけ金銭的な負担を少なくすることができるのです。

こまめにポイントを使って毎回の買い物の負担を少しずつ減らすもよし、たくさんのポイントを貯めてまとまった金額を充当してもらうもよし、自分に合ったペースで使うことができます。

商品と交換する

クレジットカード会社によっては、貯まったポイントを何かしらの商品と交換できることもあります。

交換できる商品はカード会社によって異なりますが、家電やファッション、グルメなど様々なジャンルの商品が用意されていることが多いです。
その中から欲しい商品を見つけておけば、ポイントを貯める意欲も高まることでしょう。

金券やギフト券と交換する

クレジットカードを使って還元されたポイントは、商品だけではなく金券やギフト券と交換することも可能です。
金券やギフト券ならクレジットカードで支払いをするとき以外にも自由に使えるため、普段の買い物などにも役立ちます。

カード会社によっては大手ショッピングサイトであるAmazonのAmazonギフト券などとも交換することが可能です。

電子マネーにチャージする

電子マネーの中にはクレジットカードで支払いをしてチャージできるものもありますが、実はそれだけでなくクレジットカードで還元されたポイントを使ってもチャージをすることが可能です。
そのため普段からクレジットカードも電子マネーも使っているという人は、貯めたポイントを無駄なく使うことができます。

クレジットカードによってどの電子マネーにチャージできるのかが異なるので事前に確認しておきましょう。

他のポイントサービスのポイントに交換する

クレジットカード会社によっては、貯めたポイントを他のサービスのポイントと交換できるケースもあります。
そのため普段からポイントを貯めているサービスがあるなら、そちらで使えるポイントに交換してもらうこともできるのです。

カード会社によってどのポイントと交換できるかが異なるので、自分が普段から使っているポイントと交換できるカードを選ぶというのも1つの手ですよ。

還元率が高いおすすめクレジットカード10選

還元率が高いおすすめクレジットカード10選
ここまでに紹介してきたようにクレジットカードを作るうえで還元率は非常に重要です。

ですがクレジットカードは非常にたくさん種類があるため、どのカードを作ればいいか迷ってしまうという人は少なくありません。

そこでここからは、還元率が高いおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)は2021年2月に申し込みが始まった新しいクレジットカードです。
カード本体にカード番号が記載されていないため安全性も高いのが特徴です。

そんな三井住友カード(NL)は普段は還元率が0.5%と高いわけではないのですが、Visaのタッチ決済かMastercardコンタクトレスで支払いをしたときに還元率が5.0%にまでアップします。

貯めたポイントはdポイントや楽天ポイントなどとも交換できるため使いやすいでしょう。

楽天カード

テレビCMなどでもおなじみのクレジットカードである楽天カード。
実はこの楽天カードも還元率が高いです。

楽天カードは特に楽天グループのサービスを利用するときに還元率が高くなり、楽天市場や楽天ブックスでは最低3.0%の還元率が適用されます。
また楽天市場でSPUを活用すれば、最大15.5%分ものポイントを受け取ることも可能です。

楽天のサービス以外では基本的に還元率は1.0%ですが、楽天Edyや楽天ペイと併用すれば1.5%以上の還元率にすることも可能です。

JCB CARD W

JCB CARD Wは39歳以下の人専用のクレジットカードです。
通常還元率は1.0%と特別高いわけではなく、年齢制限はあるもののAmazonやセブンイレブンで使用したときに還元率が3.0%にまでアップします。
またスターバックスカードへのチャージなら最高5.5%で利用することも可能です。

なお同じくJCBが発行するJCB CARD W plus Lならばスターバックスの利用時に還元率が最大10%にまでアップします。

dカード

NTTドコモが発行するクレジットカードとして有名なdカード。
年会費が無料で基本の還元率が1.0%となっています。

ですがAmazonを利用した場合には最大5.0%、楽天市場やヤフーショッピングでは1.2%にアップするためお得にポイントをためることが可能です。

またワンランク上のカードであるdカードゴールドならドコモユーザーなら携帯料金の10%がポイントとして還元されるため、ドコモの携帯をお使いの方ならよりお得になります。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは通常還元率は0.5%と低いものの、QUICPayで支払いをしたときには還元率が2.0%にまでアップします。

またこのカードで還元されるポイントは永久不滅ポイントとなっており、有効期限がありません。
そのため期限の心配をすることなく貯めておけるのが特徴です。

au PAY カード

携帯キャリアであるauの発行するクレジットカードとして有名なau PAY カード。
このau PAY カードで支払いをすると1.0%分のPontaポイントがもらえます。

