クレジットカードの解約方法と注意点について解説!解約しない方がいい場合もある?

クレジットカードの解約方法と注意点について解説!

クレジットカードをこれから解約しようとしている人は、まずはこの記事に書いてある以下の内容を最後まで読むことをおすすめします。

  • クレジットカードを解約する方法
  • クレジットカードを解約する前に気をつけるポイント
  • クレジットカードを解約するメリットとは
  • クレジットカードを解約しない方がいい場合

クレジットカードを解約する方法

クレジットカードを解約する方法
まずは、初めての人にもわかりやすいように以下のクレジットカードを解約する方法にさついて説明します。

カード会社に電話をして解約手続きをする

すぐに解約手続きをしたいなら、カード会社のコールセンターに電話をすると確実です。
オペレーターに解約希望であることを伝えてその場で手続きをしてもらえば、解約が完了したことを確認することができます。
不明な点などがあれば手続きの際に質問することも可能です。

ただし、電話で解約手続きをするにはコールセンターの営業時間に電話をかける必要があります。
そのため、普段夜遅くまで仕事をしている人などはすぐに電話をできないという難点があります。
また、カードの締め日や請求日前後はコールセンターが混み合いやすくなかなか電話がつながらないこともあります。

店頭で解約手続きをする

カードの種類によっては、専用のカウンターが設けられていることもあります。
たとえば、セゾンカードであればセゾンカウンター、イオンカードであればイオンカードサービスカウンターなどがあるデパートやショッピングセンターも一部にはあります。
その場合は、店舗が近ければ直接カウンターに足を運んで解約の申し込みをすることが可能です。
対面で手続きや対応をしてもらうことができるので安心感はかなりあります。

ただし、このようなカウンターがある店舗は限られていること、営業時間内に来店しなければ手続きができないという点に注意が必要です。

WEBやアプリから解約手続きをする

わざわざコールセンターに電話をしたり店舗に足を運ばなくても、カード会社の公式サイトに登録していたりアプリをダウンロードしていれば、そこから解約に関する問い合わせや申し込みをすることができる場合もあります。
問い合わせやWEB手続きであれば、コールセンターや店舗の営業時間でなくてもいつでも受け付けてもらうことができます。
忙しくて営業時間内にコールセンターに電話できない人や、近くにカウンターがないという人に便利です。

ただし、受付自体はいつでもしてもらえますが、対応や手続きは基本的にカード会社のサービスの営業時間内になります。
返信が来るまで待つ必要があり、混み合っている場合は時間や日数がかかることもあります。


クレジットカードの不正利用について徹底解説!

クレジットカードの不正利用について徹底解説!対処法や防ぐための対策は?

クレジットカードを解約する前に気をつけるポイント

クレジットカードを解約する前に気をつけるポイント
クレジットカードを解約する前には、後から困ることのないように以下のポイントに気をつける必要があります。

支払いに設定している場合は変更手続きが必要

普段から電気代などの支払いでクレジットカードを設定している人もいますが、このような場合に支払いに設定しているクレジットカードを解約してしまうと、請求が来ても支払いが行われず滞納してしまうことになります。
ある日督促状が来て気づくことになりますが、ずっと忘れていると延滞料金がかかったり信用情報に傷がつく恐れもあります。
督促が来てから慌てて新しいクレジットカードを設定しても間に合わないので、解約する前に支払いは別のクレジットカードに変更しておきましょう。

分割やリボ払いでの支払い残高はないか

クレジットカードを解約する時点で、まだ支払いが終わっていない分割払いやリボ払いの残高があると、本来は毎月決まった金額で返済していくはずが一括で請求されてしまいます。
高額の商品を購入するなどしてまだまだ残高がかなり残っている場合、一度に全額返済するのは困難だという人もいるでしょう。
解約手続きを行う前に、まだ返済が完了していない残高がいくらあるのかを確認し、一括で払える余裕があるのか考えてみてください。

クレジットカードのポイントが残っていないか

クレジットカードは支払いを行う度にポイントが加算されています。
普段あまりポイントを気にしていなかったり、使う目的がなく放置しているという人もいます。
しかし、人によってはかなりのポイントが貯まっていることもあります。
貯まったポイントは商品やギフト券と交換をしたり、カードによっては支払いに充当できることもあります。
そんなお得なポイントに気づかずに解約手続きをしてしまうと、せっかく貯めたポイントも0になってしまいます。