またau PAY ポイントアップ店を利用したりau PAYで支払いをすると還元率がアップし、1.5%以上のポイントを受け取ることができます。
年会費も年に1度でもカード決済をするかauの携帯契約などのサービスを利用していれば無料になるため利用しやすいのも特徴です。

ライフカード

ライフカードは通常の還元率は0.5%と決して高いわけではありません。
ですが初年度は1.5倍、それ以降も前年の利用金額に応じて還元率がアップされるため、たくさん使う人ほどお得にポイントを貯めることができます。
誕生月には還元率が3倍の1.5%になるのも特徴です。

またL-Mallのサービスを利用するとポイントが最大25倍にもなるため、ライフカードをお持ちの方は積極的に利用するといいでしょう。

イオンカードセレクト

高い知名度を誇るクレジットカードであるイオンカード。
その中でもイオンカードセレクトは特にポイントを貯めやすくなっています。

イオンカードセレクトでは通常のイオンカードではポイントを貯められないWAONへのチャージでポイントの還元を受けることができます。

またネットバンキングを保有し月に1度WAONで支払いをするだけでイオン銀行の普通預金金利が30倍になる特典もあるのも特徴です。

ローソンPontaプラス

普段からコンビニのローソンを利用する方ならローソンPontaプラスがおすすめです。

通常還元率は1.0%、年会費も常に無料なのでもともとの条件もいいカードなのですが、ローソンで買い物をするときには還元率が最大6.0%にまでアップします。
貯まったポイントはローソンで使える割引券と交換できるため、さらにお得に買い物をすることも可能です。

リクルートカード

近年は通常の還元率が0.5%~1.0%のクレジットカードが多いですが、リクルートカードは通常還元率が1.2%と他のカードよりも高く設定されています。

またポンパレモールやじゃらん.netの利用でさらに還元率がアップするのでお得にポイントを貯められます。

家族カードやETCカードも無料で作ることができ、そちらを利用した場合でも同じ還元率でポイントを貯められるので、家族分のカードが必要な人にもおすすめです。

クレジットカードのポイントを効率よく貯めるための5つのコツ

クレジットカードのポイントを効率よく貯めるための5つのコツ
ここまでに紹介してきたようにクレジットカードを使って還元されたポイントは様々な用途で使うことができ、それを活用することでよりお得にクレジットカードで買い物をすることができます。

ではそんなクレジットカードの還元ポイントはどのようにすれば効率よく貯めることができるのでしょうか。
ここからはクレジットカードのポイントを貯めるためのコツを紹介していきます。

支払いはできるだけクレジットカードで行う

クレジットカードで少しでも多くのポイントをもらうためには、今までは現金で支払って購入していたものをクレジットカードで購入するのが最も簡単な方法です。

1回数百円程度の買い物ならカードを使わずに現金で済ませてしまうという人も多いです。
ですが1回あたりで1ポイントしかもらえない買い物でも、1年間の長期的に見てみると、年間数百ポイントや数千ポイントになることも少なくありません。

普段のスーパーやコンビニなどでの買い物も、クレジットカードが使えるときには使うことでよりたくさんのポイントを貯めることができるでしょう。

公共料金や携帯料金の支払い方法をクレジットカードに変える

多くの人は毎月水道代や光熱費といった公共料金や携帯電話の代金を口座引き落としなどの方法で現金で支払っているのではないでしょうか。

ですが実は最近では公共代金や携帯電話の代金、税金などの支払いはクレジットカードでも行えるようになっています。
これらの支払いをした場合でもポイントの還元は適用されるため、各種支払いを口座引き落としからクレジットカードに変えることでもたくさんのポイントを貯めることができます。

なお一部のクレジットカードでは公共料金などの支払いに対応していないこともあるので必ず事前に確認をしてください。

カード会社が行っている入会特典やキャンペーンを利用する

クレジットカードでポイントを貯める場合カードで支払いをして買い物をすることがメインですが、実はカード会社ではそれ以外にもポイントのプレゼントなどのキャンペーンを開催していることがあります。
そのため効率よくポイントを貯めるには、そのようなキャンペーンを活用することも大切です。
またクレジットカードによっては発行時に入会特典としてポイントのプレゼントを行っていることもあります。