年会費の支払い月を過ぎていないか

クレジットカードは、年会費が永年無料のものもあれば、初年度のみ無料、あるいは1年ごとにかかるものもあります。
年会費は1年に1度決まった月に請求が来ますが、ショッピング利用分の請求と一緒に来ていて見落としていることもあります。
クレジットカードを解約するタイミングは、年会費の請求月の前がベストといえます。
逆に、年会費を払ってしまったばかりのカードは解約するのは少し損なのでよく考えた方がいいでしょう。

紐付けられているカードはないか

クレジットカードは他のカードと紐付けられている場合もあります。
もし解約をしてしまうと、自動的に紐付けられているカードの利用もできなくなってしまうので注意が必要です。
代表的な例が、ETCカードです。
普段からよく高速道路を利用している人は、ETCカードを利用していれば料金所をそのまま素通りすることができます。
しかし、紐付けているクレジットカードを解約するとETCカードも使えなくなるのでいきなり料金所で止められてしまい、不便な上に危険でもあります。


クレジットカードの暗証番号は重要!

クレジットカードの暗証番号は重要!重要性や忘れたときの対処法を徹底解説

クレジットカードを解約するメリットとは

クレジットカードを解約するメリットとは
クレジットカードを解約することによるメリットを挙げます。

クレジットカードを解約しようか迷っている人は参考にしてください。

年会費がかからない

年会費がかかるクレジットカードを使っている場合、解約することで毎年かかっている費用を減らすことができます。
あまり使う機会のないカードであれば解約した方がお得といえます。

不要なカードを減らすことができる

クレジットカードはたとえ年会費が無料でも、むやみに作るとお財布がパンパンになってしまい、自宅に保管するにしても紛失などの心配もあります。
いらないカードを解約すれば管理する手間も省くことができます。

不正利用の被害に遭う可能性が少なくなる

クレジットカードはとても便利なアイテムですが、不正利用の被害に遭うリスクもあります。
身に覚えのない請求が来たり、ネットショッピングを利用した際にカード情報を盗まれたりするケースもあります。
極端な話、カードを解約すれば不正利用の心配はなくなります。
また、カードを複数持っている場合も一部を解約して最低限に減らすことでリスクを減らすことにもつながります。


クレジットカードの使い方の基本を解説!

クレジットカードの使い方の基本を解説!手順や注意点を確認しよう

クレジットカードを解約しない方がいい場合

クレジットカードを解約しない方がいい場合
クレジットカードを解約することにはメリットもありますが、中には解約しない方がいい場合もあります。
以下の条件に自分のクレジットカードが当てはまらないかを確認してみてください。

年会費がかからない

年会費がかからないクレジットカードは、持っていても何か自分に損や負担が生じることはありません。
紛失しないように、不正利用に気をつけてしっかり管理さえできれば急いで解約する必要はないでしょう。

ポイント還元率が高い

クレジットカードは利用することでポイントがたまりますが、還元率はカードの種類によってさまざまです。
たとえば、特定の店舗ではポイント還元率が他のカードより高く設定されていたり、定期的に還元率が大幅にアップされるキャンペーンが開催されていることもあります。
普段からそのような店舗やキャンペーンをよく利用している場合は、解約することでポイントを貯めることができなくなるので損をしてしまいます。

特典が豊富にある

クレジットカードの種類によっては、特定の店舗やサービスで特典を受けることができる場合があります。
カードの提示だけで割引やプレゼントがあったりすることもありますが、解約してしまうとそのような特典を受けることができなくなってしまいます。
また、海外旅行での損害賠償保険などが適用されるカードもあるので、普段から海外に行く機会のある人は解約する前によく考えた方が良いでしょう。


クレジットカードの更新はいつ?

クレジットカードの更新はいつ?更新時期や更新前に知っておくべき情報を徹底解説

まとめ:クレジットカードは解約は簡単!ただし手続きをするなら慎重に

クレジットカードは解約は簡単!ただし手続きをするなら慎重に
クレジットカードの解約は、電話や店頭、WEBなどで行うことができます。
基本的にはカード情報を伝えて解約の意思を伝えるだけで、手続きでは特別難しい手順は必要ありません。
ただ、クレジットカードを解約することにはメリットもありますが、人によってはデメリットもあるのが事実です。
解約手続きをしたいと考えたら、まずはこの記事で読んだ内容をもとに慎重に考えてから手続きを行うことをおすすめします。