これらの情報はカード会社の公式サイトで行われることが多いので、こまめに情報を確認しておくことをおすすめします。

ポイント還元率が優遇されている店で買い物をする

クレジットカードで買い物をする場合、基本的には還元率通りのポイントしかもらえません。
ですがカード会社によっては一部の店舗がポイント加盟店や優待店となっており、他の店よりもポイントの還元率が優遇されていることもあります。
そのようなカードをお持ちの場合は、ポイントが優遇される店で積極的に買い物をすることでより多くのポイントを貯めることができます。

中には還元率が2倍以上になるケースもあるため、加盟店や優遇店を利用することを心がけましょう。

ポイントの二重取りができるケースも

近年キャッシュレス決済が広まるにつれて利用する人も増えている電子マネーやQRコード決済。
実はこれらをクレジットカードと組み合わせることでポイントの二重取りをすることができ、お得に買い物をすることが可能です。

電子マネーやQRコード決済の中にはクレジットカードでチャージができるものもあり、それらにカードでチャージをするとクレジットカードのポイントと電子マネーやQRコード決済のポイントの二重取りをすることができるのです。

これまでの方法とは違いクレジットカードのポイントが多くたまるわけではありませんが、他のサービスのポイントも貯めているという人にはおすすめです。

クレジットカードのポイント還元を受ける際に知っておくべき注意点

クレジットカードのポイント還元を受ける際に知っておくべき注意点
ここまでに紹介してきたようにクレジットカードを使う上では還元率やポイントは非常に重要な要素です。

ですが実はポイントはただ貯めて使えばいいというわけではなく、いくつかの注意点もあります。

ここからはクレジットカードでポイント還元を受ける際の注意点を見ていきましょう。

すべての支払いでポイント還元が受けられるわけではない

クレジットカードでポイントの還元を受ける場合、クレジットカードを使って買い物などの支払いをしなければいけません。

ですが実はクレジットカードで行ったすべての支払いでポイントの還元が受けられるわけではありません。

カードの年会費の支払いやキャッシングの利用などではポイントが貯まらないことが多いので注意してください。
またカードによっては電子マネーへのチャージや各種保険料の支払いでもポイントが貯まらないこともあります。

年会費なども確認しないと損をする可能性も

クレジットカードをお得に利用するためにはポイント還元が重要だと紹介してきました。
ですが還元率だけを見てクレジットカードを選んでしまうと後から後悔してしまう恐れもあります。

クレジットカードには年会費が無料のものも数千円の年会費がかかるものもあります。
そのため何も考えずに還元率だけでカードを選んでしまうと年会費を支払わなければいけなくなってしまうこともあるのです。

そのため還元率だけで選ぶのではなく、年会費などの他の条件も確認して選ぶようにしましょう。

複数のクレジットカードを併用するとポイントが分散してしまい損をする

クレジットカードをお持ちの方の中には、複数のクレジットカードを持っているという人もいます。

ですが複数のクレジットカードを併用してしまうと、それぞれのカードにポイントが分散されてしまい貯めづらくなってしまいます。

サービスなどを利用するためにクレジットカードを作らなければいけないことはありますが、支払いをするクレジットカードは1枚に決めておいたほうがいいでしょう。

ポイントを使うための条件が決まっていることも

実はクレジットカードで還元されたポイントを使うためには、カードによっては特定の条件を満たさなければいけないこともあります。
そのためポイントが貯まっていてもすぐには使えないということも起こりえます。

特に期限が近付いているポイントは、条件を満たしている間に期限が切れてしまう恐れもあるので注意が必要です。

なお条件は一定金額以上クレジットカードを利用するなどが多いです。

途中で還元率が変わることもあるので注意

クレジットカードの中には利用年数に応じてポイントの還元率が変動してしまうものもあります。

例えば利用し始めて数年の間はポイント還元率が高く設定されているけれども、その期間を過ぎてしまうと還元率が下がってしまうこともあるのです。

そのためただポイント還元率を見てカードを選ぶのではなく、その還元率がずっと続くのかなども確認するようにしましょう。

まとめ:クレジットカードを選ぶ上で還元率は重要なポイントの1つ!

クレジットカードを選ぶ上で還元率は重要なポイントの1つ!
今回はクレジットカードにおけるポイント還元・還元率について解説してきました。

紹介していたようにクレジットカードでは買い物をした金額に応じて還元率分のポイントがもらえます。
このポイントは様々な用途に使えるためカードを使う上では非常に重要な要素です。

効率よくポイントを貯めるにはいくつかのコツがあり、またポイントをためる際には注意点もあります。
今回紹介した内容をきちんと頭に入れたうえで、効率よくポイントを貯めながらお得にクレジットカードを活用していきましょう。